登記簿を調べたら、親とは違う名義だった

建物登記簿謄本
長年 親や子供の自分たちが何十年も住んでいた。
そこで相続や賃貸アパートを建てるために登記名義人を法務局で調べてみると他人名義だった・・・?

そんな風に相続登記などの相続手続きを放置していることってよくあるんです。

では、実際のケースをお聴きください。

やはり相続には直接関係ない人たちほどヤキモキするものです。

少しお話はずれますが・・・

みなさん、自分の良いように解釈するものです。

「女ばかりだから、男のお前が家を継ぐものと親戚は言っている」
とこのご相談者は考えているようですがちょっとそれは「フライングかな?」なんて私は感じます。

あと、私にご相談いただくケースでも
「たぶん そうです」
「おそらくそうです」
というあいまいなご返事が多いんですね。

現実に徹底的に事実を調べないと的確なアドバイスもできませんし、徒労に終わることも珍しくありません。

まずは自分なりに徹底的に真実を調べてみることも必要です。

法務局に行って登記簿謄本を調べてみる。
戸籍謄本を調べてみる。
相続税が心配なら路線価も調べてみる。

そこが全てのスタートラインになります。