泣く江本

空き家の実家の管理をしている空地空家管理見守り隊の定期巡回をしているとご近所さんからの苦情が出てきてしまいました。
それは・・・

管理させていただいている空き家の実家に蜂の巣ができていた

蜂の巣01
この時期になってくると管理させていただいている空き家の実家にポツポツ蜂の巣が発見されます。
やはり誰も住んでいないとなると蜂たちも安心してすづくるをするからなのでしょうか?
都会ではほとんどミツバチなんかいませんし、超危険なスズメバチも珍しいです。

もちろん危険なスズメバチは私には手に負えませんから専門の業者に駆除をお願いせざる終えませんが
まあ大半がアシナガバチのことが多いですね。

空き家の所有者にすぐに蜂の巣でご近所さんからのクレームが出ていることを連絡

アシナガバチの巣
すぐに空き家の所有者にご連絡させていただきました。
が、しかし問題はこちらの空き家の所有者さんはご主人もすでに他界されています。
お子さんはも遠方にお住まいですしこれには困りました。

死んだ親父の遺言で「綺麗な人には優しくしなさい!」と言われてきた私ですからここは一肌脱ぐ覚悟をしました。
※お母さんは70歳の妙齢のご婦人ですので下心はありませんよ(笑)

幸い巣はかなり小さくアシナガバチのようですので、これなら私にも駆除できるかもしれません。

ホームセンターへ蜂の巣駆除用の殺虫剤を買いに行きました

いまはこんなバズーカ砲みたいな蜂の巣駆除用の殺虫剤スプレーが販売されています。蜂の巣駆除殺虫剤スプレー

無駄になるかもわかりませんが予備にもう1本購入していただき計2本を備えて蜂の巣駆除作戦開始です。

では私の蜂の巣駆除の豆知識から(専門外なのでそこのところはご了承ください)

蜂は黒い色を攻撃?白い色の服を着よう

鉢は黒い色を攻撃するようです。
ですからできるだけ黒い色の服は避けましょう。
私は袖口も防御するため軍手と白いヨットパーカーでした。

できれば頭や顔を守りたくてフルフェイスのヘルメットが欲しかったのですが、今回は用意できませんでした。

気休めにダチョウ倶楽部の上島さんみたいな格好で白いバスタオルでホッカムリしました。

駆除は夕暮れか夜間が良いらしい?

蜂は夕暮れから夜間が活動が鈍るらしいです。
しかし、そんな夜間はまわりも暗く駆除作業もしにくくなによりちょっと怖いので午後の時間に決行しました。
だって駆除した蜂の巣を持って帰らないといけないので明るいうちに駆除決行です。

撤去用に今回は私の秘密兵器である釣り用の玉網を用意しました。

状況がイメージできるよう他の方の蜂の巣駆除の様子をご紹介しておきます。

まあ、私はこんな感じに近かったです・

まあ、大騒動のわりにはすぐに駆除作業は完了しました
笑顔の江本

まあ、今回の蜂の巣の駆除は大騒動のわりにはあっさりと完了しました。
恐るべし!最近の殺虫剤!
ばったばったと蜂が即死していきました。
※蜂さんごめんなさい!成仏してください。ナンマイダァ

泣く江本

ただ駆除して蜂の巣を何重にも重ねたゴミ袋に入れたのですが
帰りの道中 車の後部でブーーンと断末魔の羽音がしていて逃げて飛び出さないか?
とひやひやして帰りました。

もちろん、できるかぎりの協力はさせていただきますが
原則、空家管理においては所有者様のほうで蜂の駆除はお願いさせていただいております。
今回は高齢のお母様しかいなかったこと
蜂の巣は小さいものであったこと
などから特別に対処させていただきました。

くれぐれも蜂の種類にご注意ください。スズメバチの駆除は危険です

スズメバチに刺されて毎年何人かの死者が出ているくらい危険な蜂です。
ススメバチの巣の駆除の場合はやはり専門の蜂駆除業者に依頼するのが賢明だと思います。
大阪で相続した実家が空き家なら【1年間無料】で管理します!

まずはお気軽にご相談ください!(相談無料・秘密厳守)

06-6787-4055 (受付時間 平日9:00~18:00)水曜日定休

【対応エリア】 住み替えや実家の売却⇒関西一円
老人ホーム無料紹介⇒大阪市内、東大阪市、八尾市、柏原市(その他のエリアもご相談可)
親の介護や不動産の相続で不安や悩みのある方へ