実家相続介護問題研究所

相続した不動産の売却から介護・老人ホームの相談までワンストップ解決

「成年後見人」の記事一覧

成年後見人制度まとめ

慌てて成年後見人を申立てて後悔しないためのまとめ記事9つ

認知症や障害のある方など判断能力が不十分だと認定される方は契約等の法律行為を行えません。 そこでそんな方のために必要な契約行為や財産を管理したりする後見人等が代理し本人の保護を図るものです。 成年後見人には「法定後見人」 […]
成年後見人制度のデメリット

僕が成年後見人を勧めない理由|報酬は?相続は?親族がなれる?

今あなたが認知症になってしまった家庭裁判所に親の後見人を申し立てるべきかお悩みですか? 意外とデメリットも多いのがこの後見人制度ですからしっかりと理解してから成年後見人を立てるか?決断してくださいね。 確かに高齢者が認知 […]
不動産売買契約

認知症の親を老人ホームに入れるために親の不動産を売却できるか?

原則、認知症の親では不動産売買はできません こういってしまうと身も蓋もないのですが「認知症になってしまうともう不動産の売却はできない!」という現実があります。よく私のほうにも「親の家の権利証と実印は私が持っています!契約 […]
減少傾向の親族成年後見人

「成年後見人は家族がなるのが望ましい」最高裁が考え方を示した!

親がすでに認知症を発症してしまったら「実家など親名義の不動産の売却」「預金の管理」「老人ホームの入居契約」などにたくさん問題が出てきます。 認知症のか他派重要な法律行為はできないのです。(したとしても取り消しができる。) […]
認知症の親の貯金を勝手に引き出す家族

高齢で認知症の親の財産管理で親の通帳や印鑑を保管していても100%安全ではない

認知症の親の貯金を他の兄弟姉妹や親族が勝手に引き出せることがある 高齢で認知症の親の財産管理を任されている子供、それに不満の子供 さまざまな理由・今までの経緯で親の財産管理を任されている子供に不満や不安や疑念を持つ子供も […]
家庭裁判所

姉が勝手に立てた成年後見人が突然母を連れ去り行方知れずに

ある高齢のお母さんが子供のひとり(長女)から勝手に成年後見人をつけられてしまいました。 成年後見人が家庭裁判所から認められてしまうと高齢のお母さんは被後見人となり勝手に財産を処分や使うこともできなくなります。(これを財産 […]
仮面夫婦

長年仮面夫婦で別居してきた夫が認知症?熟年離婚もできないし年金ももらえない?

でも、そんなあいまいな仮面夫婦の期間を長年続けていると ある日、突然 大きな決断を迫られることもあります。 夫が高齢になって認知症になってしまうと熟年離婚もできない そうなんです。 どんな人でも認知症になると重要な法律行 […]