親の死が怖い今まで「親が死ぬ?」なんて一度も考えたことなんてなかったことでしょう。
「生きているものはいつか死ぬ」
そんな簡単なことも、頭ではわかっていてもまさか自分の親には当てはめることはできないのです。
でも
・親に大きな病気がわかった
・今までできていたことができなくなった
・あきらかに様子がおかしい(認知症?)
そんなことがあった時に初めて子供は「親が死ぬ」という現実を受け止める時期が来たのかもしれません。
「親の死が怖い」
しかし、それは避けられないいつか必ず起こることなのです。

親の死が怖いというあなたへ
「後悔はしたくない!」子供が親の死を受け入れる覚悟と見送る準備

親の死が怖い
親が「脳梗塞」「癌」など大病を患った。
あるいは高齢になり「老衰」ともいえる状況になった時に
親の死が怖いあなたは狼狽えるかもしれません。

最期の時が近くになってきた親に対してあなたはどうそれを受け止めなければいけないのでしょうか?

親の死が近いからこそ子供が考えておくことがありあmす。

  • 無理やり命を延ばす延命治療を考える前に
  • 最期の親の望みをかなえてあげるべきか?「食べたい物?」「自宅に帰る?」

みんな親の死の覚悟はできていても少なからず後悔や懺悔の気持ちはあるものだから

みんな親の死の覚悟はできていても少なからず後悔や懺悔の気持ちはある

生きているうち、元気なうちにするのが最高の親孝行かもしれません。
私も父や母を見送ってからは後悔がたくさんありました。
なんで、あの時 ああしてあげへんかったんやろう?
あそこにも連れて行ってあげたらよかった?
あんなに好きだった◎◎、もっと食べさせたかったなぁ?
などたくさんの後悔ばかりです。
100%後悔しないことはとれも無理ですが、なにかひとつでもそれが減らせれば・・・

親の死が怖いというあなたへ
余命宣告された親には「なにかする」より「そばにいる」だけでいい

生きる時間の残っていない親はただ誰かがそばにいてくれるだけでいい

私の時もそうでしたが親との暮らしはある日突然に終わりを宣言されます。
それは本当に突然のことなんです。
親が余命宣告された時に家族が狼狽えないようにしないためには予め覚悟も必要で慌ててはいけません。
なぜなら一番つらいのは本人なんですすからね。

とりあえずこちらの動画をご覧になってみてください。

残り少なくなってきた親との最期の時をどう過ごすか?
それがとても大切だと私は思います。

親の死が怖いというあなたへ
親の死に目に会えなくても自分や他人を責めてはいけない|看取り

親にお死に目に立ち会えなかった
危篤の知らせを受けて病院に駆けつけると・・・・
すでに意識はないかもしれません。
臨終(看取り)|親が息を引き取る瞬間はごくわずかでしかないのです。
ご家族が息を引き取る瞬間は、
一切気を遣わず、看取りに集中しましょう。
最期の別れをするための時間の共有はもう限られているのです。
でも、いろいろな理由で親の死に目に会えないことも覚悟しなければいけません。

仕事・家事などで子供が親の死に目に立ち会えないことも少なくない

これから旅立つお父さんお母さんに、
ただ寄り添っていてあげる
それで十分な看取りといえるのではないでしょうか?
この世から旅立つ親の横に一緒にいてあげることが
なによりの看取りだと
私は考えています。
でも仕事や子育て家事があればずっと最期が近い親に寄り添ってあげていることもできません。
まして遠く離れて暮らしていればなおさらです。

親の死が怖いというあなたへ
自宅で親を看取るということ | 最期を我が家で過ごす覚悟

「家に帰りたい・・・」
最期が近い入院中の親がそうぽろっと口に出した時にあなたならどうしますか?
家の帰してあげたい気持ちはあっても、家には今の親の体調を整える医療体制はありません。
「家に連れて帰る」=「死期を早める」
ということになります。
在宅で親を看取る?このまま病院で看取る?
究極の選択を子供は迫られます。

「家に帰りたい」と訴える親の願いをどうするのか?

難しいテーマです。
最後の希望はかなえてあげたい・・・・
それは親を思う子供なら誰でも考えること。
しかし、現実ばそう簡単ではありません。
さまざまな大変な現実が待っています。
それをしっかりとご理解した上での決断が必要かもしれません。

親の死が怖いというあなたへ
うっかり厳禁【親の死後】すぐに行わないといけない手続きのこと

相続手続き

もしもあなたが長男?一人っ子?ならば最悪の事態も想定しておかなければいけません。
それは悲しみにくれている家族になりかわってさまざまな手続きを行わなければいけないのです。
親の死後すぐに行わなけれあbいけない手続きってかなり煩雑で面倒です。
しかも各ご家庭の事情や財産状況によって異なります。
ここでは時系列を追って相続手続きの種類を順番にご説明いたします。
必ずしもこの期間内で行わなければいけないものではありませんが一つの目安として
親の死後に行わなければならない手続きスケジュール確認にしてください。

親の死が怖いというあなたへ
機会があればお葬式のことも話しておきませんか?

家族葬
どんなお葬式をあげてあげるのか?
できれば事前に親の考えを訊いておければ子供のその対応がしやすいものです。
今は一般的になった「エンディングノート」ですがもとかこの映画がスタートだったような気がします。

しかし、これってなかなか子供のほうから質問するのも難しいですよね。

最近では私も葬儀に参列する機会もめっきりと減りました。
それは近親者のみの小さなお葬式である家族葬がすごく増えてきているせいかもしれません。
ただ、家族葬自体が遺族・親族などだけで行われるためあまり家族葬のことを詳しく理解している方も少ないはずではないでしょうか?


親の死が怖いあなたへ
とても辛くて悲しい「親の死をどう乗り越えるか」

母ロス

私も自分の両親を見送って初めてわかったことは
親との別れがこんなに辛いものとは・・・?
ということを実感したことです。
頭ではわかっていたのに、実際に親との死別したことの現実をなかなか受け入れることができないのです。
実家に帰れば「おかえり!」といまでも母の声がしそうです。
なにか些細なことでも親との思い出がフラッシュバックしてがこぼれます。
もう両親が亡くなって何年も経っているのイ・・・

この親が亡くなったことで心の病(うつ)にまでなってしまう子供もいます。
どうやって親の死という現実から立ち直るのか?
これも大切なことなんです。

親の死は怖いのはあなただけじゃありません

きっと親の死が怖いあなたは
どう親と接すればいいのか?
小さな胸がつぶれそうな苦しさを抱えていると思います。
でも、それはあなただけが感じていることではなく、子供たちはみんな「親の死が現実になった時」に陥ることなんです。

泣く江本

とても辛くて悲しいことばかりをお伝えするのは私も心が痛みます。
でもこの「親の死」はいつか起こってしまうことなのです。
少しでも「覚悟」と「心の準備」ができることを心からお祈りしています。
とても、とても辛くて大変なことだとは思いますが頑張ってください!
ただ、あまり無理はしないでくださいね

葬儀のことって意外とよくわからないことばかりですよね。
費用?やり方?お布施?戒名代?
急な葬儀でなにもわからないまま葬儀を行うと後で後悔することもあります。
気軽になんでも相談できる葬儀社をご紹介しておきますので、不安のある方はまず相談や資料請求だけでもされておいてはいかがでしょうか?

■低価格の火葬式・家族葬を提供「葬儀コンシェル」
総額料金明示、葬儀・布施など、業界最安水準
火葬式:18.7万円
家族葬:48.7万円
追加料金:0円
お布施:3.5万円~
急なお葬式にも迅速対応(全国可能)分割ローン・クレジット払い相談可


■TVCMでおなじみ「小さなお葬式」
追加料金のない定額制
分割ローン。クレジット払い、後払い相談可
・主な葬儀プラン:火葬式16.4万円~家族葬45.4万円~
全国47都道府県対応(4,000式場以上の中からご希望にあった場所でお葬式が可能)