関西空地空家見守り隊参上

親が老人ホームに入ってしまった?
親から実家など不動産を相続したがそのまま放置している?
そんなご事情で空家のまま放置されている実家が激増しています。
きっと子供のあなたのご近所でもそんな雑草が生い茂っているようなお家のひとつやふたつは見かけられているのではありませんか?

『そんなことを言ってもこっちは遠く離れて住んでいて、そもそも管理もできませんから仕方ないじゃないですか!』
とご事情はよくわかるのですが、それでご近所さんたちが大迷惑しているのですよ。

空き家の親の持ち家(実家)や空地の放置は社会問題化しています。

ニュースでも取り上げるくらい、全国で空家問題が数多く起こっていますが、
なぜみんさん放置したままなのでしょうか?

様々な理由で放置される親の持ち家(実家)の理由

親の持ち家が空き家で放置されるのには様々なご事情や理由があります。

  • 高齢の親が入院した。
  • 高齢の親が老人ホームへ入所した。
  • 相続が発生したが、遺産相続でもめている。
  • 親の思い出の家を売却する決断ができない。
  • いずれは帰って住むかもしれない。

そんな様々なご事情を解決するには時間が必要です!

しかし、そのまま親の持ち家(実家)を空き家のまま放置しておくと大変なことになることもあります。

台風・地震などによる倒壊!
防犯・防火の問題!
雑草などが生い茂ったりしてご近所に大きな迷惑をかけてしまう!

しかし、
遠く離れて住んでいる!
仕事が忙しくて、見に行けない!

そんな方も多いですよね?