治療薬

ある高血圧やアンギーナ(狭心症)の治療を目的としてある薬剤が開発されました。
その1990年までに行われた初期臨床試験では、参加した男性たちの間で、陰茎への血流増加による勃起改善に最も効果があったことが判明しました。
その薬剤とは「クエン酸シルデナフィル」でそれを原料としているのがあのバイアグラです。

そんな嬉しい誤算が起こるのか?
なんとめまい治療薬が認知症の症状改善に効果があったということが報告されました。

忘れた記憶を薬で回復 東大など世界初、認知症治療目指す

 忘れてしまった記憶を薬で回復させる実験に成功したと、東京大や北海道大などの研究チームが発表した。記憶を回復させる効果がある薬の発見は世界初という。アルツハイマー病などの認知症の治療に役立つ可能性がある。米科学誌電子版に8日、論文が掲載された。

 チームは20代を中心とした健康な男女計38人に100枚程度の写真を見せ、約1週間後に覚えているかを調べる実験を実施。めまいの治療薬として使われている「メリスロン」を飲んだ場合と、飲まなかった場合で正解率を比較した。

 この薬は脳内の情報伝達に関わる「ヒスタミン」という物質の放出を促進する働きがある。この効果で記憶を担う神経細胞が活性化し、忘れた記憶の回復につながったとみている。

 記憶が回復する仕組みを詳しく解明し、認知症の研究成果と組み合わせることで、アルツハイマー病などの新たな治療法につながる可能性がある。

 チームの池谷裕二東大教授(薬理学)は「記憶回復のメカニズムが分かったので、今後はより効果の高い薬の開発につなげたい。認知症患者らの生活の質を高められる可能性がある」と話している
引用元:産経新聞

今回の実験では若者が参加されています。ということは普通の方でも飲んでも大きな弊害がない薬かもしれません。
早く!そして良い結果を待ちたいものです。

「メリスロン/Merislon」って?

効能・効果|次の疾患に伴うめまい・めまい感/メニエール病,メニエール症候群,眩暈症。
用法・用量|1回6~12mg,1日3回食後経口投与。年齢・症状により適宜増減。
投与期間制限|なし

まずはお気軽にご相談ください!(相談無料・秘密厳守)

06-6787-4055 (受付時間 平日9:00~18:00)水曜日定休

【対応エリア】 住み替えや実家の売却⇒関西一円
老人ホーム無料紹介⇒大阪市内、東大阪市、八尾市、柏原市(その他のエリアもご相談可)
親の介護や不動産の相続で不安や悩みのある方へ