実家の掃除片付け

親がその気にならない限り、
親の家(実家)の片付けはうまくいきません。

でも「親をその気にさせる」のはかなりの難関です。
でも、それって決して不可能ではないと私は信じています。

北風と太陽作戦・急いては事を仕損じる!

チャンスを見逃さないために、常に親の気持ちの揺れをしっかりと感じなければいけません。

7c91d6a730186ec1ca64c7f4b6cb621c_s

親自身が実家の「片付けがしたくなる時」ってどんな時だろう?

チャンスはなかなか巡って来ないのなら、子供のほうから仕掛けることも必要かもしれません。

実家のリフォームや新しい家電の買い替えを提案してみる

実家(親の家)

古い台所は狭くて不便だから、このさい思い切ってリフォーム
狭いお風呂を足を伸ばせるゆたっりとしたお風呂にする
洗濯機やテレビや冷蔵庫など大型家電の買い替えを勧める

これって良いきっかけになるかも知れません。

親にとってもより快適にあるのですから、乗り気になってくれるかも?

それを気に実家の片付けへと持ち込めるかもしれません。

親が病気や怪我をした時が実家の片付けのチャンス?

46625ea131c2754e5526358dcb639bd9_s
親がなにか病気を患った時は不安になるものです。
「これから俺たちがマメに来るから片付けてくれないか?」
と切りだすことができるかもしれません。

高齢者の事故って、そのほとんどが自宅での事故だというデータもあります。
なにげない場所で転んで骨折ということも珍しくありません。
「お義父さん、お義母さん、もうケガをしないように危ないから片付けましょうね」
と実家の片づけを切り出すこともできるかもしれません。

でも一番は
親が引越しまで考えてくれたらいいんですけどね・
引越しは、強制的な断捨離を行えますからね。

57c7cc69618eba8061a8581baf90dd15_s

笑顔の江本

親が自発的に家を片付ける気になってくれることは子供にとってはとっても嬉しいことですよね
だって、未だ親のその元気・気力・決断力があるということなんですから!

しかし、決して無理に実家を片付けようとはしないことが肝心

親のえこひいきな相続を怒る子供

でも、実際には一歩進んで二歩後退?
そんな状態が続くかも知れません。

でも、決して親の家(実家)を無理に!勝手に片付けようとはしないで下さい!

子供にとっては良かれと思っていても、親からの抵抗があるものです。

それだけ「親は変化を嫌い、現状維持に戻ろうとする力」は凄まじいものです。

物を捨てることができないのが親世代

物を捨てようとするとすぐに
「もったいない!」「まだ使える!」「それは父さんの思い出があるのよ!」
「もうわたしたちのことは放っておいて!」
と言い出す親

子供が片づけを切り出しても親がなかなか動いてくれないし
なにかあっても話はかみ合わないこともしばしばです。
業を煮やした子供は、親には勝手に片付けを強行してしまうかもしれません。

そんあ強引な実家の片付けを強行すると

「もう勝手なことはしないでくれ!」
「もう実家には帰ってくるな!ここはわしの家じゃ!」

と大きな親子喧嘩にもなりかねません。

07eb46683d89981037de1b55d3ab3240_s

一度へそを曲げた親ほど頑固になってしまいます。

ムカッとすることもあるでしょうが
なぜ親に家を片付けるのか?その理由を常に頭に入れておいて下さい

親の家を片付けるのは、親に快適に暮らしてもらうため
です。
親に不愉快な思いをさせる片付けは本末転倒といえるかも知れません。

棚一つ、引き出し一つからコツコツ片付け始めるのも良い方法

高齢の親はとかく大きな変化を拒絶します。
ですから洋服タンスの棚をひとつ
台所の引き出しをひとつ
テレビの台の下
食器棚の食器の整理etc

そんな風にこつこつと少しずつ始めるのも良いと思います。
3afa7a8c5bdb237726cb4f5e341511cd_s


笑顔の江本

100%完全でなくてもいいんじゃないですかね?
最低限の親の家の片付けでもOKとしましょうよ!

親の家の片付けって本当に時間と労力と精神的ストレスは大きいものです。
ですから、ほとんどの方は途中で投げ出すものなんです。

でも、少しでも親の家の片付けが進むことは大きな前進です。

1日でも長く親に健康で長生きしてもらうのが目的の親の家の片付けなのですから
ほんの少しの片付けでも良しとすべきだと私は考えていますがいかがでしょうか?


断捨離

きっとその苦労や喧嘩したことも良い思い出になるかもしれませんから・・・・・