子供のことを愚痴る親

「あんな親不孝な子供だったなんて・・・」

私も仕事柄 親御さんからこんな愚痴をたくさんお聞きします。
でも、意外とそんな親不孝をされている原因は親御さん自身のことも多いんですよね・・・・(汗)

泣く江本

ほんとうに誰もが歳をとればとるほど意地悪ばあさん、頑固ジジイになっていくのが現実なんですね。
えっ?私は違うって?
はたしてそうでしょうかねぇ・・・?

人生すべてを夫のため!子供のために捧げてきたという自負のある母親ほど意地悪ばあさん?嫌われる姑になるかもしれない

「私の人生っていったいなんだったのよ!」(怒&涙)

笑顔の江本

よく私の母親も愚痴ってました。
そりゅあ私なんかとても「自慢の息子」だなんて誇れるほどできの良い供じゃありませんでしたしね・・・。
とにかく私の母も、そのあたりはめちゃくちゃ超強烈な母でした。

口から出るのは文句ばかり、とにかくありがとうなんて言葉はあまり聞いたことはありませんでした。だから、嫁姑の関係も最悪でしたし、嫁どころか孫たちもあまり寄り付かなくたっていったのかもしれません。

他人からみれば「なんて親不孝な子供だ!」だなんて後ろ指をさされるかもしれませんが

盆暮れにチャチャッと顔を見せるだけの子供のことを近所の人や親戚は「なんと親不孝なやつだ!」と叱るかもしれません。でも、人間だれもがイエス・キリストやマザー・テレサみたいな寛大な心は持ち合わせてはいないものです。
でも、自分のことならなかなか気づき難くても他人のことならひょっとして気付くことができるかもしれません。
ですから実際の相談例を聴いてみてくださいね。
あなたならこれを聴いて「子供が悪いのか?」「親自身が自分勝手なのか?」考えてみてくださいね。

もしあなたが親の対場であるなら?

「これだけしてきてやったのに?」「あれだけしてやったのに?」とか
「のに」が出れば愚痴の始まりです。
あなただかが悲劇のヒロインではないことを知ってくださいね。

もしあなたが子供の立場であるなら?

多くの方が
「私はあんな意地悪婆さんになんかならないわ!」
「姑にどれあけ私が意地悪されたことか!私は息子のお嫁さんとは友達みたいな仲良しになるのよ!」

なんて言われますが、それってはっきりいって幻想なんですね。

だれもが年をとれば「頑固ジジイ」「意地悪ばあさん」になるのです!

笑顔の江本

これがたくさんの高齢者の方にお会いしてきた私の結論です。
親ならそのことを自覚してくださいね。
子供ならいずれあなたも遠からずそうなってしまうことを知っておいてくださいね。