泣く江本

介護は本当に大変です。いくら親に優しくしてあげても「ありがとう」の言葉すらないこともあります。そんな時は心が折れてしまうそうになりがちです。そんなことからどんどん介護してあげるほうにも心の余裕が無くなってきます。するとつい、つい、つい自分の家族にも八つ当たりをしてしまったり、また家事がおろそかになりがちです。
そんな状態が長く続くとそれが原因で夫婦喧嘩などの家庭不和になってしまうこともあります。


親の介護が原因で夫婦喧嘩に

特に嫁は実親の介護をしているとなかなか心の余裕などないものです

親の介護に没頭するあまり、自分の家庭のことがおろそかになりがちです。

『そんな、家事と介護なんて両立なんかできません!』
とお叱りをうけるかもしれませんね。
わかります!よ~くわかります。私も親の介護の時はそうでした。
そんな周りを気遣う余裕などなかたです。
でも、もし もし もしも家族の不平不満が頂点に達したら・・・・?
売り言葉に買い言葉で大きな夫婦喧嘩や子供との衝突?なんてことにもなりかねません。」

「うちの家族は介護のことをよく理解して協力してくれている?」はあなたの独りよがりかも?

こちらの夫からのご相談例をお聴きになってみてください。

親の介護も大切だけどこっちの家族も大事なんじゃないか?
そう心の中で不平不満を抱えているかもしれません。

配偶者・子供としっかり話し合って理解してもらっておきましょうね

特に嫁の場合は義理の両親ではなく実親の介護のときに夫などから不平不満が出がちです。
嫁にとっては『自分の親なんだから』という間隔なんですがそれが微妙に夫や子供との感じ方や捉え方に温度差が生じるものです。
夫からすれば「交通費」や「諸費用」などわずかな金額でも自分の稼いだお金から出ていることに内心面白くは思っていないかもしれません。
育児・家事ができなくなる同居の妻や夫などの配偶者や子供たちにも配慮して、きちんと理解を求めておくことは大事です。

今の「親の介護」が一時的なものであれば家族の協力も得られやすいのですが、この介護が長期化するとだんだん家族にも疲労やストレスがたまってくるものです、
たしかに介護を直接しているあなたの疲労やストレスから比べたらはるかに小さいものかもしれませんがそれが些細なことで爆発しないとも限らないのです。
些細なことから大きな夫婦喧嘩になるいことは何度かあなたも経験済みではありませんか?
『売り言葉』に『買い言葉』
下手をしたら介護離婚になんてならないようにしてくださいね。

夫婦・親子といってもしょせん人間関係は同じ
いずれにしても人間同士の感情トラブルを回避・解決するためには普段からのコミュニケーションが大事です。

笑顔の江本

『家族に親の介護の状況をもう話すのも疲れるし話したってわかるはずない!』
と思っているあなたかも知れませんが今の親の介護の状況を夫や子供にこまめに話しておくことが大事です。
そうすることが一番 家族の協力を得やすいんじゃないかな?
と私は経験上 考えています。