離婚した前妻との子供に遺産相続させない方法を教えてください

前妻
私たち夫婦はお互い再婚同士です。
私(妻)は45歳で専業主婦です。
夫は52歳でサラリーマンです。

私(妻)にも別れた前夫との間に子供が1人
夫にも別れた前妻との間に子供が2人います。
両方とも子供は前夫・前妻が引き取っています。
そして私たち夫婦の間にも子供が2人います。

前妻との子に遺産が渡らないようにするには、
遺言状があれば大丈夫と相続に詳しい聞きました。
そんな遺産と呼べるほどの多額の財産はありませんが、
ある程度の預貯金と数年前に購入したマイホームがあります。

主人が会社の定期健診で小さなガンが見つかりました。
それほど大きなものではなく、手術も比較的簡単でした。
しかし、私には少し不安が芽生えました。

もし突然主人が亡くなれば、家と預貯金のどちらも遺産となり、
名義変更や(口座凍結後の)預金の引き出し(口座の解約?)には
前妻との子の同意が必要と教えていただきました。


前妻との子供とは一切交流は無く
(少なくとも私は会ったことがありません。主人はどうかは知りません)
私はどこに住んでいるのか?連絡先も知りません。(知りたくもありません)
そのため、前妻の子供に相続手続き(預金解約・家の名義変更)のために
ハンコをもらう必要の無いようにするには公正証書遺言がいいとききました。


そこで少し教えていただけますか?


Q1:遺言状で相続人を指定(前妻の子供を排除)しておけば、
   家の名義変更や銀行口座解約の際、前妻の子の同意は一切いらなく
   勝手に進められるのでしょうか?
   また前妻の子には全く相続権がなくなるのでしょうか?


Q2:遺産相続で前妻の子供に相続権がある(同意・印鑑証明が必要な)ものは
   何かありますか?


Q3:生命保険は受取人は私だけなのですが、これにも前妻の子供に
   なにか印鑑や同意書などの手続きは必要ですか?

Q4:私自身名義の銀行預貯金があります。
   私にも前夫との子供がいますから私自身も同じように
   公正証書遺言を作っていた方がいいですか?


たくさんの質問ばかりでもうしわけありませんが教えてください。
よろしくお願いいたします。

遺言書

いくら遺言書で相続人を誰と誰と指定しても、
法律で最低限保証された遺留分というものがあります。

「前妻の子供には1円も遺産相続させない!」と遺言書を書いても
残念ながら今の法律では最低限遺産相続できる権利(遺留分)と言うものが保証されています。
この場合、法定相続割合の半分です。
ただ、この遺留分を請求するかどうか?は相続人の自由です。

子供が相続人である場合の遺留分は法定相続分の半分になります。
遺言書で子供の誰かには『1円も遺産相続させない』と書いていても、
1円も相続させないと遺言書で書かれた子供でもこの遺留分に相当する分の遺産は相続できる権利があるのです。
ですから法律的には完璧である公正証書遺言を書いておいたとしても、
もしその前妻の子供が遺留分の請求をすれば、他の相続人は、この遺留分を遺産の一部から渡さなければいけないのです。

ただし、この遺留分を請求するかどうかは本人の自由です。
ただ、この遺留分減殺請求権を行使されるかもしれない?しないかもしれない?
そんな宙ぶらりんの状態はいつまでも続きません。
この遺留分を請求できる期間は、
自分の遺留分が侵害されていることを知ってから1年間
または相続が開始してから10年間です。

ですから、夫が亡くなったことを伝えて(お葬式には出てくれるのでは?)から1年間
または連絡しなくても亡くなってから10年間経てば前妻の子供は遺留分減殺請求はできません。

死亡生命保険金は、税法上は相続税法上は相続財産となりますが、民法上は相続財産ではありません。
相続財産ではないのですから、遺産分割の対象などにはなりません。
ただし、保険金も相続財産に著しく差があり(1円も相続させない)
相手方が家庭裁判所に遺産分割の調停を申し立てた場合は
相続財産の分割に考慮されるばあいがあります。
例えば、相続財産が1000万円しかないのに死亡生命保険が1億円もあり著しく差がある場合には
相続財産を法定相続通りに分けると、かえって不公平になると家庭裁判所に判断されて
相続割合を変えるように指示されることもあります。
(保険金は分配する必要はありません。)

回答1:公正証書遺言にするのは賢明です。

なぜなら、公正証書遺言を作成し遺言執行人まで指定しておけば
公正証書遺言だけで粛々と手続きはできます。
自筆証書遺言であれば、その遺言書が有効であるとするために家庭裁判所で検認を受ける必要があります。
検認は基本相続人全員に通知が行き、自筆遺言書を開封する場に出席要請されます。

たとえ遺言書で相続人を指定しても、指令されなかった相続人の相続権はなくなりませんし、
もちろん遺留分も保証されています。

回答2:遺言に書かれていない財産が後で発見された場合には、
その相続財産を分割するために相続人全員の同意が必要。

その場合は前夫との子供も含めた相続員全員の戸籍謄本や印鑑証明、および遺産分割協議書に自署の署名が必要です。

回答3:生命保険の手続きについては妻だけでできると思います。

回答4:夫婦互いに公正証書遺言書を作っておくことは賛成です。

夫に公正証書遺言書を書いてもらうことを促すために、
妻自身も公正証書遺言を書くという提案は良いと思います。

ただ、公正証書遺言書ならば公証人がアドバイスしてくれると思いますが
夫は夫の遺言書、妻は妻だけの遺言書を作らないといけません。
夫婦で1通の遺言書は無効です。

ですから、公正証書遺言あれば
前妻の子供を探して亡くなった旨の連絡しなくてもとりあえずは相続手続きはできます。
ただし遺留分減殺請求権の時効までに請求されたら払う心づもりという考え方もできますね。
※あまりお勧めはしませんが・・・

とにかく公正証書を作っておけば、
小さい頃に離婚で別れてしまった子供が父親のことさえ覚えてない前妻の子に
突然『あなたのお父さんが亡くなったからこの書類にサインして』
なんて言うのは残された奥様にとっては辛いことです。
前妻には伝えても、わざわざ子供本人に知らせずに済む方法として良い方法です。
なぜなら、父親は再婚相手の夫とずっと信じてきている子供もいるからなのです。
もちろん子供の年齢にもよりますけどね。
※思春期の子供って多感なものですからね

笑顔の江本

そこまでしっかりと考えれている奥様ですから、きっと相続トラブルは避けることができると思います。
頑張ってくださいね!