親が死んだり認知症になると預金が引き出せなくなる

親の銀行口座
確かに親の死亡が銀行側が知ればその銀行預金口座は凍結されてしまいます。
その凍結解除には遺言書が無ければ原則相続人全員の合意と戸籍謄本やら相続人全員の実印や印鑑証明及び凍結解除の銀行用申請書類やらでかなりその手続きは煩わしいです。またすぐに凍結解除するにはかなり相続人全員がスピーディーに動かないといけません。

また親が認知症になるとその判断能力が証明できないため、
銀行預金の出金手続きもストップされることがあります。
大きな金額(数百万円以上)を一度に出金しようとすると窓口でチェックが入ります。
たとえ家族であっても出金できない事って多いんですよね。
もちろん定期預金の解約も本人の意思確認や署名捺印が必要ですから
認知症になると話はややこしくなります。

「それなら成年後見人を立てれいい」と安易にお考えの方も多いのですが
意外とこの成年後見人制度は手続きも煩わしく
また融通もなかなか利かないことが多いのでご注意くださいね。

相続対策として予め銀行口座から出金しておくことは決して悪いことではないとも言えなくはありませんが?

もし親が亡くなったり認知症になって親自身の銀行預金口座からお金が出せなくなったら
親の老後の生活費に困る?
万一、急に親がなくなったらそのお葬式代も出せない?
残された遺族の当座の生活資金にも困る?

そんな事態もおこりうることですから、ある程度のお金を親の銀行口座から出金しておくことは
決して悪いことではないかもしれません。

でも、他の兄弟姉妹達に誤解や疑念が生まれないように
注意する事が大事です

笑顔の江本

私は特に
親の財産管理を任されているなら特に注意してください!
とお願いしています。
なぜなら、他の兄弟姉妹たちからあらぬ疑いや誤解が生ずることが珍しくないからです。

高齢の親の財産残を管理している子供

たぶん、あなたは
「うちの兄弟たちはそんなことを言わないよ!」
とたかをくくっているかもしれませんが、それは少し楽観的すぎるかもしれないのです。

とりあえず、典型的なケースをご紹介しておきます。

まあ、普通にこんな相談を受けたら
「親の財産を勝手に横取りする!なんて悪い長男だ!」
と話を聞いたあなたまでその長男に怒りがこみ上げるかも知れませんね。

でも、客観的にみると長男であるお兄さんは
ひょっとしたら、良かれと思って相続対策をしたのかもしれません。
ひょっとしたら、近い将来の相続を見越してちょっとフライングをしたのかもしれません。
このあたりは各ご家庭での事情や経緯があるので一概には言えないのです。

他の兄弟姉妹たちに
「これは母さんの銀行預金が下ろせなくなった時のためにやったことなんだよ!」
と説明してもなかなか納得はしてくれないものです。

相続対策で単独スタンドプレーは厳禁!
兄弟たち全員できちんと話し合っておくことがすごく大事です


「俺が長男だから!」
「親の財産管理を任されているのは私だから!」
と思って勝手に単独で相続や親の介護のことで先走ってしまって他の兄弟姉妹たちからあらぬ疑いや誤解を生じてしまうと後が大変です。
一度 生まれてしまった疑念や誤解はそうぞう簡単には晴れないものなのです。

兄弟姉妹たちが親の介護や親の財産管理や遺産相続について
共通の認識を持つためにこんなセミナーをしています

私のほうでも⇒あなたの自宅や実家で行う【親の老後・介護・相続を考える出張セミナー】をさせていただいておかげさまでご好評をいただいています。
このセミナーの一番の目的は
介護・相続について兄弟姉妹はもとより親も子供もみんなが共通の認識を持っていただくことが目的なんです。

笑顔の江本

「そんなことわざわざ話さなくても他の兄弟たちはみんな理解してくれている!」
なんて考えているのはあなただけかもしれませんよ?

とにかく、一度腹を割って本音で他の兄弟姉妹たちを早めに話し合っておくことを強くお勧めしておきます。

付け焼き刀の相続に関する知識は要注意?

「行列のできる法律相談所」などいまはテレビでも法律に関する番組もあります。
ニュース番組でも特集が組まれていたりもします。
ちょっとネットで検索すればさまざまな知識が得られる時代ですから
相続に関する知識も皆さんある程度はお持ちだと思います。

泣く江本

でも、特に遺産相続に関することって
みなさんよく自分の都合の良いように自分勝手に解釈されている
ケースってめちゃくちゃ多いんです!

例えば
「私が親の介護をしてきたんだから相続ではたくさんもらえて当たり前!だって特別寄与分というものがあるのでしょう!」
なんていわれるのですがこの特別寄与分を証明することって難しいのですよ。

まあ、私も税理士・弁護士レベルの知識までは持っているとはとてもいえないのですが
それでもみなさん誤解が多いのです。