遺産(相続財産)のほとんどを母親名義にした

相続は人生において何度も経験するものではありません。
また兄弟間、姉妹間でお金の話をするのも、気が引けると感じる方も多いでしょう。

ですからお父様の相続が発生した時、(順番的にはこれが一番多いですよね)

「とりあえず母親の名義にしておいていいんじゃない?
 別に今すぐ遺産分割しなくてもかまわないんだから・・・
 それに相続税も配偶者控除っていうのがあるしなぁ・・・」

そんな理由で、
ほとんどの相続財産を配偶者である母親名義にしてしまう
ケースもよくあります。

配偶者控除を活用すれば相続税も払わなくて済むことも多いから・・・

ある程度の財産をお持ちであれば、相続税問題も発生します。

その時、配偶者(つまりお母様)が相続することにすれば軽減制度もあります。
※ 配偶者控除・・・1億6000万円 又は 法定相続分(通常 全遺産の半分)までは非課税

そういう意味でも
「とりあえず、母さんが相続することにしよう!」 ということになりがちです。


そしてお父様が亡くなられたことによる相続に関する話し合いにおいては
お母様がいることによって、それが重石となり
1次相続ではもめることは少ない傾向にあります。
お母様の前で遺産相続でもめる話を子供は切り出しにくいものですからね。

しかし、相続で一番もめやすいのが
「とりあえず母親名義にした」という
二次相続です。

しかし、一番気をつけなくていけないのが二次相続です。
※ 二次相続・・・この場合は、将来のお母様が亡くなった時の相続

お父様が亡くなられ、さぞかしお気を落とされているでしょう。

そんな時に、こんなことを申し上げるのは心苦しいですが、 悲しんでいる暇はありません。

お母様がご健在のうちに、
お母様がしっかりとされているうちに、
(将来 認知症を発症する可能性も否定できません。)
ここで、きっちりと遺族全員で話し合いをもつ良い機会になります。

将来 お母様が亡くなられた時にはパワーバランスが崩れて、各相続人が好き勝手放題のことを主張してくることもあります

今までのパワー・バランスを調整していたお母様という重石が無くなれば、 一気にみんな好き勝手なことを言い出しかねないです。

兄弟姉妹が長年の鬱憤(うっぷん)や不満を一気に爆発させる事もあります。

遺産相続でもめる兄と妹

相続でもめる妹

「今までの親の介護の面倒を
 ずっとみてきたのは私でしょ!
 だから、遺産分けはその辺を
 考えてもらわないと・・・!」

相続でもめる兄

「そんなこと言ったって、俺も仕事で離れて暮らしてるんだから仕方ないじゃないか!」



遺産相続で争う兄弟

遺産分割で文句を言う兄

「お前、今の家を買う時に親父から
 かなり資金援助を受けたんじゃないか?」

遺産分割で兄に反論する弟

「他の兄弟に比べて、一番損をしてきたのは末っ子の俺
 じゃないか! 兄さん達は今までさんざん好き勝手な
 ことばかりしてきたんだから、これくらいはしてもらっ
 ていいだろ!」

なんて、みんなが言いたい放題になれば・・・・
まとまる話もまとまりません。

余談ながら、
相続税の申告は10ヶ月以内です。

様々な税金の軽減措置を受ける為には原則申告時までに遺産分けの協議をまとめておかなければいけません。

10ヶ月なんて、本当にあっという間です。

お母様のお元気なうちに
ぜひ将来の二次相続のことも考慮に入れて
相続について話し合う機会を持つことをお勧めします。

奪い合えば足りぬ!分け合えば余る!

そんな有名な言葉もあります。

子供たちが奪い合うからもめるんですね。

だから親が中心になって子供たちに分け与えてこそ、うまくまとまるのが相続です。

ただし、きちんと親が相続をどんな風にしたいのか?その考えを伝えるための時間はあまりありません。
親が年老いてきて衰えてくると、またパワーバランスが微妙に崩れるのですから。

たとえ一度だけであっても、相続について話し合いをしたことが
ある家庭では相続でもめるのが少ない?

そんな風に私は感じています。

少しでも不安のある方は、次のレポートも読んでみてください

タナボタの相続泥棒から親の遺産を守る4つの方法





こんな相続がもめる相続!典型的ワースト5