実家の解体取壊し工事

泣く江本

私は実家の売却を専門としている不動産屋です。
もう誰も住めなくなったオンボロの家って解体して更地にして
売却することがほとんどです。
そこで、その建物解体現場に行くと
どこから出てきたのか?写真やアルバムが壊された建物の中から
解体現場に散乱していることもあります。
さすがに私が拾って集めてもどうしようもありません。
一応 売主側に連絡は入れるのですが
「もう処分しておいてください」
「いりません、捨てておいてください」
と言われることが多いです。
ちょっと悲しいですね・・・



どうする?親の家に残された古い写真やアルバム

捨てられない亡くなった親の写真
意外と遺品整理で困るのが親が遺した写真やアルバムです。

捨てるには忍びない
しかし、保管しておくのも大変
そんな亡くなった親の写真の処分に悩む子供は少なくありません。

まあ、デジタルデータ化という手もあるっちゃありますが元来IT音痴の方にはちょっと荷が重いのではないでしょうか?
お金をかけてデジタル化しても、もう二度と見ることはできない場合もあります。
またデジタル化した後であっても、その原本である写真自体の処分が困りますよね?

捨てるには忍びない?
そんな亡くなった親の写真の処分に写真供養のお焚き上げ

冒頭のところでも少しお話しましたが、
空家の実家の売却って意外と主な方はお孫さんが多いです。
もうオンボロの相続した実家の相続人は子供であっても、もうかなり高齢の場合が少なくなくて
契約書など署名捺印は相続した子供であっても、
実際の作業(実家の片付け・実家建物の解体工事など)はまだ若い孫である自分の子供に任せっきりになるものです。

誠に失礼ながら、自分の親ならいざ知らずおじいちゃんおばあちゃんに
そこまで深い思い入れのあるお孫さんも少ないのが現実。
だから実家建物解体工事現場に散乱した古い写真でも簡単に
「あっ、処分し解とてください」「捨てておいてください」
と簡単に言えるのだと思います。

別にそのお孫さんに決して悪気があるのではなく
その価値観は時代の流れで仕方ないことだと思います。


だから自分で亡くなった自分の親の写真の処分を考えなければいけない

親や夫が亡くなってすぐには無理でも、
数年 数十年経てば悲しみはわずかでも小さくなってきていると思います。
そんな気持ちになれば、亡くなった親や夫との別れを冷静に向き合うことができるかもしれません。

古い写真を整理する

やはり
手元にずっと残しておきたい写真
処分してもよい写真
の整理振り分けが必要です。

ひとつずつ昔の思い出をたどりながら整理していきましょう。

不要な処分する写真の供養処分のお炊き上げ

笑顔の江本

私自身は
「家族自身が納得して処分できればそれでいいのでは?」
「少々やり方がわからなくて
 不完全な形であっても
 気持ちの問題ですから
 何らかの形で自宅でお焚き上げしてもよいのでは?」
と考えていますが、
「それでは少し心情的に抵抗があるのできちんとご供養してあげたい」
とお考えの方も多いと思います。

こんな風にお寺でキチンと写真供養もしてくれます。

そこで、ほんの少しではありますが
写真供養のお焚き上げをおこなっているところもご紹介しておきますね。

関西で写真供養してくれる寺

関西で写真供養をおこなっているところです。
詳細は各寺院にお問い合わせ確認してください。

佛道寺(大阪府堺市北区東上野芝町2-441-3)

佛道寺電話  072-246-1116
写真供養
送って来られる方へ
大きさはみかん1箱  御供養料 3,000円
持込みの方へ
事前に来られる日時を、ご連絡。御供養料 3,000円

佛道寺写真供養詳細

安楽寺(京都府綴喜郡井手町多賀西南組47)

電話 0774-82-2609
FAX 0774-82-4271
遺品・写真供養 5,000円~

安楽時の写真供養詳細

関東で写真供養してくれる寺

関東で写真供養をおこなっているところです。
詳細は各寺院にお問い合わせ確認してください。

千葉千手観音(千葉県東金市山田 山田1210 妙泉寺内)

電話 0475-55-8588
郵送希望の方へ
・申込書を印刷し、必要事項を記入
・箱に詰めて箱の各サイズを測り
・お寺に電話で申込みをして
・郵便局で『ゆうパック』で送付します。
 (または宅急便)
※同時に現金書留でご費用をご送金。

持ち込みの方へ
10:00~16:00 までに、総合受付へご持参ください。

千葉千手観音写真供養について

横浜立江寺 たつえじ神奈川県横浜市保土ヶ谷区権太坂3-20-21

お持込みされる場合は、事前に日時の御連絡をください。
予約電話045-713-5029 立江寺(8:30~17:00)
郵送の場合は、御連絡は必要ありません

富士浅間神社(群馬県藤岡市藤岡1152番地)

電話0274-22-2597 (午前9時~午後5時)
※定休日:仏滅の日
富士浅間写真供養詳細

ただあまり形式ばかりにとらわれず、
ご家族のお考えで写真の処分でよいと私個人は考えております。

もちろん、亡くなった故人の成仏を願うのは誰しも同じだとは思います。
なにもここにご紹介した寺院だけではなく
菩提寺や遺骨をとりあえず預かってくれている寺院のご住職にご相談されてもいいと思います。
きっと親身になって親切に教えてくれると思います。

そこまでしなくても、家族が話し合っての処分方法であれば
それはそれでいいと私は思います。

笑顔の江本

たとえ話題が写真の処分方法であっても
その時にあの世から
「あぁ、自分のことで家族みんなが話し合ってくれているなぁ」
と亡くなった親や夫が思ってくれていると思うからです。
それだけで十分な供養になるかもしれませんよ。
少なくとも私が亡くなったらそれで十分とぼくは考えているので・・・

「そんな故人の写真を勝手に粗末に捨てては成仏できない!」
というのなら芸能人の方はみんな成仏なんてできないですからね(笑)