576348私もよくこんなご相談を高齢の親御さんから受けるのですが
「◎◎さんはどうしたいのですか?」
とお尋ねすると答えが返ってきません。

こんな時に私はどう返事をすればよいのでしょうか?
いつも悩みます。

「自分の相続の時に子供たちに実家をどう相続させたいのか?」
この考えがまとまっていないとご相談されても困ります。

親子で話し合うことも大切ですが、まず親自身が考えをまとめる必要があります。

各ご家庭にはそれぞれのご事情もあります。例えば今回の場合は二世帯住宅を建てて一緒に暮らす娘さんの離婚ですよね

泣く江本

私はいつも
『二世帯住宅を建てるときにはくれぐれも慎重に!』
とお願いしています。
今回も親の土地に娘夫婦名義の家を建てているのですが
こんな場合は離婚に至った場合は問題になります。
今の夫婦って結構簡単に離婚してしまうのです。

二世帯住宅を建てて、実親と暮らしている娘さんには
「もしも親が亡くなった後もこのまま子供たちとこの家出ずっと暮らしていたい!」という希望もあるかもしれません

でも、しれは子供である娘さんがきめることではなく財産を持っている親自身が決めることではないでしょうか?
もし、勝手にそんなことを決め込んでしまうと他の子供たちが黙ってはいません。

しかも話は単純ではなく
自分たちの老後・介護のことまで考えて決めなくてはいけないのです。

泣く江本

しかし、いつもこんなご相談を高齢の親御さんから受けるたびに
『なんか他人事みたいに軽く考えていらっしゃるなぁ・・・
 相続でもめたら本当にそれは修羅場なのに・・・・』

と感じてしまう信者う私です。

でも、相続・老後・介護の不安をただ漠然と感じているけれどどうしていい川からない方も多いのです。

なかなか親子全員でちゃんと相続・介護・老後のことを話し合う機会なんてありませんよね?

私のほうでもこんなご協力をさせていただいております。
とりあえずはみんな親子・兄弟姉妹全員がしっかりと共通認識をもつことが相続トラブルを回避する唯一の方法です。

private-seminur

相続のことをみんなで話し合う機会を作ります。
子供と親が意外と考えていたことが違っていて驚かれる方も多いです。
いつか親の本音・子供の本音を腹を割って話し合っておくことが大事です。
親が亡くなる前の相続トラブルを解決するのが1の力とすると、親が亡くなった後の相続トラブルを解決するのは100の力でも難しいことをしておいてくださいね。
遺産相続ミーティング


親子兄弟姉妹全員で話し合う相続ミーティング
でもいきなり親に相続にことを切り出すことは抵抗がある子供さんも多いのが現実。
まずは、相続のことだけでなく老後・介護のことから話し合いませんか?

あなたの自宅や実家で行う親の老後・介護・相続の出張セミナー