離婚・再婚をされた方は、相続でもめやすい!

今はもう、
「私 バツ1!」
「俺はバツ2!」

なんて気軽にカミングアウト(公言)するような時代です。

昔に比べ、離婚して そして再婚する人も増えたように感じます。

再婚されたご夫婦で相続が発生したら、どうなる?

そんなご夫婦に、相続に関して少し気をつけていただきたいポイントがあります。

私は男性なので、男の立場からお話させていただきます。(女性の方 もしご気分を害したらごめんなさい)

離婚した元妻との間に子供がいる場合に、ご主人に不幸があったら?

離婚と再婚の法定相続人

もちろん別れた元妻に相続する権利はありません。

しかし、別れた元妻とのお子様には当然 相続する権利が発生します。

この場合の相続関係人は
・ 現妻
・ 現妻との子(子C、子D)
・ 元妻との子(子A、子B)
になります。

最近では、熟年再婚も増えましたから、再婚相手との間には子供はいないことも多いです。

ですから、こんなケースも増えてきました。

子供のいない再婚の相続

この場合の相続関係人は
・ 現妻
・ 元妻との子(子A、子B) になります。

このへんは少し相続に関心のある方であればご存知だと思います。

紛争の火種は?

元妻の子供達からすると、
父親が自分達の母親と別れて他の女性と再婚することは気分のよいものではありません。

まして、その再婚の経緯が略奪婚などの修羅場だったら・・・?

元妻は、まだ幼い子供達に現妻への怨みを常日頃から大げさに伝え聞かせているかもしれません。
両親の離婚によって、まだ幼かった子供達に大きな心の傷を負わせてしまったかもしれません。

熟年再婚の場合、
離婚後 かなりの年月を経ってからの再婚だとしても、
ある程度の財産がある方でしたら
「きっと 遺産目的で再婚したんじゃないか?」
なんて元妻の子供達は疑念を現妻に疑念を持つかもしれません。
まして、現妻に連れ子さんがいて、その子達を養子縁組すれば
「自分達の相続財産が減ってしまう!」
なんて感じてしまうかもしれません。

そんな事もあって、「現妻」と「その子供達」と「元妻との子供達」との交流はどうしても疎遠になりがちです。

「そんなことないでしょ!?うちはうまくやっているよ!」 by ノンキなご主人も多いですけどね。

ご主人であるあなたは、そう考えるでしょう。

しかし、父親が健在であるうちは、そんな感情も表に出ることはないのです

しかし、いざ相続が発生すると・・・・

一気に今までの不平不満が噴出してしまうこともよくあるのです。

離婚経験者の相続対策のポイント

やはり、常日頃から元妻の子供達と現妻やその子供達との交流を深め、良好な関係を築くように、ご主人であるあなたが気を配らなければいけません。

しかし、現実的にこれは非常に難しいですよね。

ですから、相続をさせる人が事前に何らかの対策を講じる必要があります。

「何を?」
「誰に?」
「どれだけ?」

きちんと、これだけは事前に決めておくのが大事です

ずばり、言わせていただければ
「今のあなたにとって、大事な家族は誰ですか?」
ということです。

今まで、元妻の子供たちはきちんと養育してきたから・・・
今の俺がいるのは現妻のおかげだ!
今の財産を築けたのは現妻の功績も大きいから、現妻に相続させたい・・・
など、色々 お考えになることも多いでしょう。

それを、口頭でみんなに伝えておくのもいいですし(法律上は問題ありますが・・・) 遺言で残しておく(ただ、できれば公正証書での遺言をお勧めします。)

あやふやにしておくから、遺された家族にトラブルが発生するのです。

相続対策専門士

でも、僕がその立場だったら・・・
元妻の子供たちには伝えにくいなぁ
だから遺言しかないですよね?やっぱり!

でないと、最悪の場合
【遺産分割の問題】ではなく、【感情の問題】にまで発展してしまう?
そんな事も、現実に起こっています。

法事や墓参りに家族がバラバラでやって来る!?(もしくは一部の家族は来ない!)
なんていうような、悲しい現実だけは避けるようにしようじゃありませんか!


【実例】

亡きご主人の四十九日法要で、
「親父が大変お世話になり、今までありがとうございました。
 ところで、この家は売ってお金に換えます。
 ですからこの家から出て行って下さい!」

なんて、元妻の子供たちから言われてしまった。
そんなお話も、現実にあるのです。

再婚相手にこの家から出て行けと迫る元妻の子供

お子様のいないご夫婦で相続が発生したら相続人は
義理の兄弟姉妹・義理の甥や姪にまで広がる?

子供のいない夫婦の相続

子供のいない夫婦でどちらかがお亡くなりになった場合
配偶者はもちろん相続人になりますが、
他の親族の方にも一部 相続する権利が発生する
ことがあります。

具体的には以下のようになります。

① 亡くなった方の配偶者とその父・母

しかし、既に父・母が亡くなっているのが一般的ですから、その時は
② 亡くなった方の配偶者とその兄弟姉妹

そして、その兄弟姉妹も亡くなっている場合
③ 亡くなった方の配偶者とその甥や姪

わかりにくのですか?
ではもう少し噛み砕いてご説明します。

義父・義母がご存命の場合
この場合、相続人は 配偶者と義理の父 義理の母が相続人となります。

義父・義母が亡くなっており、また兄弟姉妹の中で亡くなっている方がいる場合
この場合、相続人は
・ 配偶者 義理の兄弟姉妹
・ 亡くなった義理の兄弟姉妹の子供(つまり義理の甥 義理の姪)
が相続人になることがあります。

子供のいないご夫婦の相続対策のポイント

ぜひ遺言書をご検討ください。

実際問題として、解決はこれしかありません。

現実的には、お年を召してから亡くなった場合、既に亡くなった本人の父・母は既に亡くなっていることがほとんどです。

ですので、前記②と③の場合が多いと思いますが、その場合 ぜひ遺言書を書くことをご検討ください。

もし、ご主人であるあなたが亡くなった場合、
義理の兄弟姉妹、義理の甥や姪とあなたの奥様とうまく話がまとまるでしょうか?

それは、亡くなった方の兄弟・姉妹及び甥・姪には遺留分というものがありません。
※ 遺留分の説明は今回 割愛します。知りたい方はネットででも調べてみてください。

つまり、遺言書で
「全財産は妻に相続させる。」
「全財産は夫に相続させる。」

そんな内容の遺言書になっていれば
もし兄弟・姉妹や甥・姪から

義理の兄義理の兄 義理の姉義理の姉

あんたたちには子供がいなかったから、
私たちにも相続する権利があるらしいじゃない?

と言われても

義理の兄姉に相続の説明をする嫁

「お義兄さん、お義姉さん、ごめんなさいね
 あいにく1円も相続する権利はないんですのよ!」

とはっきり言うことができます。
※ あくまで法律的に不備の無い遺言書である場合ですが・・・

この場合、 凍結された銀行預金口座の解除の手続き、相続財産の名義変更手続きにも使用することのできる重要な書類となることがありますから、法律上 不備のないものにしておくため、公正証書遺言をお勧めいたします。

ご主人が先に亡くなられた場合、
奥様の今後の生活資金として、ご主人名義の貯金が使われるでしょう。
その銀行口座の変更手続きには遺言書できちんとしておいてあげなければいけません。

遺言が無ければ、

夫が亡くなって相続の手続きをする妻

お義兄さん、お義姉さん、ご無沙汰しています。
先日の夫のお葬式はいろいろとありがとうございました。
ところで、夫名義の銀行預金の相続手続きに必要なんで、ここに実印を押してください。それと戸籍謄本と印鑑証明もお願いできますか?。

そんな時

義理の兄義理の兄 義理の姉義理の姉

ところで、弟の預金はいくらあるんだい?

そんなことを質問される奥様のお気持ちも考えてあげてくださいね。

もちろん内縁関係・事実婚では相続権はありません。

今は籍を入れない結婚も珍しくありません。
また熟年再婚の場合には、子供たちのことも考えて籍を入れていないケースもあります。

ただし、今の日本の法律では
内縁関係・事実婚の場合には相続権は認められていません。
ですので、このケースも遺言書をきちんと書いておくしか対策はありません。

「遺言書なんて書いてくれそうにない・・・」という方は次のレポートも読んでみてください

タナボタの相続泥棒から親の遺産を守る4つの方法



こんな相続がもめる相続!典型的ワースト5

エンディングノート書き方案内人
相続対策専門士の江本があなたのお悩みや不安のお話をうかがいます。
お気軽にこの「無料面談」ご利用ください。

『ズバズバ言うけど、なんかオモロそうなやつだな?』
とでも思っていただけで私は嬉しいです。
「100%なんでも解決します!」
なんて、とても断言などできない私ですがよろしくお願いいたします。

解決の糸口はまず現状把握ですないでしょうか?!

その不動産にいくらの価値がある?
その不動産の問題点は?
他の相続人からすれば、どんな考えをするのか?
客観的にさまざまなアドバイスをさせていただきます。

ご一緒に解決策を私と一緒に探ってみませんか?

実家相続介護問題相談所に相談する

まずは、お電話かメールにて面談予約を。
簡単なお話を事前にうかがった後、面談するかどうか?ご判断していただいてもかまいません。

メールによる面談予約やご相談はこちらからお願いいたします。