高齢の親の介護

だんだん介護疲れがたまってくると言葉使いもつい荒くなる?

「モォーー!さっきも言ったでしょ!」
「ちょっと言うこと聞いてよ!」

そんな風につい悪気は無くてもきつい言い方をしてしまいますよね?

実は恥ずかしながら私もでした。

何度も何度も同じことを聞いてくる母に向かって
きつい言葉も言ってしまった記憶があります。

「仕事」・「家庭」と「介護」の両立は本当に難しいです。

みんなイエス・キリストやマザーテレサみたいにななれません。


でも、やっぱり親としての尊厳を考えて要介護者と接しなければいけません。

今は誰かの力を借りなければいけない立場になってしまい、その力関係は大きく逆転してしまうのです。

あれだけ、威張り散らしていた親であっても今は肩身を小さくして生活していかなければいけないのです。
それは、自分に置き換えると大変辛いことです。

でも、そんなことは理解してあげることはできても
いつもいつも優しくしてあげることは難しいと思います。



だから、こんな介護のテクニックも知っておきましょう!


介護ベッドから優しく起き上がらせてあげる介護テクニック

高齢になり介護が必要になってしまった親との日ごろの接し方
介護ベッドから優しく起こしてあげる介護テクニックも解説しています。

ほんのちょっとしたことでも日々の積み重ねです。
少しでも楽に介護ができれば、介護するほうも余裕が出ます。
ぜひご参考にしてみてくださいね。