親がたとえひとつでも不動産を持っていたら知っておくことは
相続で不動産の共有はできるだけやめておくようにすべきだということです

親から相続した不動産の売却依頼を受けて、まず調べるのは権利状態です。
そこで、複数の共有名義だとちょっと二歩三歩後ずさりしてしまいます。

「共有名義の不動産は気をつけろ!」
というのはこの不動産業界では当たり前のことです。
まあ、なかなか意見がまとまらないことは日常茶飯事ですからね。

共有名義で不動産を相続することは、
時限爆弾を抱えているのと同じくらい危険だ

不動産相続で共有名義は危険である

その相続した不動産をどうするか?
はその不動産の名義人の持分割合に関わらず
全員が納得了承しないとなにもできないのです。

「じゃあ、この際、その共有名義の状態を解消しよう?」
いえいえ、それも簡単ではありません。

他の共同名義人の持分を買い取るにしてもなかなかその賠償金額を決めるのも一苦労です。

典型的な相続不動産の共有名義でもめたトラブル例をご紹介しておきますね。

笑顔の江本

私自身は代償分割と言ってお金で弁償するが一番と考えています。
「泥棒に追い銭」とお怒りの方も多いですが
もう争いごとに疲れているあなたには『手切れ金』と思ってさっぱりしませんか?
もう兄弟姉妹の縁なんか切ってしまって