誰かが切り出さないと親の老後・介護・相続の問題はなにも解決しないのです

登場人物B

お前たちの世話にはならないよ!

そんな強がりばかり言う高齢の親も多いですよね?
でもその親の本音はそうだとも限らないかもしれません。
そんな方の実際のご相談をお聴きになってみてください。

でも、現実的に親との同居までは二の足を踏んでしまうのが子供の本音ではないでしょうか。
「下手なことをいって親の介護を押し付けられてはかなわない!」
ということかもしれませんね。

親が勝手に考えている介護・相続にとらわれてばかりいると、後で大きなしっぺ返しを食らうかもしれません。

親とは離れて住む長男親と遠く離れて暮らしている長男

俺は長男だけど、離れて住んで数十年も経つし、距離的にも親の面倒はみれないよ。
そのあたりはお前たち弟と妹でなんとかやってくれないか?

親の介護を避けている次男親の介護は避けたい次男

親父や母さんはやっぱり
長男の兄貴に面倒をみて欲しいんじゃないか?
いつも口癖のように兄貴のことばかり言ってるよ!
(本心は親の介護について巻き込まれたくない?)

親の介護を押し付けられている近所に住む娘近所に住む娘

もう、お兄ちゃんたち 何を悠長なことを言ってんのよ!
父さん母さんたちの今の状況をわかってんの?
この前も父さんは持病がかなり悪化してるってお医者さんに言われたし、母さんも家で転んで骨折したのを知ってるじゃない!
親の面倒を全部わたしに押し付けるつもり?

不動産相続対策専門士江本不動産相続対策専門士江本

みなさんのお気持ちやご事情もよ~くわかるのですが、
ここは現実を直視してみさんで本音で語り合いませんか?
不動産屋の私はこんな4つのご提案をしています。
親の老後・介護・相続の問題って
最善の対策なんて中々見つかりません。
事前の対策が一番大切なんです!

「お・・・お・・・お前、なんちゅうこと言い出すねん!アホか!」
といつも叱られっぱなしの私です。

でも、こんな大変失礼なことをご提案する私をどうか怒らないで、
私の話も少し聞いていただけませんか?