相続手続きの流れ

亡くなった親名義の銀行預金の解約
実家など親名義の土地建物などの不動産の登記名義変更
などの色々な相続族手続きがあります。

相続手続きは早めに、順を追ってきちんと行いましょう。

親名義の土地建物などの登記名義人変更などはいつまでにしなければいけない!
というものではないのですが、放っておいて良いことはなにもありません。

①相続が発生したら | 親が亡くなったら

父の葬式

親が亡くなったことにより相続が発生します。

親を亡くすというのは、どんな子供であっても相当な悲しみ・精神的ショックがあります。
しかし、残された遺族には、その深い悲しみの中であっても相続の手続きは粛々と進めていかなくてはいけないのです。

親名義の不動産(実家の土地建物)
預貯金
株式
生命保険
年金
電気・ガス・水道などの公共料金
自動車
などなど多くの相続手続きが待ち受けています。

②まずは遺言書の有無の確認

遺産分割協議書が送られてきた

この遺言書があるか?ないか?で、その後の相続手続きは大きく変わってきます。

例えば相続財産を誰が?どれだけ取得すのか?
また、それらに関する必要書類も大きく異なってきます。

ですのでまずは実家(親の家)に遺言書があるかどうか?

親戚・親の友人知人にも親が遺言を書いたかどうか?知らないか聞いてみましょう。

また、親が公証人役場まで出向いて作成する公正証書遺言であれば
たとえ原本が見つからなくいても
公正証書遺言検索システムを利用すると遺言の有無やその内容も調べることが出来ます。

③相続人の調査・確定

相続財産の洗い出し
相続手続きは原則各相続人全員の合意了承が必要になりますが、いったい誰と誰が法定相続人になるのかを調べなければいけません。

司法書士や弁護士に相続手続きを依頼すると
この法定相続人の関係を明らかにするために
相続関係説明図(家系図)を作成してもらいます。

これは、亡くなった親の出生から死亡まで連続した戸籍謄本(抄本)除籍などをすべて取得して作成します。

④相続財産の調査・確定

相続税のかかるような遺産相続の場合は10ヶ月以内に相続税の申告が必要になってきます。
ただし、相続財産と比べて、借金などマイナスの相続財産がある場合には相続放棄することもできます。
これは相続発生後原則3ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄の申し立てをしなければいけません。

亡くなった親に
いくらの財産があるのか?
いくらの借金が残っているのか?
早めに調べていかないといけないのです。

⑤遺産分割協議

140999
いよいよ相続財産をどう相続するのか?
各相続人が全員で話し合います。

これを遺産分割協議と言います。

相続人が未成年の場合は特別代理人
相続人が行方不明の場合は財産管理人を選任しなければいけないこともご注意ください。

⑥遺産分割協議書の作成

各相続人間で遺産分割協議の話がまとまれば、そのことをまとめる遺産分割協議書を作成します。

これは
・遺産分割協議の内容を明らかにする。
・後々、争いにならないようにする。
・各相続手続き(相続登記やその他の名義変更・銀行預金解約や相続税の申告など)
使用します。

もちろん、そこには原則法定相続人全員の署名捺印(実印)をします。
※法的に要件を満たした遺言書がある場合は、遺言書で可能な場合もあります。

⑦ここまでで作成した遺産分割協議書やその他必要書類をそろえて相続手続きを行います

不動産の登記名義変更なら管轄の法務局
銀行預金の解約ならば、その銀行の支店
などなど担当の部署に相続の手続きを行っていきます。

亡くなった母親の銀行口座の金額を教えてくれない兄|遺産隠し

遺産相続トラブルの事例実例 遺産分割 相続手続き

亡くなった方の銀行口座は凍結されて引き出しできなくなります 遺産分割の話がまとまるまでは 亡くなった瞬間から、相続人共有の相続財産となります。 そこで、後々のトラブルを回避するために銀行などの金融機関は亡くなった方名義の・・・

相続登記を妨害する他の相続人の対抗手段は牛歩戦術だった

不動産(土地・建物)の相続 相続手続き
実印・捨印

『登記名義を私に変えることは他の兄弟たちは納得してますから』by依頼人 「そんな言葉を鵜呑みにしていたら、私らの仕事はうまくいきません。  まず、会って顔色を見てからですね」 そう語るのは取引のある司法書士の先生だが、私・・・

亡くなった義父名義のままの家だが夫も亡くなると妻も相続人だが他にも相続人がたくさん出てくる

不動産(土地・建物)の相続 相続手続き 法定相続人の範囲

なんどもお話していますが、相続手続き 特に不動産の相続登記だけは相続があったらすぐにしてください! 「家を売りたいんです!」とめちゃくちゃ嬉しいご相談! しかし、調べてみると登記名義人は故人の方 亡くなった夫やその親(義・・・

口約束だけの相続放棄は相続放棄ではありません。後でもめます!困ります!

遺産相続トラブルの事例実例 相続手続き 相続放棄

「うちは遺産の金額が少ないから・・・」と油断して放置する方も多い 「うちは遺産が少ないから・・・」と油断していませんか? わずか数百万円でももめるのが遺産相続 「もう、その話はついたから・・・」 ときちんと相続の手続きを・・・

父の相続手続きや遺産分割をそのままにしたら妹に勝手に使われた

遺産相続トラブルの事例実例 相続手続き
遺産相続トラブル

まだ母も生きているし 「父の遺産相続手続きははとりあえずそのままにしておこう」 は危険です 『父親が亡くなったが相続税のかかるほどの遺産ではない。  高齢の母の老後を考えたら、  老後の生活資金や老人ホームのお金も必要に・・・

ページの先頭へ