訃報を後で知った
突然、直接的にしろ間接的にしろ知った友人の親の訃報
家族葬が主流の現在では葬儀に参列すべきかどうか?さえ迷ってしまいます。
でも仲の良かった友人だからこそ知らぬふりもできません。
親が亡くなった友人へのお悔やみの気持ちを伝えるために、せめてなにか贈り物(お供え物)だけでもしたいものですよね。
そこで親が亡くなった友人への贈り物(お供え)として
線香
お花
お茶菓子
などがありますがどれがよいのでしょうか?

親がを亡くなった友人への後日の贈り物(お供え)としての定番はお線香だが困ることも?


私は数年前に母の葬儀がありました。
母の葬儀は家族葬とまではいきませんが、ごくごく小規模のお葬式にしました。
それは十数年前の父親の葬儀の時の反省があったからです。

小さいながらも会社を経営している私です。
兄もそれなりの会社の中間管理職です。
私たちには初めてのお葬式であり、あまりよくわからずバタバタ続きの知らないことばかりでした。
最初の父親のお葬式では「かなりの数の弔問客」と「香典辞退」をしなかったことで葬儀後の後始末が大変でした。
兄の会社関係の方や私の業界関係者(当時 私も宅建協会の役員をさせられていました)がドドドと弔問に訪れ、香典もたくさんいただいたのですが、その「香典返し」がどれだけ煩わしかったか!
せっかく葬儀に参列していただきお香典まで頂戴したのに不謹慎ですが、1件1件金額を再確認し香典に見合った香典返しを送る作業にすごく手間がかかったのです。

そこで、母親のお葬式は兄たちと話し合って小規模でささやかなものにしました。
訃報も限られた方にだけしか知らせませんでした。

葬儀に参列できなかった方からのお線香のお供えが殺到

後で私の親の訃報を知った方々からのお供えが我が家に次々と届くのです。
それもみんなお線香です。(汗)

確かに、お供え物にお線香はド定番です。
でも、これが何人もの方からいただくとかなり困ったことになりました。
「これではむこう10年以上、線香は買わんでええなぁ・・・」
という嬉し悲鳴ではありますが、これが邪魔で邪魔で困りました。
※お供え用の線香はりっぱな箱に入っています。

確かに遺骨が家にあった時には毎日お線香をあげていましたが、それも1本ずつです。
お墓参りの時にも持っていきますが、それでも一束ですから、盆暮れとお彼岸でも年に3~4束です。
確かに家でお線香をあげた時は
「おぉぉ!やっぱ高い線香は香りが違うなぁ」
なんてその香りに驚きましたが、屋外のお墓ではその香りもよくわかりません。

母が亡くなって久しいのに、まだまだ実家には過剰在庫のお線香がたくさん眠っています。
最後まで使うにはあと10年以上はたっぷりとかかりそうです。

もしも家族葬で親を見送った友人にたくさんの贈り物(お供え)が届きそうなら線香以外もいいかもしれません

最近は家族葬が主流です。
そのため、なかなか葬儀に参列できないことも増えてきました。
そんな葬儀の参列できなかった方が故人への贈り物(お供え)にみなさんド定番のお線香を送ることが予想されます。
そうすると私みたいに大量のお線香の在庫を抱えることにもなりかねません。

ですから、親が亡くなった友人への贈り物(お供え)はお線香以外の選択もよいかもしれません。

親が亡くなった友人への贈り物(お供え)に『供花』を送る

親を亡くした友人への贈り物(お供え)に『供花』を送る

定番の贈り物のお線香に代えて、お花を贈る方も多いです。
ただ供花には、原則白を中心とした色合いが良いといわれています。
もちろん故人が生前好きだったお花があれば、それを選ぶのも良いですがこのあたりの配慮も気を付けてください。
ここでは全国対応の「イーフローラ」さんのホームページから紹介します。

なかなか供花のことはあまり大々的にホームページで記載されることもなく該当ページ少しわかりにくいかもしれませんのでこの下の図で確認してみてください。

下段のここをクリックするとお供えのお花のコーナーにジャンプします。
商品はバラエティに富んでいますし、いろいろなご予算や状況にも応じていただけます。

詳しくはこちらのホームページから確認してください。

フラワーギフトならイーフローラで(配送料無料)

親が亡くなった友人への贈り物(お供え)にブリザードフラワーを送る


生のお花は管理が大変かもしれません。
そこでブリザードフラワーを贈る方もいます。
特に暑い夏場であれば生のお花はすぐにしおれてしまいますからね。

こちらのブリザードフラワーの「Fleur」さんのホームページもお供え用のコーナーが少しわかりにくいのでご注意ください。
最下段の「シーン別」のところにバナーがあります。

こちらのバナーをクリックするとお供え用のブリザードフラワーのコーナーへジャンプします。

人気の代表的なお供え用のブリザードフラワーはこんな感じです。

お値段も手ごろな価格から友人一同で贈る場合の立派な物(1万円~)のものもあります。
また、きちんと「お供え」と札がついているのも嬉しい配慮ですね。

お線香付きのセットもあります。

またメッセージカードサービスもあります。

詳しくはホームぺージを確認してみて下さい。



想いをお花に込めて【ベルビーフルール】

親が亡くなった友人への贈り物(お供え)にお菓子を送る

「お線香」「お花」も良いのですが、やっぱり「花より団子」と言われるようになにか食べれるもののほうが喜ばれるかもしれません。
まして、今はお仏壇のあるお家も少ないし、遺骨を家にはおかず早めに納骨される方も多いです。
また親を亡くした友人に小さなお子さんがいるのであればお菓子を贈るのもよいでしょう、
ただ、この場合は日持ちのするお菓子にする方がベターです。

宅配で送る場合は弔事用に対応しているか?要確認

わざわざでデパートに行って贈るのもよいですが、なかなかそんな時間もとれないものです。
どうしてもネットから発注して贈ることも多いです。
そんな場合に気を付けて欲しいのが「弔事用」に対応しているかどうかです。
意外と弔事用ののし紙などに対応していないところも多いです。

そこでご紹介するのがC3(シーキューブ)のお菓子です。


今 ネットで話題のC3(シーキューブ)のお菓子です。

1987年から始まった洋菓子ブランド「C3(シーキューブ)」の公式オンラインショップです。
C3(シーキューブ)のお菓子の魅力は、他にはないかわいいパッケージ!そして、味へのこだわり。
1番人気商品の「焼きティラミス」は世界屈指の審査員団が認めた味で、下記の3冠受賞しております。
【Superior Taste Award 2019】
【モンドセレクション 2019】
【楽天ランキング1位】※ティラミス

弔事用ののし紙の対応もしていますから安心して送れます。

お供え物を宅配で送る時に困るのがよく弔事用の熨斗紙(のし紙)に対応していないところが多いことです。
特にちょっと珍しい小洒落た物のお店に多いですよね。
でも、やっぱりお世話になった方には少しは趣向を少しは凝らしたいものです。
こちらのお店はきちんとに弔事用ののし紙にも対応していますから安心です。

シーキューブ(C3) 公式オンラインショップ



親を亡くした友人になにを贈るか迷う必要はありません

いろいろ考えれば考えるほど迷うことだとも思います。
でも、それって逆の立場になって考えると「あまり迷う必要がない」ことがわかります。

親を亡くした友人にとって
「なにをもらったか」よりも「もらった事実」のほうがはるかに意味が大きいからです。
ですから、あまり深く考えなくてもとりあえず「お悔やみの気持ち」を伝えることだけでじゅうぶんかもしれません。

●親を亡くした友人への贈り物(お供え)に『供花』を送る
想いをお花に込めて【ベルビーフルール】

●親を亡くした友人への贈り物(お供え)にブリザードフラワーを送る
想いをお花に込めて【ベルビーフルール】

●親を亡くした友人への贈り物(お供え)にお菓子を送る
シーキューブ(C3) 公式オンラインショップ