泣く江本

仕事柄、人生相談的なご相談もたくさん受ける私です。
もちろん、そんな偉そうにアドバイスなどできるほど人生経験もない負傷の私ですが
『いったいどう言って欲しいのだろう?』
と悩むことも多いです。
離婚しないのか?離婚したくないのか?
決めるのはあなたしかいません

熟年離婚

長年連れ添った夫婦が高齢になってきて、
ふと『私の人生これでよかったのか?』
熟年離婚を考えることもあります

何十年も連れ添ってきた夫婦
子供もみんな独立結婚して夫婦2人きりの生活
夫が定年退職していれば二人で過ごす時間も24時間ずっと続きます。
そんなずっと24時間365日顔を突き合わせていると、おたがいの些細なことがずっと気に入らずいつか爆発してしまうことがよくあります。

「こんな人とは熟年離婚してもいい!でも自分の老後も心配だから熟年離婚もできない」と嘆く妻からの相談

私みたいな馬鹿な男は、自分が歳をとっていって現実にはいつのまにか夫婦間のパワーバランスが変わっていることに気がつきません。
というか、気付きたくない?認めたくはない?ものです。
確かにリタイアした後の夫婦2人きりの生活において
だんだん夫の威厳よりも妻の力のほうが勝ってくるものです。

また、妻のほうも以前のようにふんぞりかえっている夫を24時間365日世話をするのはいつか爆発してしまいます。

私のような世の夫諸君へ
「老いては妻に従え」という言葉を肝に銘じましょう
でないと大変な老後になるかも?

ボクは家になにが?どこに?あるかなど一切わかりません。
だから、もし妻がいなくなればたちまち日常生活に困ってしまいます。
まだ身体が動くうちはまだしも、高齢になればその介護や老後の生活はどんなものになるか?想像もつきません。
確かに昔気質の男が自分の妻に気を使うことなどできることではないですが
夫の言い分VS妻の言い分
どちらが常に正しいとは誰もわからないのです。

このご相談のように熟年離婚の可能性は誰もがゼロではないのですからね・・・・