法律で各相続人の相続割合が定まっています。

それ以外の相続割合で遺産分割するには「遺言書」が「各相続人全員で話し合う」しかありません。

遺言書に具合的な遺産分割の方法の指定があれば、法定相続割合よりも優先されます。

法定相続として指定相続との違い

遺言書などが無い場合は、民法の法律に定められている通りの相続を行います。
これを法定相続といいます。
法律で定められている相続人の範囲において法律で定められている相続割合で行われる相続です。

それとは異なり、法律とは異なった相続人になったり法律とは異なった相続割合での相続を指定相続といいます。
これは、遺言書などがある場合
遺言書で指定された方が相続人(指定相続人)となることもあります。
これは法定相続人ではなくてもなれます。

指定相続人は、遺言書で定められた相続分を相続できます。
ただし、法定相続人には「いくら遺言書で決められた相続分」であっても、遺留分という最低限度の相続する権利を主張することもできます。

遺留分は法会地相続分の半分であったり1/3ですが、兄弟姉妹には遺留分はありません。

子供たちみんなで相続のことを話し合う場を作るきっかけをご提供しています
子供たちみんなで話し合う遺産相続ミーティング

子供たちみんなで話し合う相続ミーティングのすすめ