気をつけなければいけないケアマネージャー

ケアマネージャーの仕事は結構きついし給料もそれほど高くはない

ケアマネージャーの仕事って案外しっかりと理解していない人が多いです。
まあ、実務経験も必要ですから介護福祉士など介護の現場からの方が多いように思います。
では実際のケアマネージャーの仕事内容についての動画もご紹介しておきますね、

やはりケアマネージャーっていう仕事は高い志がないとできる仕事ではないかもしれません。

ケアマネージャーは医療や介護だけではない相談も多いみたい

介護っていうとどうしても医療や生活の補助という側面で見がちですがケアマネの仕事はそれ以外の部分も含みます。
たとえば介護リフォームなどもケアマネージャーが相談に乗ってくれますし車椅子など介護用品のレンタルなどもそうですよね。


多くのケアマネージャーを辞めていく中で残ったケアマネは頼りない

退職者が増えているケアマネージャー
心優しく親切で熱心なケアマネージャーさんも多いのですが、その中にはそうでもないケアマネさんもいます。
ケアマネもピンからキリまで?なんて言うと叱られるかもしれませんが頼りにならないケアマネも多いです。
全然こっちの事情を斟酌してくれないサラリーマン根性丸出しのケアマネージャーでは親の介護を任せられません。

なぜ残念なケアマネージャーがのさばるか

介護の9割はケアマネージャー
突然、身内が要介護の状態になったとき、家族が救いを求めるのは、ケアマネージャー、ホームヘルパー、訪問看護師といった介護の専門家です。

これまで連載で10回にわたり、今年の正月に他界した父の介護体験を書いてきましたが、ウチを担当した方々は皆、心のこもった介護サービスをしてくれました。

処置を横で見ていても実に安心感がある。豊富な経験や知識からくる確かな技術を感じましたし、なにより父の体を案じ、気持ちに寄り添う姿勢には感動さえ覚えました。

また、分からないことや疑問点があると、なんでも親切に教えてくれました。介護サービスに従事する人たちは志のあるすばらしい人たちなんだな、と思ったものです。

ところが現実は、必ずしもこうした良い介護従事者ばかりではないようです。要介護者本人やその家族と、介護従事者の関係がこじれることはよくあるようですし、ネットを見ればそれによって生じたトラブルの実例がたくさん出てきます。

介護が始まった当初、介護用品レンタル会社のIさんからこう言われました。

「ケアマネージャーがYさんでよかったですね」

ウチの介護を担当することになったYさんは、Iさんの目から見て誠実な仕事をする人であり、要介護者の家族からの評判も高いケアマネージャーだったからです。

その時、私は不慣れな介護のことで頭がいっぱいでしたし、あまり業界の事情に立ち入るのもよくないかなと思い、それ以上は聞きませんでしたが、父の介護が終わった後、改めてIさんに会ったところ、こんな話をしてくれました。

「なかには意識の低いケアマネージャーがいるんです。ケアプランを作るのでも、家族が求めていることよりも自分の都合を優先したり、要介護者がSOSを出していてもすばやく対応しなかったり。見ていて家族が気の毒になることがよくあります」

Iさんのような介護用品レンタルの担当者は、ケアマネージャーから連絡を受け、そのケアプランに従ってベッドや車椅子などの介護用品を届けるのが仕事です。日常的に多くのケアマネージャーと接する立場にあります。また、定期的に介護サービスを提供するホームヘルパーや訪問看護師とは異なり、介護が始まる時や症状の進行などに応じて介護用品の交換が必要な時といったように節目に訪れる仕事であり、その家がどんな介護を受けているか、客観的な目で見ることができるわけです。

加えてIさんは要介護者を「自分の家族だと思って」営業実績とは関係なく、最適な介護用品を届けることを実践している人でした。もちろんケアマネージャーの依頼によって成り立つ仕事であり、問題を公言することはありませんが、「こんな仕事をしていていいのか」と思うケアマネージャーは多いそうです。
引用元:プレジデントオンライン

介護の方針を決めるのがケアマネージャーだがもしハズレのケアマネに担当されてしまったら?

以前に書いた記事で偉そうなオレ様ケアマネージャーなら担当を変更しよう!ケアマネは星の数ほどいるんだからでも書いたのですがもし「このケアマネとは合わないな?」と感じたらケアマネージャーを変更することも考えるのもありです。
ケアマーネージャーは変更することも可能です。
ただ、介護サービス提供事業所と提携しているケアマネも多いので介護サービス提供事業者ごと変更することも覚悟はしなければいけませんけどね。

では、どんなケアマージャーが良いのか?悪いのか?その判断基準は

親が介護を受けだす時にまず最初にケアマネージャーが介護プランを考えます。
そんな時にそのケアマネが良いのか?悪いのか?
その判断基準に参考にある記事も紹介しておきますね。

ケアマネのアタリ・ハズレの見極め方は
要介護者が、その家の事情に合致したより良い介護サービスを受けられるかは、運任せの部分があります。親が要介護になった時は、まず役所の介護課や地域包括支援センターに相談することになります。ケアマネージャーはそこから連絡を受けた事業所から派遣されるわけですが、たまたまその日のスケジュールが空いていて、その家に駆けつけることができる人が担当になるケースが多いそうです。

要介護者とその家族にとってケアマネージャーは、家の内情に立ち入る存在であり信頼感で結ばれた人間関係を築くことが重要です。しかし、タイプ的に合わず、信頼感が持てない人が担当になるケースが少なくないのだそうです。

ケアマネージャーを指名することもできるといいます。たとえば、近所の長年介護をしている人などに評判の良いケアマネージャーを聞いておき、その人にお願いするという方法です。

しかし、自分の家族が要介護になることを想定している人は少ないでしょう。結局、多くは事業所からあてがわれた人が担当することになる。信頼関係が築けない人に当たってしまうこともあるわけです。

では、担当しているケアマネージャーの良し悪しを見分けるポイントはどんなところにあるのでしょうか。

介護レンタル会社のスタッフといった定期的に自宅にやってくる出入りの業者さんに「良し悪し」を聞く、という手があります。そうしたスタッフは業務上、多くのケアマネージャーと接します。そして、要介護者や家族などの当事者とは異なる視点で介護の「現場」を見守っています。父の死後、世話になった介護レンタル会社のIさんに「良し悪し」を単刀直入に聞いてみました。

「良いケアマネージャーさんは要介護者とその家族の話をちゃんと聞き、介護サービスの情報を分かりやすく提示します。そうして家族が納得したうえでケアプランをつくる。つまり、しっかりとコミュニケーションを取ることができる人です」

相手と呼吸を合わせて「言葉のキャッチボール」ができるかどうか。そんな当たり前のことを当たり前にやる人こそがアタリなのです。

仕切り屋のケアマネは黄色信号か
Iさんは車椅子のレンタルに関わるやりとりの実例をもとに、本当にコミュニケーション能力がある人か否かを見極める方法を教えてくれました。

「車椅子にはいくつかのグレードがあり、レンタル料金もさまざまですが、ケアマネージャーのなかには、グレードの選択をせず一番安いタイプにする人がいるんです。レンタル会社には利益第一で高いタイプを勧めるところがあるのも確かです。そういう会社の口車に乗らず、より安い車椅子を選んだ方が要介護者のため、と気を利かせたつもりなのかもしれません。ただ、安ければいいとは限らないんです」

そして、次のような解説をつけ加えました。

「車椅子は要介護者によって使い方が異なります。通院などの外出で家からクルマまでの移動だけに利用する人もいる。デイサービスに行く時に使う人もいます。デイサービスの場合は、施設に行っても車椅子に座ったまま過ごすことになります。3~4時間、長ければそれ以上、座っていることもあるわけです。健康な人でも同じ椅子に座ったままだと、お尻が痛くなったりしますよね。で、体を動かして重心を変えたり、足を組んだりします。体が不自由な要介護者はそれができませんから、ひたすら耐えるしかないんです」

車椅子のグレードの違いは座り心地の差といっていいそうです。安いものは最低限の機能があればいいという設計で、クッション性も少ない。要介護者により多くの苦痛を強いるとのこと。それが原因でデイサービスに行くことを嫌がるようになったり、体の具合を悪くし要介護度が進んでしまったりすることもあるそうです。

「もちろん経済状況によって安いものにせざるを得ない家庭もあるでしょう。でも、余裕のある家なら高くても問題はないはずですし、経済的に苦しい場合でも要介護者につらい思いをさせたくないと思っている家族もいるわけです。ケアマネージャーは、そうした家の事情や家族の思いを会話からしっかりとくみ取り、適切なサービスを提供する存在であるべきなんです」

介護を知り尽すケアマネはアブナイ
介護業界用語で「担当者会議」というものがあります。

要介護度の進行によって介護用品を交換する時や介護サービスの内容を変更する時などに、ケアマネージャーと事業者が利用者の家に行き、要介護者かその家族の三者で行う会議のこと。

三者が話し合い互いに了解を得たうえでの介護を行う大事なコミュニケーションの場で、この会議を行うのが義務づけられているとのこと。しかし、ケアマネージャーによっては、これを電話で済ませたり、省いて事後承諾にしてしまったりする人もいるそうです。

車椅子ひとつとっても、用途を確認し、家族の事情や思いをくみ取らなければならない。ひとりの要介護者でも、そうした配慮をしなければならない事柄がいくつもあります。前回書いたように1人のケアマネージャーが担当するのは30人あまり。担当するすべての家族としっかりコミュニケーションをとるのは確かに大変でしょう。「しかし、どんなに大変でも、それをするのがケアマネージャー」とIさんは言います。

「私が見てきたところ、ケアマネージャーには結構独善的な人がいます。自分は介護のことを知り尽くした専門家。それに対して利用者はほとんどその知識がない。だから任せればいいのだ、と言わんばかりの人です。そういう意識がベースにあれば、利用者の話をじっくり聞いたり、サービス内容をわかりやすく説明したりする気にはなりませんよね。しかし、その一方で、どんなに大変でも、利用者の話をしっかり聞き、思いまでをくみ取ろうとろうとする人もいます。より良い介護サービスを提供したいという志を失っていないからです」

このケアマネージャーとはコミュニケーションが取れていないと感じたら、担当者の変更を考えた方がいいかもしれません。

引用元:プレジデントオンライン

ケアマネージャーには高い倫理観が必要なんだが?

正義感の強いケアマネージャー

親が介護を受けることになった時に最初にケアマネージャーが介護プランを策定していきます。
少しでも良い介護のプランを作ってもらうために感謝の気持ちを込めて中元歳暮やなんらかのちょっとした物を渡そうとしてもおそらくかたく拒まれるケアマネージャーさんです。
なぜならケアマネージャー(通称:ケアマネ)にはとても厳しい倫理観が課せられています。
利用者からなにも受け取ってはいけないのです。
訪問時にお茶やコーヒーを出されても低調にお断りし口もつけてはいけない
手土産や粗品なども受けとってはいけない
などなど厳しく制限されています。
やはり利用者に私的な便宜を図ってはいけないということなんでしょうね。
こんなきついケアマネージャーの仕事はきっと心優しい正義感の強い方じゃないとつとまらないかもしれません。

しかし、こんな事件も起こっていることも知っておいてくださいね。

訪問先から320万円相当窃取 ケアマネ女を逮捕
 訪問介護で出入りしていた女性宅でキャッシュカードなどを盗み、現金約320万円を引き出したとして、兵庫県警兵庫署は13日、窃盗などの疑いで、神戸市須磨区のケアマネジャー、常陰(つねかげ)珠世容疑者(55)を逮捕した。「預金は頼まれて引き出した」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は4月18~26日、同市兵庫区の会社役員の女性宅で通帳2通とキャッシュカード2枚を盗み、銀行から現金約320万円を引き出したとしている。

 女性が4月26日に入院した際、カードなどがなくなっているのを親族が発見。探していたところ、5月2日に女性が死亡した後、常陰容疑者が「預かっていた」と返しにきたという。
引用元:産経WEST

遠距離介護ならケアマネ頼りも仕方ないけれど過信は禁物

笑顔の江本

やはり、ある程度ケアマネージャーとも顔を合わせる機会を作っていかないといけません。
それがたとえ遠距離介護であってもです。
実際に顔を合わせてケアマネの人物像をしっかり把握しておくことも大事ですよ!