親の反発は避けられないが、それでも
実家の売却 引越し は説得すべき?

登場人物A息子 登場人物B

『 親父、独り暮らしは大変だろ?
 そろそろこっちに引っ越してこないか?』
『お母さん、最近 買い物とか病院とか大変になってきたんじゃない?
  もっと便利なところに引っ越したら?』

と、せっかく言葉をかけてあげても・・・

同居を拒絶する父親拒絶する父 同居を拒絶する母親怒る母

『わしは、おまえたちの世話にはならん!』
『なに言ってるんだい!あたしゃ、長年住んでる
 この家の畳の上で死にたいんだよ!』

高齢のお父さんやお母さんの気持ち・・・・
痛いほどわかります。
「この歳になって、引越しだなんてとんでもない!」
と考えるのも無理はありません。

でもね・・・・

困り果てた子供さんから
親の老後・介護・相続の相談を受けても、
もう対策は無いか?ほとんど限られている

いろいろな方からの親の老後・介護・相続いについてS・O・Sをいただくのですが
ほとんどのケースは時すでに遅し・・・
もう、どうしようもない・・・
ことが多いのです。

もう少し早めに決断していたら・・・

親ももっと楽しい老後の生活がおくれるし、
子供は親の介護の負担が軽くなるし、
相続ももめにくいのに・・・

そのためには、
親が早めに 実家を売却して、引越しをしていただくこと
なんです。

しかし、それには子供が高齢の親を説得しなければいけません。
これって本当に大変です。
でも、避けては通れない道なのでそのメリットも知っておいてくださいね。