40年ぶりの民法大改正で自分で書ける自筆証書遺言がかなり書き易くなった

今回 ご存知の通り相続に関する民法が大改正される予定です。

今回の改正法案の主な内容

  • 自筆証書遺言制度の見直し
  • 配偶者居住権の創設
  • 夫婦間での自宅の贈与等を保護する制度の創設
  • 預貯金債権の仮払制度の創設
  • 相続人以外の者の貢献を考慮する制度の創設

があります。ひとつひとつ吟味していかないといけないのですが今回は自筆証書遺言について私なりに考えてみます。

自筆証書遺言が民法改正で書きやすくなった

自筆証書遺言書は一言一句すべて手書きの原則だったがそれが若干緩和されました

自筆証書遺言が公正証書遺言に比べて大きなメリットとはなんと言っても気軽にいつでも書けるという点ですよね。変な話チラシの裏に殴り書きのような遺言書でも法律的要件を満たしていれば有効な遺言書になります。

ただこの自筆証書遺言は、一言一句その全文を自署(手書き)する必要があります。
(民法968条1項)
確かに「全財産を◎◎に相続させる」というものならそれでも良いのですが、そうそうそんな簡単な遺言書だけではありませんよね。本当に大変なのは財産目録の作成です。しかもきちんと特定できるように記載しないといけないのです。
不動産なら登記簿どおりに書きます。(住所ではないですよ)
銀行預金ならきちんと特定できるように記載しないといけません。
この遺言書本文だけならともかくズラズラ~と長いのは財産目録なのですがこれもすべて手書きで書かないといけないのです。
もちろん遺言者本人が!ですよ。
そして、もしも誤字脱字の訂正はきちんと決まった様式で訂正しなければいけません。
これができていなければ無効になる可能性もあるのが自筆証書遺書遺言です。
も全てになります。
(民法968条2項)

最後の最後で書き間違い?そうすると最初から全部書き直し?そんなクソ面倒くさいのが自筆証書遺言なんですね。

今回の民法改正案で、自筆証書遺言のうち、財産目録の部分はワープロで書いてもかまわなくなった

このすべて自筆で書かなくてはいけない自筆証書遺言ですが財産目録に限ってはワープロで作成してもかまわない!ということにありました。
これによりかなり書く負担が軽くなりました。
子供たちがワープロで財産目録を作成して、遺言書本文だけは本人が書くという役割分担ができますからね。
あっ?今はパソコンくらい使える高齢者も多いからそうとも限りませんね。

法務局が遺言書を預かってくれる制度ができる

せっかく書いた遺言書が見つからずにお蔵入り?
そんなことが珍しくないのが自筆証書遺言です。まただれかが内緒で破って捨てられてしまうことも否定できません。
また、公正証書遺言と違って自筆証書遺言は家庭裁判所により検認という手続きを経ないと有効になりません。

法務局において遺言書を保管する制度

今回の改正案では、法務局において遺言書を保管する制度(「法務局における遺言書の保管等に関する法律案」)が創設されることとなりました。
遺言を書いた本人は、自ら作成した自筆証書遺言の遺言書保管所として指定された法務局に対して「わし、遺言書 書きましてん!せやからこれ預かっといてんか!」と遺言書の保管を申し出ることができるようになる予定です。
この遺言書を保管申請できる法務局とは住所地、本籍地、所有不動産の所在地を管轄する法務局となります。
ただし代理申請は不可で遺言書本人が申請しなければいけません。
この場合 保管はデジタル化された画像などで保存されるようです。

遺言者の死後、関係相続人等(相続人、当該遺言書に記載された者など)が保管申請した法務局の遺言書保管官に対して遺言書の証明書(遺言書情報証明書)の交付を請求するという仕組みです。

それでも、私は公正証書遺言など専門家の力を借りた遺言書をお勧めします

笑顔の江本

これだけ世の中に相続トラブルが多発している背景にはやはり遺言書が活用されていないことも大きな要因だと私は思います。
だからこそ、政府もこんな改正案を出してきているのでしょう。
この改正で自筆証書遺言がかなり書きやすくなるkぁもしれませんが、わたしはそれでも公正証書遺言などの専門家の力を借りた遺言書をお勧めします

いくら書き易くなった自筆証書遺言であっても、やはりそこは法律的に不備がないものでないと
せっかく書いた遺言書の意味が無くなる!というケースが少なくないのです。
おそらく法務局の保管にしても、その遺言書の内容まではキチンとチェックはしてくれるものではないともいます。

せっかく書いた遺言書が無意味なものになってしまった例をご紹介しておきますね。


遺言書も大事だけど家族でキチンと相続のことを話し合っておくことも大事ですよ

法律的なことも大切ですが、やっぱり気持ちのことも考えておくことも大事です。
いきなり「こんな遺言書がでてきたからこうする!」とか強引にことを進めると「ほんなら遺留分減殺請求するぞ!」なんて相続トラブルに発展してしまいます。
やっぱり家族みんなできちんと相続の話し合いを持つことって大事だと思います。
そんなお手伝いもしています。

相続介護の家族会議開催
親の介護や相続で争わないために