認知症 GPS キーホルダー

認知症気味の親の徘徊防止のために多くの子供たちは
高齢者には操作できない玄関に鍵やチェーンを付ける
徘徊防止用のセンサーを付ける
など外に出ないようにすることばかりに目がいきがちです。
でも、これってすごく親本人にストレスと与えることになるのです。
いくら認知症だといっても親を自由に外出できないように家に閉じ込めることは逆効果のこともあります。

【4年間で徘徊1388回の認知症の母との同居暮らし】

認知症かもしれない親の徘徊防止は月額539円の子供用GPSキーホルダーが持たせやすい

認知症 GPS キーホルダー

どうしても認知症気味の親を外出させることには不安がありますよね。
でもあえて外出させた方がストレス発散となり認知症の攻撃的症状が和らぐこともあるようです。
こちらの動画も参考になるのでご覧になってみてください。

介護保険が適用できる携帯GPSもあるけれど意外と高い

親の徘徊対策として介護保険が適用できるGPS携帯端末もあります。
しかし、この介護保険適用のGPS携帯端末って使い勝手がとても悪いような気がします。
・デカイ!
・重い!
バッテリーの持ちが悪い!(これ超重要)
・デザインがダサい!
・スマホなどのアプリの使い勝手が悪い!
そんなことでせっかくのGPS携帯端末も宝の持ち腐れという方も少なくありません。

介護保険適用の高齢者用のGPSもあるのですが意外と高いんですね。



そこでおすすめなおが子供見守り用GPSキーホルダーなんです。
こっちの方が料金も安くて使い勝手も良いような気がします。
だって高齢者用見守り用よりも子供見守り用の方がはるかに市場規模が大きく、そのぶん競争原理が働いて「使い勝手」「料金」も進んでいるのです。
その中で人気なのが子供の見守り用携帯GPSキーホルダー「ソラノメ」です。
介護保険が使えなくても月額539円(税込)ですから、経済的にきつい負担ともいえないと思うのですがいかがでしょうか?

注意力散漫な子供向けに開発されたGPSキーホルダーだから持たせ方も簡単

子供用GPSキーホルダーの長所は「持たせ方」なんです。
注意力散漫なのが子供です。
そでこそんな子供向けにメーカーもいろいろと考えているんです。
これって認知症の高齢者も同じです。

ですから、さりげなくいつも使う「杖」や「かばん」にさりげなくつけておく持たせ方ができます。

認知症のお母さんが外を出歩く時にいつも持ち歩く物は?
このあたありはいろいろと知恵を絞ってみて下さい。
わんぱくな子供向けに開発されたGPSキーホルダーならいろいろな物につけられて持たせ方も簡単です。

認知症の親の徘徊時にGPSキーホルダー「ソラノメ」で楽ちん簡単な探し方

子供を認知症気味の高齢の親に置き換えてこちらの紹介動画を観てみてください。

自らGPS携帯端末を持って歩く子供なんていません。
これは高齢者も同じです。

さりげなくランドセルにつけたり
自宅のカギとワンセットでペンダント首掛けにしたり
みなさん工夫してGFPS携帯端末を子供に常時携帯させるようにしています。
これって認知症の高齢者も同じではないでしょうか?
さりげなく
・杖につけたり
・いつも持ち歩くカバンにつけたり
と認知長の親に気づかせずにGPSキーホルダーを付けることができます。

一番助かるのはフル充電で約1週間そのまま使えるということはありがたいですね。
スマホではも持っても2~3日でばったりーが切れてしまいますからね。
結構 今は杖にキーホールダーみたいな飾りをジャラジャラつけている方も多いですからその中に紛れ込ませることも可能かもしれません。
また普段使うバッグにさりげなく付けておくのもいいかもしれません。

認知症の親に使える携帯GPSキーホルダー「ソラノメ」は月額利用料金月額539円(税込)

このGPS携帯端末「ソラノメ」の利用料金は月額539円(税込)です。
もちろん、
初回事務手数料3000円
端末代金13200円(24階分割払いの場合 毎月550円)
は別途かかってしまいますが、それでもご負担は決して大きい物ではありませんよね。
わずか月額539円(税込)で徘徊防止のための安心感が得られるのならお安いものではないでしょうか?


徘徊防止にとても便利な登録地点到着通知機能

GPS携帯端末「ソラノメ」には
自宅、デイサービス、病院
など予め登録しておけば
そこを出た時や到着した時に通知してくれる機能があります。、

これがあれば、気が付かないうちに認知症の親が外出してしまってもすぐにわかります。
まだそれほど遠くに行っていないのなら探し出すのも簡単です。
ただ、無理やりに家に連れ帰るのではなく、しばらく散歩に付き合う気持ちで優しく接してあげてくださいね。
どうして徘徊するのか?
そんな重要なヒントも得られるかもしれないのですか・・・・

\親の徘徊防止のGPS携帯端末が月額539円(税込)で使える/
見守りGPS「ソラノメ」 公式ホームページ

認知症の徘徊対策のGPSの持たせ方

徘徊 GPS 持たせ方

さて、認知症の親の徘徊対策でGPSが便利なのはみなさんご理解できるかと思いますが、それでも大きな問題があります。
それは認知症の親の徘徊でGPSの持たせ方です。
認知症の親のことですから、自分から進んでGPSを持とうなんかしてくれません。
まして、いくら小型軽量化されているGPSでも5cm四方あります。

ひとつのアイデアとしてお守り袋を自作してその中に入れるというのはどうでしょう。
普通のお守り袋では入らないので自作する手間はありますが、これなら徘徊する認知症の親も気づかずに持って歩いてくれるかもしれません。

【お守り袋の自作】



GPSキーホルダーの充電ケーブルの挿入口を開口部にうまく合わせることができれば、使い勝手もかなりよくなります。
いかにもお守り袋っぽく作れば、信心深い親なら違和感なく持ってくれそうです。
これをいつも使う歩行器や杖につけておけば安心です。

\親の徘徊防止のGPS携帯端末が月額539円で使える/
見守りGPS「ソラノメ」 公式ホームページ

徘徊防止のGPSで携帯電話(スマホ)はあまり役に立たないことも多いし費用対効果も悪い

徘徊防止のGPSで携帯電話はあまり役に立たない

徘徊を防止するためにGPSを活用する?
そう聞いてみなさん真っ先に思う浮かぶのがスマートフォン携帯電話のGPS機能をだと思います。
でも、なかなかスマホって高齢者にはハードルが高すぎるのです。
ネットやメールどころか普通の通話さえも操作できない?ことも珍しくないのです。

そもそも携帯電話自体を持ち歩いてくれないのではGPSも無意味

小さく折りたためる普通の携帯電話と比べて持ち歩きには不便なスマートフォンです。
SNSたメールなどを使いこなす若い方なら肌身離さず持ち歩くのがスマホですが、高齢者にはたまにかかってくる程度しか利用しません。
そもそもスマホで電話をかける?その操作自体が高齢者には無理なことも多いのです。
確かにSIRIなど音声での簡単操作も教えるのですが、それすら受け付けてくれなかったのが私の母でした。
「お母ちゃん、こうやって『●●に電話!』って話しかけたら電話がつながるから!」
そう何度も操作方法を教えたのですが無理でした。

持ち歩かないスマホのGPSでは徘徊防止の意味がない!

徘徊をする認知症の親の介護は大変


とにかく認知症の親の徘徊には頭を悩ませていることでしょう。
時には警察の力を借りることもあるでしょう。
「そろそろ老人ホームに入れなければならないかなぁ・・」
なんて考えているかもしれません。

でも、
もう少しだけ
もう少しだけ
もう少しだけ頑張ってみませんか?

徘徊する認知症の親の介護に疲れ果てたあなたに観て欲しい動画も紹介しておきますね。

【ばあちゃんの世界①】

【ばあちゃんの世界②】

【子供の昔の好物を覚えている認知症の母】

まとめ|月額利用料金月額539円(税込)のGPSキーホルダー「ソラノメ」で認知症の親の徘徊に備える

「ソラノメ」はGPS機能だけに絞った携帯キーホルダーです。
ですから利用料金もその分 安く設定されています。

初回事務手数料 3000円
月額利用料 539円
GPS携帯端末●代金 13,200円(24回分割払い可能 月額550円)

この金額で認知症気味の親の徘徊防止の安心感を得られるならお安いんもではないでしょうか?

ぜひ詳しくは「ソラノメ」ホームyページをチェックしてみてください。

\親の徘徊防止のGPS携帯端末が月額539円(税込)で使える/
見守りGPS「ソラノメ」 公式ホームページ