相続で遺産分割協議が難航!
まあ、いろいろスッタモンダはあったにせよなんとか無事に相続手続きも完了!
ほっとしたのもつかの間、相続後に?遺産分割協議も終わったのに?再び他の相続人がゴネ出したらどうします?

意外とよくあるのが相続後でも!遺産分割協議後でも?相続手続きが完了後でも!再び不平不満を主張する相続人


一度決まった遺産分割のちゃぶ台返し!
あとからなんちゃらかんちゃらクレームをつけてくる相続人も少なくありません。
もちろん、気が変わるのは人間ですからあることですが、遺産分割協議書にきちんと実印を押して印鑑証明まで添付したのにあとで「やっぱり納得できない!」「気が変わった!」と主張されたらどうしますか?

そんな例をみっつほど介しておきます。

遺産分割協議の内容をよく知らずにハンコを押した!あの時は親が亡くなって悲しくて正常な判断ができなかった

私のほうにもたくさん寄せられるご相談です。
「よくわからずに遺産分割協議書にハンコを押した」
「あの時は親が亡くなって悲しくて悲しくて考える気力も無かった」
なんて言われるのですが正直そんな世の中 甘くないですよ。
遺産分割協議書に実印まで押したのにそれは通用しません。

相続の時に建物を解体する約束をしたのに解体しないから遺産分割は無効だ!

う~ん、確かに親戚の方に遺産分割話に立ち会ってもらうのも良策とはいえるのですが時と場合にもよりますね。(汗)
「もしこの念書を守らないとこれを裁判所に持っていけば遺産分割は無効になる!」
なんていうのはちょっと理解できないです。
遺産分割協議に立ち会ってくれる親戚が利害関係人になる場合は気をつけたほうがいいですね。

「遺留分」ということを後から知ったから今から遺産分割をやり直せないか??

テレビや週刊誌で相続の記事があって新たな相続に関する法律を知ることがあります。
今回のケースは「遺留分」の勘違いです。

おそらくこのケースでは自分の不平不満があったにもかかわらず遺産分割協議書にハンコを押しているような気がします。じゃないと株式の名義変更などはできないともいますからね。
私に寄せられるご相談でも
「よくわからないでハンコをおした?」
「何も考えずにとりあえずハンコを押した!」
と言われる方がどれだけ多いことか・・・(汗)
でも遺産分割協議書にハンコを押すということがどれだけ重いことかをあまりみなさん理解していないような気がします。「ハンコを押す」=「それで納得OKしました」と法律上は認められることなんです。
さらに、親が「自分の遺産をどう相続させたい」かを遺言書まで作っているのにそれを尊重しないのもちょっと虫が良すぎるような気がします。

しかし、そのために「遺留分」というものがあるのですがそ権利を行使できるのは
遺留分が侵害されたことを知ってから1年間、もしくは亡くなってから10年以内に主張しなければいけません。

いったん遺産分割協議が成立したら「諦めてください」or「安心してください!」そう簡単に遺産分割や相続手続きはやり直ししはできません!

後からコロコロ遺産分割の内容を変更されては他の第三者に多大な損害を与えかねませんし、法律もそれを防ぐために遺産分割協議には厳重な要件を備えるように定められています。
遺産分割協議を相続人全員で行なわなければいけませんし、だれかひとりでも反対すれば不成立です。
それをしっかりと確認するために遺産分割協議書は自署と実印(印鑑証明書添付)させているのです。
と自署意を作成して、通常は相続人それぞれの実印を押印して印鑑証明書を添付します。

ですからいったん遺産分割協議が成立したらそう簡単にはやり直しはできないのです!

遺産分割のやり直しができるケースもある

ただ「いったん成立した遺産分割協議は絶対にやり直しができないのか?」といわれればそうでもありません。特殊なケースであれば遺産分割協議はやり直しができることもあります。

遺産分割協議書に記載されていない遺産が新たにでてきた

遺産分割協議が成立した後に新たな遺産が見つかった!という場合もあります。
その場合は新たな遺産部分についてのみ、再度遺産分割協議が必要になります。
相続に強い司法書士や弁護士ならそんなケースも踏まえて
『この遺産分割協議書に記載がない遺産や、後日、新たな遺産が見つかった場合は相続人◎◎が相続する』
と一文入れるものです。

新たに見つかった遺産が多すぎる?(遺産隠し)場合は遺産分割もやり直しに

新たに見つかった遺産が遺産全体に占める割合が大きいのであればの最初の遺産分割協議を無効と家庭裁判所が認める場合もあります。

相続人全員が合意すれば遺産分割はやり直しができるが「贈与」とみなされることもある

このように遺産分割協議はいったん成立したら、それをやり直しことは簡単ではありません。
しかし、
相続人同士のわだかまりが解けた(誤解していることもいいです)
当初は意固地になっていたが時間が経てば他の兄弟たちの主張も許容できるようになった(怒りの感情を鎮めるには時間も必要です)
などの場合、遺産分割協議をやり直すことはできますが遺産分割のやり直しは相続人全員の合意が必要です。

ただここで気をつけないといけないのは遺産分割には「民法」と「税法」がありそれぞれ考え方が異なります

「税法」ではいったん遺産分割協議で確定した名義から新たな名義に移ることは「贈与」とみなされます。
相続税率に比べ贈与税の税率はかなり高いのでくれぐれもご注意ください。

このように後々に問題が起こらないように遺産分割協議は十分に検討をして納得してから作成するのが重要です。
遺産分割は相続に強い専門家(弁護士・司法書士)の意見を聞いて後々の問題の発生を防ぐようにするのが賢明です。
大阪で相続の相談なら税金(税理士)法律(弁護士)手続き(司法書士)片付け(遺品整理業者)など相続の専門家を無料紹介します

遺産分割は「ちょっと損?」くらいがちょうどいい

私は「相続でもめない?」「ずっと仲の良い兄弟姉妹であり続けてほしい!」と考えていますし天国のお父さんお母さんもそう願っているに違いないと思います。
法律上の相続割合はこうなっているから・・・?
遺言書ではこう書いてあるから・・・?

そんなことに固執すると相続はうまくいかないものです。

多く遺産を相続する人はちょっぴり減らす!
少なく遺産を相続する人はちょっと増えただけで納得する!
それが円満な遺産相続のコツだと思います。

きれいごとでは相続はまとまらないのも現実(特に不動産は!)

私はできるなら「不動産を相続したなら売却を考えるべし!」とたくさんの相続トラブルに遭遇して考えるようになりました。
こんなわずかな遺産でドロドロの裁判沙汰の相続トラブルになる!少ない遺産相続ほどよくもめるという現実

相続不動産をお金に換えて少しだけでもいいから他の相続人に分けてあげる。

わずかな金額でももらえる分が増えれば他の相続人も納得できます。(ええ、それは表面上だけかも知れませんが)

あなたが相続した不動産がそこにある限り、他の相続人の不平不満や怒りが何度でも蘇る

他の相続人が実家の前や近所を通るたびに遺産相続の不平不満や怒りが蘇ります。
あなたがそこに住み続ける限り、その怒りは収まらないのです。
だから、売却してその存在そのものをリセットしてしまうこともお勧めしています。

笑顔の江本

いつも皆さんにお話しているのは
相続は「今までの!」そして「これからの?」兄弟姉妹関係の清算
でもあります。自分勝手な主張ばかりする他の兄弟姉妹と仲良くし続けるのにも我慢がいります。いっそ縁を切る覚悟も必要かもしれません。
これはたくさん遺産相続する人にも少なく遺産相続する人(ひょっとしてゼロ?)にも言えることではないでしょうか?

あなたもこの仲のどれかにきっとあてはまる相続トラブルワースト5 介護・相続対策ベスト5 介護・相続のお手伝い