遺産相続の定義

遺産相続とはそもそもどういうことなのか?
今一度 再確認しておきましょう。

相続の開始、被相続人、相続人さとは?

相続開始

死亡した日が相続開始に日とされます。
亡くなった方(故人)を被相続人
財産を引く継ぐ親族を相続人といいます。

相続人とは?

妻や夫など配偶者がいれば、常に配偶者は相続人となります。
その後に、以下の順位で相続人となります。

第1順位は子供(またはその子供)

子供がいれば常に相続人となります。
さらに
・亡くなった親が離婚していた場合、先妻との間にできた子供
・外に嫁いだ娘
も相続人となります。

さらに子供の中に親よりお先に亡くなった子供がいれば、その子供(故人にとっては孫)がその権利を引き継ぎます。
これを代襲相続と言います。

第2順位は父母や祖父母

第1順位である子供や孫などがいない場合、亡くなった親の父母・祖父母が相続人となります。

しかし、多くの場合は年齢的に亡くなっていることもあるので、次の第3順位が一般的かもしれません。

第3順位は亡くなった親の兄弟姉妹

第2順位の亡くなった親の父母・祖父母が既にこの世におらずという場合には
亡くなった親の兄弟姉妹が相続人となります。
また、その兄弟姉妹の中に亡くなっている方がいれば、その子(亡くなった親から目れば甥や姪)が相続人となります。

相続する財産とは?

もらって嬉しい財産もあれば、もらいたくはない財産もあるのです。
それは現金預金や株、土地建物の不動産などの資産もあれば(これはもらいたいですよね?)
借金などの債務などの負の財産も相続財産になるのです。
このうちプラスの資産だけをもらことはできません。
相続とはプラスの財産とマイナスの財産の全ての財産を引き継ぐということになるのです。

ですから、プラスもマイナスも引き継がないという相続放棄という選択肢もあるのです。

相続に必要な手続きとは?

相続手続きには様々なものがあります。

相続開始から相続手続き完了までの流れ

  1. ①市区町村に7日以内に死亡届を提出

    亡くなった親の本籍地・死亡地または届出人の住所地、所在地のうち、いずれかの市区町村の役所に七日以内に死亡届を提出しなければいけません。

  2. 亡くなった親の遺志を示す物の確認

    亡くなった親になんらかの遺志を示す物があるかどうかを確認しなければいけません。
    これには遺言書などがあります。
    法的に不備の無い遺言書があれば、それにより相続人やその相続分が変化することがあるからです。

  3. 相続人確定

    相続人が誰と誰かを確認します。
    それには戸籍謄本で調査をして、相続人を確定します。
    ◎戸籍の取り寄せ
    相続人を確定するためには、亡くなった親(被相続人)が記載されている戸籍を全て揃えなくてはいけません。
    しかし、戸籍には「戸籍謄本」と「改製腹戸籍」と「除籍謄本」という3つの戸籍があ
    親がこの世に生を受けてから、亡くなるまでの全ての期間を網羅した戸籍が必要になり、それが少しでも欠けている部分があると相続手続きはできません。
    ですので、費用はかかりますが、弁護士や司法書士は職権で取り寄せることが可能なので専門家に任せるというのも時間と手間を考えると得策の場合もあります。

  4. 相続財産の確定と財産目録の作成定

    現金預貯金、株などの有価証券、土地建物などの不動産、借金などの債務などを調査して相続財産を確定し、それらを全て記載した財産目録を作成しなければいけません。
    しかし、これがかなり大変な作業なのです。
    子供が親の財産内容をきちんと把握しているケースはあまりないのです。

  5. 相続人全員の話し合いがまとまればその内容を遺産分割協議書に記載する

    相続人全員で話し合いで合意した内容で遺産分割協議書を作成し、全相続人が署名捺印します。

  6. 相続人全員の話し合いがまとまればその内容を遺産分割協議書に記載する

    相続人全員で話し合いで合意した内容で遺産分割協議書を作成し、全相続人が署名捺印します。

  7. 不動産の相続登記など相続財産の名義を変更します

    不動産の登記名義人変更には、遺産分割協議書が必要で作成した遺産分割協議書により名義変更が可能になります。

  8. 相続税の基礎控除額を超える相続財産は相続税の申告が必要になります

    相続税の申告は、親が亡くなってから10ヶ月以内に申告納税しなければいけません。

子供たちみんなで相続のことを話し合う場を作るきっかけをご提供しています
子供たちみんなで話し合う遺産相続ミーティング

子供たちみんなで話し合う相続ミーティングのすすめ