年老いた親の財産管理を任されていたが、
相続になったら疑われた?
知らない間に親の遺産を勝手に使い込まれていた?

老いた親御さんはお足腰も弱り、銀行・郵便局・市役所などに出向くのも億劫になりがちです。

年金の管理
定期預金や生命保険の手続き
生活資金の出し入れ

それら全てを誰かに任せ、あるいはそんなことに関心すらなくなってしまう高齢者もいらっしゃいます。

ですから、その財産管理を身内の誰かに任せきりにしているため
他の相続予定者が遺産の把握ができていない?
そんな場合、遺産に関する情報が共有されていないことが原因で相続トラブルが起こることもあります。

【参考例】
母親の介護を三女に任せきりだったのですが、
相続する親の遺産内容を詳しく教えてくれない

私は三人姉妹の長女です。(61歳)

私と次女は既に嫁いでおり、その嫁ぎ先は実家から離れております。

父は数年前に亡くなり、年老いた母親の面倒は、離婚して実家に戻って母と同居している三女がみています。
※ 三女は無職で母の介護に専念しています。

高齢の母は持病の悪化により入退院を繰り返しており、母の財産管理は三女が全てしています。

そして先日その母も亡くなり、無事に葬儀も滞りなく終えることができました。

その後、四十九日法要で三人姉妹が顔を揃えましたので 母の遺産についての話を、私が切り出しました。

すると三女は血相を変えて
遺産隠しを疑われた三女遺産隠しを疑われる三女

「母さんの遺産なんて、病院代や介護費用、
 生活資金やらでほとんど残ってないわ!」
「そんな姉さんたちが思っているような
 遺産なんてありません!」

と言っています。

私と次女は、
「生前 元気であった頃の母の暮らしぶりから、
 ある程度の財産はあったのでは?」
と思うのですが・・・・・

確かに母親の介護を任せきりだったことは、私と次女にとっては少し負い目も感じていました。

しかし、私はずっと母の面倒や介護をみてきた三女が
「遺産を隠している?」
「私達に内緒で、母が三女だけに遺産分けした?」
「介護や面倒を一人でみてきた見返りとして
 三女が自分の相続分を多く取ろうとしている?」

とは考えたくはないのですが、正直なところ疑念を払い切れません。

このままでは、今まであれだけ仲の良かった三姉妹の関係にも影響しそうです。

本心では
「相続遺産をどこかに隠しているのでは?」
と疑ってしまう他の相続人がいるのも事実

確かに年老いた親の財産を身内の誰かに任せきりの場合、
「親の財産がいくらあるのか?」ということを、
相続人の誰かだけが把握していて、
他の相続人は知らない

こんなケースは珍しくありませんからね。

私にあった相談では、
「親の介護をみてきた兄夫婦だが、最近家を購入した。
 きっとその金は親の遺産を隠して、たからだ!」
と怒り心頭でのご相談でした。
しかし、頭から決めつけるのも少し問題がありますね。

遺産の額や内容が相続人全員に共通の情報として共有されていないと、様々な憶測や疑念がうまれかねません。

遺産が不動産であれば、勝手に処分することなどできないのですが、
現金であればそんな風に使われてきたのかもわかりませんし、
それを隠すこともできないことはありません。

また、実際にはそんな私利私欲で浪費や隠蔽していることもなければ
任された人も、そんな痛くもない腹を探られることは悲しいことです。

しかし、これが人間の正直な気持ちなのではないでしょうか?

何年も離れて暮らしていれば、様々な憶測・推測が働きます。
もっと財産があったのでは・・・?
どこかに隠しているんじゃないか?

その多くは、意外と錯覚の事も多いのですが 両親が亡くなってしまった後では、証明しようがありません

そのためにも、日頃から親の財産情報を
オープンにしておくように努めましょう!

現実にそんなトラブル実例もお聴きになってもらえますか?

せっかく献身的に親の介護の面倒をみてきたのに、 あらぬ疑いをかけられては悲しくなりますよね・・・・

「母さんの遺産 ちょっと少なすぎないか?」
「ひょっとして、使い込んでいるんじゃないか?」
「どこかに隠しているんじゃないか?」

悲しいことですが、疑いをもってしまう相続人がいることも現実なのです。

そんな、あらぬ疑いをかけられないようにするには?

それは日頃から、金銭管理の出入りを細かく記録しておいてください。

これしか対策はありません。

生活資金に使った領収書
介護にかかった費用の控え
などをこまめに残しておくようにしましょう。

ある程度まとまったお金を介護用の口座に移しておいて
支払いはできるだけ振込みにする!
領収書などはノートなどに貼り付けて保存しておく
というのも良い方法です。

意外と介護していない人には、「日頃の介護がいくらかかるのか?」を知らない人も多いのです。
介護って目に見えないお金も多く出ていくものですが、面倒くさがらずきちんと証拠を残しておきましょう。

私は親と遠く離れて暮らしているので、
近所に住む他の兄弟姉妹や親戚に親の財産の管理を全て任せているが不信感がある?

逆に、あなたが誰かに親の介護を任せきりで、その親の財産管理も任せきりの場合もあるでしょう。

そんな方が親の財産について、遺産隠し?遺産の使い込み?を疑ってしまうかもしれません。
しかし、そのことが本人にはとても言えずモヤモヤした気持ちのままずっと過ごしてきた。
悲しいことですが、そんなご相談も多くあります。

そんな時の私のアドバイスは
取引銀行の支店だけでも把握しておいて下さい!
とお伝えしています。

親が生きているうちは、いくら身内でも銀行の残高などは調べられません。
しかし、もし万一の事があった時には、その瞬間から相続人の共有財産になります。

その場合、各相続人の1人からでも、取引銀行の支店に残高証明や過去数年間のお金の流れなどの取引状況も調べることができます。
※ ただし一部の金融機関は相続人全員の了承を要求されることもあります。

ですから、どうしても疑念が払拭しきれないのであれば調べることも可能だということを知っておいてくださいね。
あるいは、そのことを財産管理している方にさりげなくアピールしておくことも防御策としてよいかもしれません。

ただ、その調査手続きは時間も費用も手間もかかります。
兄弟姉妹とカンカンガクガクの大喧嘩をしてまで調べた銀行口座の取引台帳にはわずかなお金の出入りしか何年間もされていなかった・・・

それが原因で兄弟姉妹の関係が修復不可能なくらいギクシャクしてしまった?
ということもありますからご注意を。

この取引銀行の支店がわからないと・・・

もう手当たり次第 勘で探っていかなければいけませんから大変です!

ですので、部屋に飾ってあった銀行からもらったカレンダーやいろいろなノベルティも手がかりにしておいてくださいね。

現実に親の遺産内容を調べようとしたら普通の方にはとても大変なことなんです。 また、いざ徹底的に調べようとしたら兄弟姉妹関係の断絶も覚悟しないといけません。

では現実の遺産相続トラブル例をもうひとつお聴きください

こちらの記事もご参考にしてくださいね。

親の遺産がいくらあるのかわからない?同居の兄や姉が隠していると疑う私はどうすればいい?

少しでも「他の兄弟姉妹から何か言われそうだ?」と不安がある方は
次のレポートも読んでみてください

タナボタの相続泥棒から親の遺産を守る4つの方法





こんな相続がもめる相続!典型的ワースト5

エンディングノート書き方案内人
相続対策専門士の江本があなたのお悩みや不安のお話をうかがいます。
お気軽にこの「無料面談」ご利用ください。

『ズバズバ言うけど、なんかオモロそうなやつだな?』
とでも思っていただけで私は嬉しいです。
「100%なんでも解決します!」
なんて、とても断言などできない私ですがよろしくお願いいたします。

解決の糸口はまず現状把握ですないでしょうか?!

その不動産にいくらの価値がある?
その不動産の問題点は?
他の相続人からすれば、どんな考えをするのか?
客観的にさまざまなアドバイスをさせていただきます。

ご一緒に解決策を私と一緒に探ってみませんか?

実家相続介護問題相所に相談する

まずは、お電話かメールにて面談予約を。
簡単なお話を事前にうかがった後、面談するかどうか?ご判断していただいてもかまいません。

メールによる面談予約やご相談はこちらからお願いいたします。