法定相続人の範囲|誰が相続人になれるのかと相続順位について

souzokunin

相続人とは誰なんだろう?

相続人とは、亡くなった方の遺産(相続財産)を受け継ぐことによる権利義務が法律的に認められている方といえます。

「相続の権利?と義務?」と不思議に思われた方もいるかもしれません。

相続財産を受け継ぐ権利

これは、言わずとも遺産を受け継ぐ権利です。
誰でも貰えるものではないのですから、当たり前です。

相続財産を受け継ぐ義務

相続人には相続財産を適切に管理する義務も負わされることになります。
これは「相続財産(遺産)なんか要らない!」と知らぬ存ぜぬを決め込んで放置されると社会的に様々な問題を引き起こしかねません。

ですので、相続人には必ず何らかの遺産相続に関する手続きを関わらなくてはいけない義務があるのです。

法律で決まっているのが法定相続人

誰と誰が相続人であり、その遺産相続する割合も法律で決められています。
この法律で決められた法律法定相続割合以外で遺産相続したければ遺言書か相続人全員の話し合いで決めなくてはいけないのです。

相続人になるのは亡くなった方に近い方から順番になる

夫が亡くなれば、その妻と子供が相続人です。
夫や妻など配偶者がいない方が亡くなれば子供が相続人になります。
妻や夫など配偶者がいなくて子供もいない場合には、亡くなった方の親や兄弟が相続人になります。
このように亡くなった方に近い方から順番に相続権が変わってくるのです。

もう少し詳しくご説明しますね。

妻や夫など配偶者は生きていれば必ず相続人になります。

亡くなった方に妻や夫がいれば、必ず相続人になります。
※婚姻期間は関係ありません。

この7パターンで法定相続人がわかる

よく書籍には直系卑属や直系尊属など小難しい説明用語が使われていますが、この7パターンを順番に覚えていただければよいと私は考えています。
このパターンに嵌まった段階で法定相続人が確定します。

1)配偶者(夫または妻)と子供

これが一番一般的でしょうね。

2)子供のみ

どちらか片方の親が先に亡くなり、その後残った片親が亡くなって子供が相続するのですが、よく二次相続でもめるのにも注意してくださいね。

3)配偶者と親

たな年齢的には親はすでに亡くなっていることが一般的なケースですが・・・

4)配偶者と兄弟姉妹(義理の甥姪)

いやあ、これがよくトラブルになりがちです。
しょぜん義理の関係ですからね。

5)配偶者のみ

子供もいない、亡くなった方の親や兄弟や甥姪もいない。

6)親のみ

亡くなった方に妻や夫(配偶者)もいない、子供もいない場合

7)兄弟姉妹(甥姪)のみ

兄弟姉妹の中で亡くなった方がいれば、甥や姪がその権利を引き継ぎます。

基本的にはこれが相続人の範囲ですが、様々な細かい例や特殊な事例も紹介していますので、ぜひご一読ください。

不公平でも相続人や相続割合は法律で決まっているから泣き寝入りしかないという現実

法定相続人の範囲
相続の法律

相続できる人、相続できる割合は法律でキチンと定められています。 いくら感情論を述べても覆りません。 「こんな相続の遺産分割案なんて納得できるかい!!」といくら怒っても相続で相続できる人(法定相続人)相続できる割合(法定相・・・

法定相続人が多すぎて銀行預金がおろせない!法定相続人が誰かわかっていれば避けられるトラブル

法定相続人の範囲
亡くなった親の銀行預金

遺産相続トラブルってお金持ちの話だけではありません。わずか数百万円の相続トラブルもあります 遺産相続トラブルっていうと何千万円、何億円の遺産の話だと普通の方は考えますよね。 でも、決してお金持ちとはいえないような普通の方・・・

介護したおひとりさまの叔母の前夫の子供から遺産隠しを疑われている

遺産分割 法定相続人の範囲
介護

さまざまな事情で血縁関係の薄い身内を介護しなければいけないこともあります。 身寄りのない方をせっかく介護してあげても、その方の親戚筋から遺産隠しを疑われることもあるから遺産相続は親切心も通じないこともありますから気を付け・・・

亡くなった義父名義のままの家だが夫も亡くなると妻も相続人だが他にも相続人がたくさん出てくる

不動産(土地・建物)の相続 相続手続き 法定相続人の範囲

なんどもお話していますが、相続手続き 特に不動産の相続登記だけは相続があったらすぐにしてください! 「家を売りたいんです!」とめちゃくちゃ嬉しいご相談! しかし、調べてみると登記名義人は故人の方 亡くなった夫やその親(義・・・

ページの先頭へ