親名義の不動産を売却するお手伝いをよくしている不動産屋の私です。

そして、親御さんから
「先祖伝来の土地・建物などの不動産を売り払うことを子供にそそのかしている!」
と、私はよく悪者にされます。
契約や決済の場では、親御さんから睨みつけられすし一言も口をきいてもらえないことも珍しくありません。
悪徳不動産屋そんな意味では私はきっと悪徳不動産屋かもしれませんね?(笑)



親孝行したくても、そのお金が無い!という子供も多いのです。

親孝行したくてもお金が無い子供

失礼なことを申しますが、残された親の残された時間はあまりありません。


相続対策専門士江本圭伸私自身、少し複雑な家庭環境であったせいかもしれませんが、家族旅行など一度もした記憶がありません。
大正生まれの両親でしたから、お金を浪費するような家族旅行などはしてくれませんでした。
もちろん恥ずかしながら、私が働くようになっても安月給のサラリーマンでしたから親を連れてどこかに旅行するなんていう経済的余裕などありませんし、そんな時間もとれません。
『一度でもどこかにお父ちゃんとお母ちゃんを連れて行ってあげたかったなぁ…』
そう痛感しますし後悔もしています。
※そんな時にはもう親はこの世にはいないものです・・・(涙)
僕の思い出は、一度だけ親父と二人で大阪万博に行ったことがあるだけです。
※当時は1970年だから小学校5年生くらいかなぁ?
たったその一度だけですが、私は唯一そのことは鮮明に覚えています。
『ありがとうな、お父ちゃん!』


子供にとっても自分たちの生活で精一杯です。
自分の子供のための教育資金や結婚資金、はたまた自分達の老後資金の心配もしなければいけません。
そんな経済状況の厳しい子供達ですから、
とても、親のためになにかしてあげたいと考えてもそんな余裕は無いものなのです。


思い出という親からの遺産を相続しませんか?

高齢の親を心配する子供















『親父も歳をとったなぁ・・・・』
そんなことを感じる機会も増えてきている今日この頃ではないですか?

昔の人は倹約家(ケチ)です。

相続対策専門士江本圭伸特に私の親は倹約家というよりケチでしたから、まったく贅沢というものをしりません。
世の中にはたくさん美味しい物があるのですが、ほんの一部しか知らないでこの世を去ったかもしれません。
晩年、しゃぶしゃぶをお父ちゃんが初めて食べた時には感動してました。
それからはなにか食べに行くとなるとよくしゃぶしゃぶばかりを食べに行きましたが、なんとかの一つ覚えみたいにそればかりでしたね・・・。

風景が綺麗な場所に旅行に行ったこともありません。

だから、親には
もっといろいろなものを食べさせてあげたかった・・・
もっといろいろな所へ連れて行ってあげたかった・・・

でも、それをするのが不可能になる時がくることを私は知りませんでした。
どこかに連れて行ってあげようとしても身体が弱ってしまって、それもできなくなりました。
なにか美味しいものを食べさせてあげたくても、持病や歯が無くなってしまった親には食べさせることはできなくなってしまいました。


ちょっとだけ余裕ができた時には、もう親は歳をとりすぎて
どこかに連れて行ってあげることも、
美味しいものを食べさせてあげること

もできなくなっているのです。



ずばりお聞きします!
親の財産(特に不動産など)を1円でも多く相続したいですか?

親孝行とお金、どっちが大事?

それは確かに『もらえるものならたくさん相続したい!』のが人間の本性です。

でも、それよりも
お金よりも『思い出』でもらう!(そのほうが後で後悔しませんよ)
親の財産なら親のために使う!
という考え方もできるかもしれません。


現金以外の親の財産(特に不動産など)は持っているだけでは、親のために使ってあげることはできません。

特に親名義の不動産について、私はよくこんな質問をしています。

「その親名義の不動産、ほんとにあなたは相続したいですか?欲しいですか?」

意外と子供たち自身はその物件に執着は余り無いことも多いのです。

特に賃貸アパートや賃貸マンション(かなり年代物でオンボロ?)ではそれほど収益があがっていないことも多いです。
そしてそれをただ守ること!子供に引き継がせることだけを考えている地主・大家さんの多いです。
また、先祖伝来の不動産なら客観的にみることも出来ず、過大評価しがちの親ばか地主・親ばか大家さんも多いんですね。
(失礼なことをいってごめんなさい)

そんな子供も見向きしないような不動産なんか早く売り払ってお金に換えて、
いろいろな物を親と食べに行く
いろいろなところへ親と一緒に旅行する

そして、手元に金があれば
親には十分な介護もしてあげることができます。

ただ持っているだけの親名義の不動産よりも、
親の不動産をお金に換えて、親のために使ってあげることがなによりの親孝行ではないでしょうか?

そして、最後に残った遺産を子供達できれいに相続する!
そんなことをご提案する私は親不幸をそそのかす悪徳不動産屋ですかね?

そして、お金なら1円単位できれいに遺産分割することができるのですから
そのほうが残された子供達にとってもうれしいことなんですけどね・・・・?


帰省