遺言書の書き方は十人十色|あなたにぴったりの遺言書の書き方

遺言・遺言書の書き方

遺言・遺言書を書くのは難しくありません。

遺言書を書くのは簡単です。

正直、紙とボールペンそして印鑑(三文判でもかまいません)さえあれば、
遺言は書けます。

ただし法的要件を全て満たしていないと遺言書としては無効になります。

それでも、書いているのと書いていないのとでは大違いですけどね・・・・

親の考えがどうだったのか?
亡くなってからでは、聞くこともできません。
認知症や病気になれば、確かめることもできません。

しかし、遺言書はしっかり考えてから書かないといけません。

遺言書に書くこと、
それは主に遺産分割のことが多いと思います。

しかし、そのことには永らくタブー視されてきました。

そして、現代社会はこの数十年で考え方やライフスタイルも大きく変わりました。

たとえば権利と義務でしょうか?

子供は親の老後の面倒をみるという義務

果たして多くの子供が親の老後の面倒をみることに積極的でしょうか?

子供といってもすでに立派な大人ですが、
「できれば親の老後の介護などしたくない!」
という子供も正直たくさんいます。

貰えるものはしっかりといただきます!という権利という意識

老後の面倒などろくにみてもいないのに
「子供は全て相続する権利は平等だ!」
という考えの子供たちもたくさんいます。

確かに法律上では
子供の相続する権利は全員平等です!

だから、
今までの経緯やあなた自身の考え方で
法律上の相続する配分(遺産分割)を
法律上の規定ではない遺産分割をしたいのであれば
遺言書を書かないといけないのです

遺言書を読んだ人の気持ちも考えてあげなければいけません

遺言書はただ書けばよい
というものでもありません。

それを読んだ人がどんな風に感じるのか?

そこまで心配りをしてあげなければ
「そんな遺言書なんて無効だ!
 裁判をしてでも、そんな遺言書など認めることなどできん!

と仲の良かった兄弟姉妹でさえ争いに発展することもあるのです。
そんなトラブルを避けるため、
ここに書いてある遺言・遺言書の書き方のヒントを参考にして下さい

随時、「遺言書の書き方」に関するコンテンツを充実させてまいります。
よろしければ、ブックマークして時折訪れてみてください。

書き換えられた遺言書であてにしていた遺産が相続できなかった相続人の気持ち

遺言書・遺言
書き換えられた遺言書

書き換えられた遺言書であてにしていた相続ができなくなった 遺言書はいつでも、なんどでも書き換えることができますし、書き換えることによって以前の遺言書は無効となります。 でも、遺言書を書き換えることによって起こる他の相続人・・・

意外?遺言書を書くのはまだ若い50歳代以下が半分以上というアンケート結果

遺言書・遺言
遺言書を書き始めた50台以下の人たち

ちょっと遺言書に関する意外なアンケート結果が出たのでお知らせしますね。 遺言書 50代以下で作成の人が半数超える 高齢化などに伴い遺言を残す人が年々増える中、遺言書を作成した人のうち50代以下の比較的若いときに作ったとい・・・

ページの先頭へ