後で相続放棄を無効だといわれて悩む相続人

「うちは遺産の金額が少ないから・・・」と油断して放置する方も多い

「うちは遺産が少ないから・・・」と油断していませんか?

わずか数百万円でももめるのが遺産相続

「もう、その話はついたから・・・」
ときちんと相続の手続きを最後まできちんと済ませていない方って意外と多いんですね。

相続手続きがすべて完了して、初めて相続完了なんです。

例えば
その時は相続放棄したが、やっぱり相続放棄はしない!
と後で考えを覆されたら・・・?


「そんなことを言い出す相続人なんているの?」
なんてお考えですか?

相続放棄の手続きは
きちんと家庭裁判所に相続放棄の申し立てをするか?
きちんと遺産分割協議書を作成しておくか?

しておかないといけません。

もちろん素人の方がそれをきちんとできるか?
といえばなかなか難しいのが現実

法律の専門家である弁護士や司法書士などに依頼すれば
費用も発生します。
だから、曖昧なまま相続手続きをしないまま放置している方って多いんです。

では、そんな実例を紹介しておきますね。

いかがですか?

現実にあとで
「やっぱり考えが変わった。
 相続放棄はしない!」

なんて言い出す相続人も世の中にはいるんです。

後で相続放棄はしないと言い出す相続人

相続手続きの費用って意外とそれほど高くはありません。

あくまでケースバイケースで費用料金も変わってきますが
思っているよりも金額が低いものです。

一般的で簡略なものなら数万円~十数万円で完了する相続手続きも多いです。

わずかな費用をケチったために、後々大きなトラブルに発展することもあるので注意してくださいね。

私のほうでも相続の専門家を無料で紹介しています。
参考:相続の専門家を無料でご紹介いたします
参考:これがもめる相続トラブルまとめ【ワースト5】次はあなたの番?