無届け老人ホーム

笑顔の江本

自治体に届けず無認可無届けで老人ホーム(介護ハウス)の実態調査が行われました。様々な問題点を指摘されている無届け老人ホーム、無届け介護ハウスなのですがなんと大阪は全国第2位の多さという結果でした。

無届けホーム1046カ所 17年度、高齢者入居
 厚生労働省は4日までに、法律で義務づけられた自治体への届け出をしていない有料老人ホームが、2017年度に全国で1046カ所あったとの調査結果を発表した。自治体による指導が進んだことなどから、前年度に比べて161カ所減っている。

 無届けホームは、正規のホームに比べて利用料が安く、低所得や身寄りのない高齢者を受け入れていることが多い。行政のチェックができず、事故や虐待が起きる恐れも指摘されている。厚労省は自治体に対し、実態把握をあらためて求める通知を出している。

 調査は、自治体を通じて17年6月末時点の状況を調べた。

 都道府県別では、北海道が344カ所で最多となり、大阪府が100カ所、神奈川県が80カ所と続いた。調査中や今後調査を行う施設も含まれる。定員数や入居者数は調べていない。

 一方、届け出のある有料老人ホームは全国で1万2608カ所だった。

マスコミにも問題を指摘されてきたことから減少傾向にはあるようです。

ただ相変わらず現実的にはこれに似たようなところも多いような気がします。
案の定 大阪は全国第2位の多さですか・・・・(汗)
まあ、背に腹は代えられない切羽詰まった方にはこんなところでも仕方ないのかもしれません。
ただ、やっぱり悪徳?ともいえなくもない無認可老人ホームですからそこにきちんとした優しい介護ヘルパーが集まるわけではないの事故は起こりやすいのでしょうか?

確かに全部が全部だめだとは言えないけれど、やっぱり僕には勧められない無届老人ホーム・無認可介護ハウス

取材に応じるくらいだからそれなりの考えもあっての無届け老人ホーム・無認可介護ハウス経営者だとは思いますが多くは介護サービス囲い込みのビジネス最優先のところがほとんどのような気がします。
ただでさへ介護スタッフの確保が難しいのにこんなかたはどうやって人員確保しているのか?不思議です。

ただいくら劣悪な環境・不十分な介護サービスであっても需要があるからビジネスとして無届け老人ホーム無認可介護ハウスも成り立っているのも事実
需要があるかあ供給もあるし、いつまでも無くならないんでしょうね。

泣く江本

東京より大阪が多いのにも驚きました。
また北海道が突出しているのは高齢者の比率が高いからなのか?
それとも厳しい冬を高齢者は誰かの助けがないと越せないのかもしれません。
雪かきも重労働ですからね