なかなか受け入れられない?「親の介護」「親の老い」という現実

私の母は、はっきりいって超強力な母親でした。

子供のころに叱られるときは
はたきの棒で、ふくらはぎをぴしゃり!

まあ、これが痛いのなんの・・・・

また、叩く前まで十分にじらされるというか?間を作るというか?

そこでぴしゃり!とやられるので余計に痛いんですね(笑)

また、自分の機嫌次第でも、これをやられるんですねぇ・・・

父親と夫婦喧嘩したときなど
さわらぬ神に渡哲也
いや
さわらぬ神にたたりなし!

そぉーーーと母の機嫌をうかがっていたものです。
子供の躾
まあ、私の親は古いタイプで
口よりも先に手が出る!
そんな躾でした。

私の家は古い家風でしたから、親には口答えできないんです。
どうしてか?わからないのですが、
親には歯向かわない!のが暗黙のルールでした。

数少ない?お付き合いをした女性も、いちいち干渉してきたものですから
大変でした。

相続対策専門士江本圭伸その反動か?
今は東大阪の種馬!とも呼ばれる私ですがね・・・?(笑)

そんなめちゃくちゃにおっかない!母親でしたが
寄る年波には勝てません!

晩年は介護が必要でした。
また、時間的に余裕があったのは実姉と私でした。
また、私だけが母と同居でしたからねぇ・・・・

兄はサラリーマンでしたし、兄嫁は子供の世話がありましたから・・・

そんな介護生活が長引いてくると
「なんで、こんな介護の苦労せなあかんねん!?」
と逃げ出したい気持ちもありました。

可愛げのない母尽くしても・・・
尽くしても・・・・
尽くしても・・・・
文句ばっかり、
悪態をつく母親に少し憎しみを感じるときもありました。

「すぐ来てぇ!」
とこちらの都合も考えずに仕事中に電話してきたり・・・
「ごめんなお母ちゃん!今はちょっと仕事でいからへんねん!」
と答えたら
「うちには子供はおらん!もぉええ!
と逆切れされたものです。

また、感情をストレートに表現するので、
自分の気に入らないことがあると露骨にいやな顔をしたり
他の家族の悪口を何度も何度も言ってきたり・・・


「なんで、もっとかわいげのあるおばあちゃんにはなれないのかなぁ・・・
 そしたら、他の家族も、もっともっと優しくしてくれるのに・・・」

なんて、考えもしたこともあります。

我慢できなくなってそんな母と大喧嘩したこともありました。

きっと母は、
自分の『老い』を認めたくなかったんだろうなぁ・・・

今となれば、そんなことも理解できるのですが
当時はそんな余裕などありません。

我慢の限界を超えた私は母と大喧嘩したことも正直何度もありました。

でも、
血は水よりも濃し

そんな大喧嘩をしても、
時間が経てば、いつのまにか仲直り?
というか知らないうちに普通の生活に戻っているんですねぇ。

スピリチュアルで有名な江原啓之さんがこんな話をされています。

僕はあまりスピリチュアルなことは信じないのですが
少し納得できる部分もあったのでご紹介しておきます。




親の介護で優しくできない気持ちについて江原啓之が語る

もし、よろしければ皆さんの感想も最下部のコメント欄やフェイスブック、ツイッターで教えてください。