長年不動産屋をしている私は今まで何十件もの「孤独死」に遭遇しました。
「孤独死」を発見したらすぐに警察に連絡しなければいけません。

いろいろと訳ありで複雑な親子関係な方もこの世の中にはたくさんいます。
絶縁・勘当・行方不明・蒸発・音信不通
そんないびつで特殊な親子関係や兄弟関係であった時に
親や兄弟などの身内の死亡が警察から連絡があることもあります。

「もう私とは一切関係ありません!」
そんな気持ちもありますがなかなかそういうわけにはいきません。

こんな場合の死亡は警察から連絡があります

死亡連絡が警察から
こんな場合の死亡は警察から連絡があります
自宅で死亡していた場合(孤独死)
自殺の疑いがある場合
殺人など犯罪の疑いがある場合
交通事故や水難事故など、事故による場合
医師が死因の特定ができない場合

警察から死亡の連絡がある時の遺体引き取りの2つのパターン

警察から死亡の連絡がある時の遺体引き取り
警察から死亡の連絡があった時には、その状況により遺体の引き取り方が異なります。

事件性があれば遺体はすぐに引き取ることができない

警察がなにかしらの事件性の疑いがある場合はすぐに遺体を引き取ることはできません。
それは「検視」という作業が必要になるからです。

検視では医師の立ち会いのもと検察官やその代理人が
・犯罪性の有無
・遺体の身元
などを確認します。
さらに遺体の状態を調べるだけでなく、故人の生活状況や収入、生命保険の加入状況なども調べられます。
検視の結果【犯罪性はない】と判断されれば遺体は医師に引き渡されます。
死因や死後経過時間などを判定するための「検案」と呼ばれるチェックが医師によって行われ、「死体検案書」が作成されます。

死亡の連絡が警察からあってから遺体が自宅に帰るまでの流れ

  1. ①警察から子供や兄弟などに死亡の連絡がある

  2. ②警察での検視(解剖)
    警察で検視が行われる場合、「検視」「解剖」の結果が出て死体検案書が作成されるまで遺体は警察署に預けられたままになります、。この期間は死亡届の提出や葬儀などは行えません。

  3. ③遺族へ検視終了の連絡

  4. ④警察署にて警察官からの説明と手続き、死体検案書の受領

  5. ⑤葬儀社によるご遺体の処置
    後述の「警察から遺体を引き取ってからの葬儀をどうする?」参照

  6. ⑥葬儀社による搬送
    後述の「警察から遺体を引き取ってからの葬儀をどうする?」参照

  7. ⑦自宅または葬儀場での安置と枕飾りの設置

検視や死体検案書の作成に掛かる費用はかからない

検視は、犯罪性の有無の確認や死因の特定などのために法律によって「検視」をすることが定められています。このため、検視自体について費用は発生しません。
また検視が必要となった場合は医師による「死亡診断書」ではなく、「死体検案書」を作成されます。

警察署からご遺体を引き取れるまでの期間

自宅で病死した場合など犯罪性のないことがすぐに確認できた場合は、検視にそれほど時間はかかりません、
状況や地域によっても変わりますが、概ね半日程度~数日以内で遺体は遺族のもと返されます。

事件性がなければすぐに遺体を引き取らなければならない

孤独死など特殊な形でお亡くなりになっても
・持病や治療注の病気によって死亡した場合
など事件性がないと判断される場合には検視は行われず速やかに遺体は遺族のもとに返されます。
発見が早く24時間以内にかかりつけ医の診断を受け、持病など死因が特定できる場合にも検視は行われずすぐに遺体は遺族のもとに返されます。

親や兄弟などの死亡の連絡が警察からあった場合の注意点

親や兄弟などの死亡の連絡が警察から突然あった場合はうろたえてしまうのは当然です。
ただ、それでも
・警察署名と住所
・担当警察官(刑事)
・連絡先の電話番号
は必ずメモしておいてください。

警察から遺体を引き取ってからの葬儀をどうする?

警察から遺体を引き取ってからの葬儀をどうする?

さて、ここで頭の痛い問題が出てきます。
それは警察から遺体を引き取ってからの葬儀をどうする?という問題です。
いくら「絶縁」「断絶」していたといっても『ささやかでいいからお葬式だけでもあげてあげたい』と思うこともあるでしょう。
でも、
警察から遺体の引き取り
遺体の長距離搬送
を考えたらどこに相談すればいいのでしょうか?
そんな場合のお葬式に強い葬儀会社のご紹介もしておきます。

特殊な葬儀に強い「いい葬儀」のご紹介

警察からの遺体の引き取り
長距離の遺体の搬送
など特殊な事情でのお葬式に対応してくれるのが「いい葬式」です。


「いい葬儀」ホームページより

心強いのは
長年、絶縁や音信不通や行方不明の身内(親・兄弟)が亡くなった場所ははるか遠くの病院や死亡の連絡があった警察もはるか遠くかもしれません。
そんな時に日本全国どこへでも駆け付けてくれることです。

「いい葬儀」ホームページより

心強いのは
孤独死や変死などの場合には警察署への遺体引き取りにも対応してくれています。
「いい葬儀」ホームページより

心強いのは
遠方で亡くなった場合でも、遠距離の遺体の搬送に対応してくれることろです。

「いい葬儀」ホームページより

突然警察から死亡の連絡があって、あわてふためいているあなたに心強いアドバイスをしてくれるかもしれません。
とりあえずご相談だけでもされてみてはいかがでしょうか?



「いい葬儀」ホームページはこちら

たとえ「蒸発」「行方不明」「音信不通」「絶縁」した身内(親・兄弟)であっても許してあげれませんか?


「蒸発」「行方不明」「音信不通」「絶縁」
そこには何らかの理由や原因があったとおもいます。
もちろんその大部分の原因は本人にあったかもしれません。
でも、最期を看取ってあげれなかったなかった後悔もあなたには少しくらいあるかもしれません。
そのお詫びの代わりにささやかなお葬式だけでもあげてあげませんか?