誰かが亡くなると、相続人は法律で定められています。(これを「法定相続人」と言います)
遺言書が無い場合の遺産分割においては、相続人の範囲とその相続割合が基本的に法律で定められています。
法定相続人は順位があり、その組み合わせにより法定相続割合も変化します。

遺産の分け方

遺言書が無い場合の遺産分割は、必ずしも法定相続分通りに分けなければいけないというわけではありません。
法定相続分で分けられないということもよくあります。
例えば実家の土地建物など不動産や会社の株式など平等に分けるには問題が遺産がある場合もあります。

では、どうすればいいのか?

それは、相続人全員で話し合って相続人全員がそれに納得すれば
法定相続分通りでなくても
どのような遺産分割でも
可能です。

しかし、そのようなケースは現実には少ないの知っておいてくださいね。

法定相続人の範囲

法律で相続人は決まっています。

まずは、誰と誰かを知っておきましょう。

配偶者(亡くなった方の妻や夫)がいれば、常に相続人になります。
これには婚姻期間は関係ありません。

ただし、法律的な配偶者という意味であり、戸籍上の配偶者でなければいけません。
ですから、内縁関係や事実婚では相続権はありません。

この配偶者がいれば、常に配偶者は相続人であり
さらに以下の順位で法定相続人となります。

第1順位の子供は常に相続人になります。

先妻との子供や外に嫁いだ娘も同じ子供としての相続権があります。

子供が亡くなっている場合、その子供(孫)がその親の相続権を引き継ぎます。(代襲相続)

相続人である子供が未成年の場合は、家庭裁判所に「特別代理人」の申立てをしなければいけません。
選任された「特別代理人」と協議をして遺産分割協議書を作成します。


第2順位 亡くなった人の親(父・母)や祖父母

亡くなった方に子供がいなければ、その次の順位として亡くなった方の父母が相続人となります。
その父母が亡くなってる場合は、その親(祖父母)が相続人となります。

ただ、現実的に年齢から考えればあまり一般的ではないかも知れません。

第3順位 亡くなった方の兄弟姉妹

亡くなった方に「子供もいない」「父母・祖父母も亡くなっている」場合は
亡くなった方の兄弟姉妹が法定相続人となります。

兄弟姉妹の中で亡くなっている方がいる場合はその子供(亡くなった方からすると甥や姪)がその相続権を引き継ぎます。、

相続できる割合は法律で定めれている

さて、法定相続人がわかれば次に「誰が?」「どれだけ?」相続できるのか?

これも法律で定められています。

法定相続人と相続分の割合の組み合わせ

配偶者(亡くなった方の妻や夫)が全部相続できる

亡くなった方に、妻や夫などがおり、なおかつ子供も亡くなった方の父母・兄弟姉妹がいない場合は配偶者が全て相続できます。


配偶者と第1順位の子供と半分ずつ

亡くなっ方に妻や夫がいて、さらに子供がいる場合、
妻や夫など配偶者が1/2
子供が1/2(各子供で頭割り)
の相続権となります。

配偶者と第2順位の親(父・母)

亡くなっ方の妻や夫などの配偶者と第2順位の親(父・母)が相続ずる場合は
妻や夫などの配偶者が2/3
父母(祖父母)が1/3
の「続権となります。

配偶者と第3順位の兄弟姉妹

亡くなった方の妻や夫などの配偶者と兄弟姉妹が相続する場合は
配偶者が3/4
兄弟姉妹が1/4(各兄弟姉妹で頭割り)
の相続権となります。

配偶者がいない場合は、
子供が全て(各子供で頭割り)
子供がいない場合は父母が全て(頭割り)
子供がおらず父母も亡くなっている場合が兄弟姉妹が全て(各兄弟姉妹で頭割り)
※異父・異母兄弟姉妹の場合は兄弟姉妹の相続権の1/2
の相続権となります。

あくまで法律上の相続割合であり、
必ずしもこの通り遺産分割しなければいけないというわけではないのですが・・・?

必ずしも、法律で定められた法定相続割合で相続しなければいけないというわけではありません。

各相続人全員が遺産分割協議で話し合い、相続人全員が合意了承すればどのように遺産分割してもかまいません。

ただ、現実的にはやはりこの布袋相続割が基本であり、争った場合もほぼこのラインからのスタートになるようなケースが多いと思います。

ですから、遺言書が重要なのです。


子供たちみんなで相続のことを話し合う場を作るきっかけをご提供しています
子供たちみんなで話し合う遺産相続ミーティング

子供たちみんなで話し合う相続ミーティングのすすめ