親との同居はうまくいかない
親との同居を始めたがやはりうまくいかない?
それは義両親であっても自分の親であっても同じ事です。
そんな時に親との同居を解消しようと提案すると
「おまえたちが無理やり同居したいっていうから始めたんじゃないか! ほんまに自分勝手なことばっかり言うな!」
と怒り出す親もいます。
もちろん親にも責任がある場合も多いですが子供のほうに責任があると私は思います。

いざ親と二世帯同居を始めたらうまくいかない|自分の親でも難しい

同居の親とうまくいかない

親との二世帯同居生活を始めたことに後悔される子供って少なくありません。
私はたくさんの高齢者とお会いしてきて断言できることは
人間 誰しも歳をとれば意地悪ばあさん・頑固ジジイになる!
ということなんです。

まだ身体が動く間は他の家族への思いやりもあるでしょう。
しかし、加齢とともに
・身体も無理がきかなくなる
・簡単な家事も重労働に
まして、認知症の初期症状に
・感情の起伏が激しく怒りっぽくなる
というのはどの高齢者にもいえることです。

同居を始めた数年間はうまくいっていたとしても徐々にそのストレスは大きくなっていくものです。
それが義両親との同居であっても実の親との同居であってもです。

いざ親との同居を始めたら解消は難しい

同居の気苦労
親との二世帯同居生活を決断することに私は
「くれぐれも慎重になってください!」
とお願いしています。

それはいったん嫁姑どころか実の親でも関係がこじれてしまうとなかな修復が難しい
という理由からなんです。
親との二世帯同居生活
そこには生活ライフスタイルの違い
価値観の違い
はたまた食事の嗜好まで大きく異なることを最初にしっかりと認識しておいて欲しいからです。

実親(実母)であっても二世帯同居ストレスで悩む娘も多い

みなさん、「実の親だから・・・」と安易に二世帯同居生活を考えている方も多いのですが、こんな現実もあるということを知っておいてくださいね。
では、実母との同居生活に嫌気がさしている娘さんのお悩みを聴いてみて下さい。

結婚独立して親と十数年も離れて暮らしていればもはや同居は新たなスタートです。
昔のようにはゆきません。

わずか1年ほどで破綻の危機に陥っている親との同居生活です。

たとえ実親でも実家を離れて数十年も経てば、その生活スタイルや価値観もかなり違います。
まして、昔からうまくいかずことあるごとに衝突を繰り返してきた親子なら、
その二世帯同居生活かなりうまくいかない可能性は高いです。

そこには、せっかく新たに二世帯で住むところを確保したのにうまくいかない親子関係に頭を悩ませているご相談は私のほうにもたくさん寄せられてきます。
実母であっても、一旦親子関係がこじれだせばもう悪循環は止められません。

すでに結婚独立して数十年
その間に互いの考え方や価値観なんて知らないうちに大きく変化しているんです。
また、力関係も微妙に変化しているんです。

親にも同情の余地があるんです。

子供さんからのご相談が多いのですが、お話をうかがうと親御さんにも同情の余地があります。
どんどん体力が落ちていくのが高齢の親です。
また、見知らぬ土地に引っ越しをすれば大きな環境の変化です。
たとえ引っ越しをしなくても、新しく二世帯住宅に建て替えた場合、今までの家電や家具を一式すべて最新式の物に代わります。
高齢のお年寄りなんか今の複雑な電化製品なんてとても使いこなせません。

そして、親にしてみれば
同居生活に過度な期待
を胸にいだいて二世帯同居生活を始めるわけです。
そんな大きな期待を寄せて始めた親との二世帯同居生活なんですけど
いざ始めると
子供たちは自分のライフスタイルを頑なに守り、親のライフスタイルに合わせてはくれないんです。

そこで、ちょっとしたきっかけで
不満大爆発!
という大きな事件が起こりがちなんです。

親とは「同居」ではなく「近居」が良い

近居
だから、わたしは同居ではなく親と子供が適度な距離で離れて暮らす『近居』をお勧めしているんです。
やっぱり
親は親のプライバシー
子供は子供のプライバシー

を互いに尊重しなければいけません。
でも、それが同じ屋根の下の同居生活だとめちゃくちゃ難しいのです。

特に親がまだ元気なうちは慎重に同居を決断しよう

親が未だ元気なうちは口も達者です。
同居生活を始めたあなたの愚痴・悪口を
他の兄弟姉妹たちにストレートにぶつけるものです。

それを間接的にせよ耳にはいったあなたは相当傷つくかもしれません。
「こんなに尽くしているのに・・・・」
なんて涙のひとつもこぼれるでしょう。
怒りに身を震わせるかもしれません。
でも、それが当たり前の現実なのです。

それくらいの覚悟を持って、親の二世帯同居生活は始めてくださいね。

週刊文春さんからもそのことで取材も受けました。みんな悩みは深いのです。


【本格的な老人ホームにはまだ少し早い?】
■積水ハウスグループのシニア向け賃貸住宅
【全国的に希少な自立型】
自宅よりも安心。介護施設より自由な生活
お部屋はバリアフリー使用
食堂や共用部があり、24時間見守りサポート
生活相談員が日中いるので、困ったときにサポート
お部屋が大きく、キッチン、お風呂、緊急ボタンが付いています。
「入居一時金」「礼金」「更新手数料」不要!!


■関東圏特化の老人ホーム紹介「きらケア」
首都圏の全6000件以上の有料老人ホーム、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅へのご入居をサポート
・一人ひとりに担当アドバイザーが丁寧にサポート
介護士の紹介/派遣も行っているきらケアだからこそ知っている内部情報の提供
・首都圏に特化し、空室情報をリアルタイムに把握