認知症の症状に「被害妄想」があることを知っておいてくださいね

子供を泥棒呼ばわりする認知症の親

泣く江本

私も母から罵声を浴びたことがあります。
最初 これが認知症だとは思いもよりませんでした。
なんでもないことに怒りだし、『なんでこんなに機嫌が悪いんやろ?』
とやりすごしていたのですが、だんだん我慢の限界になっていきました。

「身体の老い」もあるけど「心の老い」もあるんです。それが認知症というものです

不思議です。
身体が病気や不自由な高齢者ほど頭がクリアー!
しかし、身体が元気なほど頭がクリアーではない?
これってみなさん感じませんか?

身体のあちこちが痛い!動くのも辛い!
そんな高齢の親ほど八つ当たりというか癇癪を起こします。
でも、それってこっちもその辛さが理解できるから我慢できます。
それとは反対に身体が元気な高齢の親ほど理不尽なことを言い出すものです。

それが認知症の初期症状の被害妄想です。

初期の認知症ってなかなか見極めることは難しいんですね。

認知症かもしれない?親と正面から向き合うと精神衛生上 よくありません

難しいことだとは思いますが、やはり泥棒呼ばわりされても
「母さん 認知症気味だから・・・」
と受け流すしか方法はありません。
もちろん 頭にきますよ!
私もどれだけ切れかけたことか・・・?
他の兄弟姉妹たちにもそのことをしっかりと伝えておく必要があります。

笑顔の江本

私の母の場合もなかなか別居の姉や兄は最初 そのことを信じてはくれませんでしたが徐々にいろんな事件があるごとに信じてくれるようになりました。