認知症の初期症状に感情の起伏が激しくなり、怒りやすくなるというものがあります。

親が怒りっぽくなったら認知症か?
「以前に比べて、親が怒りっぽくなった・・・」
「なんでもないことに急に怒りだすのはなぜ?・・」

「これってもしかして認知症の初期症状なの?」

そんなご心配をされる子供たちもいらっしゃいます。

年をとれば誰でも意地悪ばあさん、頑固ジジイになるものです。

やっぱり年をとれば
身体も弱ってきます。
今まで簡単に出来てきたことが、難しくなってきます。
例えば、自転車に乗って近所の買い物に毎日出掛けていたのに転んでケガをしてからは行かなくなった。
そんな今まで出来たことが出来なくなってきたことへの不安やストレスは本人にしかわかりません。

だって、誰も自分の老いなんかは認めたくはないのですからね。

で、どうしても他人(たとえ自分の子供であっても)への思いやりや優しさなんて無くなってしまうものです。
要は親自身も余裕がなくなってしまうんです。
身体のあちこちも痛いし、持病も辛い・・・
そんな状況では親が怒りっぽくなってもいたし方ないのかもしれません。

精神科の医師のお話も少しお聴きになってみてください。



ただ、これも認知症の初期症状のサインも疑われます。

そのあたりのさじ加減は難しいのですが、総合的に判断するしかありません。

単に怒りっぽいだけなのか?
それとも・・・

そのあたりは、物忘れの度合いなども考慮すべきです。

物忘れと認知症は異なります。
物忘れとは、なにかヒントを与えれば思い出せるものです。

「お母さん、昨日の夕食はなんだった?」

「えぇ・・晩御飯かい?なんだったかねぇ・・・」

「ほら、私が母さんに頼まれてスーパーから買ってきたじゃない!」

「そうだ、鯖を食べたと思うよ!」

なんて思い出すものです。

しかし、認知症の場合は記憶自体が抜け落ちるので、ヒントを貰ってもどうしても思い出すことが出来ないのです。