在宅介護の限界

在宅介護のS・O・Sの相談が止まらない

私のほうにも悲痛なご相談がたくさん寄せられています。

「時々、母の介護から逃げ出したい!と思ってしまいます。
 こんな風に考えてしまう私って親不孝者ですか?」

「親の介護と仕事はとても両立できません。
 しかし、仕事を辞めたら私の生活はどうなってしまうのか?心配です。」

相続対策専門士江本圭伸私も母の介護の時には正直、そんなことが頭をよぎったことも事実です。

「なんで俺だけがこんなしんどい思いばっかりせなあかんねん!」

でも、他の姉や兄にそんな時間的な余裕はありませんし、母の介護を言い出したのはそもそも私です。

でも、頑張りすぎると心も折れそうになることって多いんですよね?

在宅介護家族負担重く 認知症の負担社会で14兆円

ちょっと見てもらいたい新聞記事がありましたので、みなさんにシェアしておきますね。

在宅介護家族負担重く 認知症の負担社会で14兆円

PK2015052902100143_size0
 認知症の人の医療や介護で社会全体が負担している費用は、二〇一四年時点で約十四兆五千億円に上るとの研究結果を厚生労働省研究班(代表・佐渡充洋(みつひろ)慶応大助教)が二十九日、発表した。このうち介護保険サービスとは別に家族が自ら行う介護や、仕事を辞めたことによる収入減などを費用換算すると、約六兆二千億円に相当する。
 厚労省によると、認知症のケアに掛かる費用の幅広い推計は初めて。国は介護保険財政の膨張を抑えるため、施設から在宅介護への移行を進めているが、家族負担の在り方を含めた対策作りが課題となりそうだ。
 研究班は、団塊ジュニア世代が八十五歳以上になる六〇年には、社会負担は約二十四兆三千億円に膨らむとも推計。佐渡助教は「限られた財源で患者や家族の生活の質をどう向上させるかが課題だ」と指摘している。
 厚労省によると、認知症の高齢者は一二年に四百六十二万人、二五年には六百七十五万~七百三十万人に増えると推計されている。
 一四年の社会負担の内訳は医療費一兆九千億円、介護費六兆四千億円、家族が自ら行う介護などは六兆二千億円。医療費と介護費は患者のレセプト(診療報酬明細書)のデータなどから計算した。
 家族が行う介護などは、全国の医療機関や支援組織を通じ千四百八十二人を調査した。一週間の介護時間や内容を尋ね、介護サービスの単価を基に費用を算出。さらに介護のために働けない経済的損失を、性別、年代別の平均賃金を参考に足し上げた。
 介護費の内訳は特別養護老人ホームなどの施設に入っている場合が一人当たり年間三百五十三万円。これに対し、在宅での介護サービス利用は二百十九万円、家族が行う介護は三百八十二万円で、合計すると施設よりコストは高かった。
 研究班によると、調査手法は異なるが、英国の一三年の社会負担は約三兆九千億円、米国では一〇年に約十七兆五千億~約二十四兆円との推計もある。
東京新聞より

やはり在宅介護の人は大変な負担が強いられています

でも、ここで注目して欲しいのは・・・・?

 介護費の内訳は特別養護老人ホームなどの施設に入っている場合が一人当たり年間三百五十三万円
これに対し、在宅での介護サービス利用は二百十九万円、家族が行う介護は三百八十二万円で、合計すると施設よりコストは高かった。

在宅介護のほうが経済的負担が大きい?

意外なデータでしたね。
老人ホームなどの施設介護よりも在宅介護のほうが高くついているとは・・・・?



お金が無いから在宅介護?は当てはまらないかもしれない?

介護のお金

「施設介護のほうが在宅介護よりも経済的負担が小さい」
ということから、お金のことだけを心配して特別養護老人ホーム(通称:特養)などの入所をためらっている方も多いのでぜひこのことも決断するときの材料にしてみてくださいね。



でも、やっぱり私は住み慣れた家での在宅介護がいいと考えています。

相続対策専門士江本圭伸
住み慣れた我が家で過ごすことがなにより親にとっては幸せなことだと思います。
私達兄弟も母の介護の時には可能な限りそう心がけてきました。
しかし、現実にはどうしようもなくなる時がやってくるんですね。

特別養護老人ホーム(特養)にはすぐには入れない

ただ、今は親を特別養護老人ホーム(特養)に入れようと考えても簡単にはできないのです。

原則要介護3以上でないと入所もできません。
要介護3とは、ほぼすべての生活に介助が必要なレベルの介護度です。

また、入所待ちの方がたくさん待機しています。
いざ、申し込んでも特別養護老人ホーム(特養)には入れるのは数年先?
ということも珍しくありません。

ですから、予め特別養護老人ホーム(特養)などの状況は常日頃から情報収集しておいてくださいね。

特別養護老人ホーム(特養)の新規開設や入所待ち状況などは、ケアマネージャーさんと話してみるのも良いと思います。