不動産は権利証と実印だけで売れるものではありません

非常によくあるご相談で「親の介護費用に充てるためにこの親の土地を売ります!」というのも多いのですが意外とみなさん誤解されています。

不動産を売却して介護費用に充てる

「権利証」=「不動産」ではありません

「実印と権利証さえあれば不動産は売却できる?」と誤解されている方も多いのですがそれは難しいです。
まあ、昔は不届き者の子供が親の金庫から実印と権利証を持ち出して勝手に売却してしまった?という時代もあったとは聞きますが今はそんな時代ではありません。
きちんと売買時には本人の意思確認を確認しないと売買できないのです。
だから、認知症になってしまうと不動産などの土地建物の売買が難しくなる理由です。

介護の不公平に同情した親族が援助をするなら現金で直接的に負担してあげないと話が超複雑になる

泣く江本

「なんとかその心優しい気持ちにお手伝いしててあげたい!」
そんな状況によく出くわす私ですがなかなかそれも難しいのが現実です・・・

押し付けられる介護もたくさんあります、逃げ得もある非協力的な兄弟姉妹たち

「あんな毒親の介護なんてしてられるか?」
この気持ちも正直 理解できます。正直 私も両親を怨んだ時期もあったくらいですから・・・
でも、やっぱり見捨てられない?まして自分も分別ある大人になると初めてその時の状況が理解できることも少なくありません。
しかし、現実は親の介護に非協力的な兄弟姉妹たちも多く親の介護を子供のだれかひとりに押し付けられてしまうケースも少なくありません。
そんな時に問題になるのが「介護にかかるお金」です!
この長寿社会では介護の期間もぞんぞん長くなっていますからその金額もいずれ負担できなくなってしまうこともあります。

母と離婚した親の介護でできた借金750万円 叔母に相談したら「この家を売って介護の足しにしなさい!」と権利証を渡されたが・・?

夫婦の縁は「離婚」という形で切れます。
しかし、親子の関係は永遠に切れません(どんな毒親であってもです。もちろん法律的にですが)
たとえ毒親であっても見捨てられない?そんな気持ちの葛藤の中でどんどん介護のお金は出て行きます。
その状況がこれからもずっと続くかと思うと気分はブルーになってしまいますよね?
そこで親族親戚に相談することもあるでしょう。
親の兄弟姉妹たちの中には経済的に余裕のある方もいる場合もあります。

ただ、直接的に介護に関わるのも煩わしいのも事実
いちいちなにかあるたびにお金を小出しに援助したりするのは面倒ですしその親戚自身も高齢であればなおさらです。
ですからこれから紹介するように
「ほら、権利証をあなたに渡すからこの土地建物を売って介護のお金の足しにしなさい!」
と嬉しい申し出があるかもしれません。

しかし、「権利証」=「不動産」ではないのでこれが大変なんですね。

でも、難しいなぁぁぁ
確かに相互扶養の義務から考えれば親子も兄弟姉妹もありっちゃありなんだけど、間接的に援助するっていうのも難しい現実がありますよね。
このケースも高齢者同士だからどこまでその意思がきちんと実行されるか同意かも問題ですよね?
高齢者って意外と簡単に心変わりすることもめずらしくありませんからね・・・

私もよく老人ホームに契約書を持って行ってご説明することもよくあるのですが

やはり相続専門不動産業者である私もよく契約書を持って老人ホームまでご説明に行くのですがこれがいつもひやひやドキドキなんですね。
高齢者の方ってよく心変わりもしますし物事をあまり深く考えずに言葉にしたりすることもあります。
購入者も見つけてルンルン気分で老人ホームに到着すると
「わしはそんなことは言ってない!」
とか言われて驚いたことは一度や二度ではありません。