笑顔の江本

『うちには遺産と呼べるような財産なんかありません!』
と安心している方がどれだけ多いことか・・・?
でもね、それでももめるんですよ!
介護 や相続ってね・・・
ほら年金ひとつでもこんな無茶な要求がくることもあるんですよ!

「親の年金をこっちにも渡せ!」という子供の主張

「親の年金を渡せ」という子供
高齢の親の介護をしていると必然的にその親の財産管理もすることになります。
そうすると他の兄弟姉妹たちから
『あいつ、親の年金をネコババしてるんじゃないか?」
なんてあらぬ疑いをかけられることもあるのです。

では実際の実例をお聴きください。


わずかな年金であってもあてにする子供もめずらしくありません

基本的な法律すら無視してめちゃくちゃな要求をしてくる子供はめずらしかうありません。

泣く江本

私に寄せられるご相談でも多いです。
そして私が正論を諭すと逆切れされます!

お金って魔物です!
百万円というお金でも
普通の常識ある方であれば「たかが百万円」
でも、ちょっとお金に困っている方なら
「ひえぇぇぇぇ!百万円!」
なのです。
だからたかが百万円でも裁判沙汰までもめるんです!

毎月親に20万程度の年金が入っていれば、「その年金が欲しい!」という子供も正直少なからずいるのです。
「親の年金は子供のあなたのものじゃないんじゃないですか?」
と優しく諭すと
「同居の子供が食いつぶしている!これじゃ父さんが母さんが可愛そう!」
と主張されることがほとんどです。
もし、それが本当なら成年後見人を申し立てればいいのですが
この成年後見人の手続きは煩わしく、また親自身が重度の認知症など判断能力が欠如していないと家庭裁判所は認めてくれません。
また一度青年後見人を申し立てると毎月費用もかかりますし、まして親の財産がすべて後見人に任すことにあるので自由に使えなくなって本当に面倒なことにんることも知っておいてくださいね。
成年後見人は四角四面の融通の利かないものなのですから・・・。

だから遺産と呼べる財産がなくても親子でお金の話をすることは大事なのです!

笑顔の江本

少ない財産でもりっぱな遺産です。
そして遺産はきちんと親子みんなで話し合っておかないともめます。
そして介護にもお金がかかります。
相続のことはもとより
介護のお金にことも話し合っておいて下さいね。

介護や相続のことは性善説ではなく性悪説で考えておくべきです

「まさか、あいつがそんなことを言い出すだなんて」
これは介護や相続ではよくある話です。
人間 時間が経ったり状況が変われば考え方もコロコロ変わるものです。

笑顔の江本

だから
「人間とは気持ちがコロコロ変わるもの」
「人間とは時にむちゃくちゃな要求をしてくるもの」
と考えて親の介護や相続は考えないといけませんよ