実家の解体取壊し工事

誰も住まなくなった空家に近所や役所から苦情の知らせが来てはいませんか?
誰も住まなくなった空家はあっという間に老朽化します。
ものの数年間で空家はオンボロに朽ち果ててしまうのです。
そんな今にも倒壊寸前の家はご近所にとって恐怖の代物になってしまいます。
なので、相続した実家などが空き家なら早めに解体することも考えないといけません。
でも、その建物解体費用っていくらくらいなのでしょうか?

空き家の解体費用がないからこそ相場を知る(ぼったくり業者に騙されない)

建物解体

空家の解体取り壊し費用はその物件によって異なります。
広い道路に面していて、大きな重機が搬入できるところもあれば
狭い道路で人力でしか壊せないところもあります。
また、連棟長屋であれば切り離しのよる補修工事も行わなければいけません。
その条件によって、解体費用は増減してしまいます。
ですがある程度の目安となる相場もぜひ知っておいてください。

解体取り壊し費用の相場の目安

木造住宅の解体費用
坪当たり3万円~4万円程度
骨造住宅の解体費用
坪当たり4万円~5万円程度
鉄筋コンクリート造住宅の解体費用
坪当たり5万円~6万円程度
これがひとつの目安となります。
ただ、これは地域にもよって若干増減してしまうこともあります。

ご自分の所有している住宅の延床面積の合計を3.3平米で割って大体の坪数を計算したら
この解体費用坪単価を掛けてみていただければ概ねの解体費用の目安が計算できます。
延べ床面積がわからない場合は
・登記簿や権利証
・固定資産税請求書
から調べてみましょう。
固定資産税

また、気を付けていただきたいのが意外と浄化槽の撤去費用が高いです。
浄化槽の撤去費用
1か所あたり50万円~70万円程度
もし、その空家に下水道が無くて浄化槽ならその分を上乗せしておいてください。

解体費用を安く抑えるためには

この解体費用なのですが、時期や需要の状況により変動することもある事を知っておいてください。

解体前に荷物など実家の片付けは必須

リサイクル法施行後は、解体と片付けは別物になってしまったことを知っておいてください。

解体業者は解体のプロであっても片付けのプロではありません。
ですから、解体前に片付けをしなければなりません。

台風・地震・津波・大雨など天災が起こった時期は高くなる

私たちみたいな不動産を扱う会社にも
「ぜひ、解体する方を紹介してください」
と解体業者から営業がよく来ます。
ところが、地震・台風・大雨・津波など天災が起こると解体業者の対応は180度一変します。
需要と供給のバランスが一気に壊れてしまうのです。
空き家の解体の見積もりを依頼しても
現場を見にも来ない?
出てきた解体見積書の金額に目が飛び出る!
ということも多いのです。
ただ、数か月も経てば状況は元に戻ります。
空き家の危険度にもよりますが、あえて解体時期をずらすことも考えましょう。

解体しやすい季節や時期

夏場(台風シーズンや梅雨時期)
冬場(降雪など)
現場の解体工事の効率が落ちる時期もあります。
思わぬ解体工事の遅れが発生したり
猛暑・厳冬の中の解体工事は作業効率が落ちてしまいます。
できれば、穏やかな季節がベターかもしれません。

解体業者の解体現場の距離

廃棄物を運ぶトラック
解体工事に持ち込む重機
それらの移動も見積金額の大きなウエイトを占めます。
そのため、現場から近い地元の解体業者のほうが安い見積もりを出してくることもあります。
できれば複数の解体業者から見積もりを取るのも得策かもしれません。

忙しい解体業者か?ヒマな解体業者か?

このあたりは少し微妙なところもありますが
忙しくて手が回らないような解体業者は強気の解体工事見積を出してきます。
反対に大きな解体工事がキャンセルになったりして、手が空いた解体業者は低めの見積もりを出してくることもあります。
急がない解体工事であれば、そのあたりの事情も説明すれば安くできる可能性もあります。

あまりにも安価な解体費用見積もりを出してくる解体業者には要注意


確かに1円でも安く解体費用を抑えたいのが正直なお気持ちでしょうが
あまりに安い解体費用を提示してくる解体業者には少し注意が必要です。
何社か複数の解体業者の見積もりを比較して、とんでもない安い見積もりを出してくる解体業者には気を付けなければいけません。

きちんと残材や廃材を処理してくれないこともある。

これは不動産屋である私も経験したことがるのですが、
なんとその解体業者は取り壊した残材を現地に埋めて隠していたのです。
後から出るわ出るわ!コンクリートの塊やいろいろな残材が・・・・!

その土地を購入していただいたお客様が家を建てるために、
土地を掘ったらそんなゴミがわんさか出てきたのです。

これは大きな問題となりました。
「うちはこんなゴミまで買ってません!」(怒)
と新しい所有者である買主はカンカンです!
「あわや裁判?」
そんなところにまで発展しかねませんでした。

今はなにを捨てるにも大きなお金がかかります。
それを節約するためにそんなことを平気でする解体業者もいます。
悪徳解体業者には「その残材!うちが埋めたっていう証拠がありますか?」
なんて開き直る解体業者もいます。
確かにゴミ同然のスクラップやコンクリートの塊に名前なんか書いていませんよね?

でもそこには築数十年の古?い建物が建っていました。
そんな古い建物が建っている土地に建築前からそんな残材が埋められていたなんて考えられないのですが、それを証明するなんて不可能ですよね。

しかも、実家売却のための解体工事ならそんなことは新しい買主には関係ありません。
問題は
買主 VS 建物の解体業者
ではなく
買主 VS 売主
なんです。
結局、売主に再度掘削してもらってその残材を撤去してもらいました。
解体費用を安く抑えるためにしたことが、かえって高くついてしまいました。

実はぼったくり悪徳解体業者はたくさんいます

悪徳解体業者

悪徳解体業者はうまくあなたの弱みに付け込んできます。
これは高齢者をターゲットにした悪徳リフォーム業者と同じ手口です。
なにも知らない高齢者はコロッと騙されてしまうんですね。

大きな台風や地震の後は要注意|悪徳解体業者が狙う最高のチャンス

大きな台風の後や地震の後は悪徳解体業者に特に気を付けてくださいね。
確かに超緊急事態なら多少のぼったくり価格も仕方ないこともあります。
でも、まだ少しでも時間に余裕があるのなら慎重に決断してください。

災害直後はさすがに職人さん確保も難しく、解体の見積もりすらとれないことも多いですがものの数か月もすれば落ち着いてきます。
慌てて依頼した空き家の解体工事が相場の数倍もすることがわかっても後の祭りです。

出された空き家の解体取り壊し費用の見積もりが妥当かどうかは相場から判断

地域や接道状況によって多少の変動幅はありますが、それでも大体の解体相場というももがあります。
その相場観があれば出された解体見積もり費用の見積もりが妥当かどうかも判断できます。

できれば複数の解体業者の見積もりを取り寄せたほうがよいかもしれません。

空き家の解体工事は「どこに依頼すればいいのかわからない」「適正な価格帯がわからない」など不安がいっぱいですがいつかはやらなければいけない時期が来ます。とりあえず見積金額だけでも把握しておくことをお勧めします。

■解体無料見積もりガイド
解体工事を600社以上から安く無料で3社見積り比較
・【全国対応】
・お問い合わせ業界No.1
・年間4,800件
・サイト利用者3万人突破!!


■解体工事のナコウド|解体工事優良業者紹介サービス
・【全国対応】
・なるべく費用を安く済ませたい方へ
・評判の良い、安心できる業者に工事の依頼をしたい方へ
・解体工事の費用や相場について知りたい方へ
・相談は無料、見積もり取得後も無償でサポート。

笑顔の江本

相続専門不動産会社である私たちでは
実家の片付け不要、解体不要の今のままの現状有姿でのご売却の相談も可能ですのでお気軽にご相談してみてくださいね。

空き家の解体費用がないからこそ自治代の補助金・助成金を利用する

空き家の解体費用は結構な金額になりますからなかなか決断できないものえす。
そこで少しでも費用を安く抑えれないか?と全国の空き家解体補助金・助成金を調べてみました。
するとかなりの自治体でさまざまな空き家の解体に使えそうな補助金・助成金がありました。

空家解体助成金

空家解体助成金

最近は空き家が社会問題化しています。
このため多くの自治体が空き家問題に台頭するためにさまざまな補助金・助成金制度を用意しているところもたくさんあります。残念ながら都道府県単位ではなく市町村単位で空き家解体費用の補助金・助成金が設置されているので調べるのも大変です。
空き家解体に関するものから空き家解体工事に付随するもの
さらにその金額も数万円程度から100万円単位のものまで様々です。
少しでも解体費用を安く抑えたいのならこのあたりの補助金・助成金はかなり助かります。
ただこのあたりは解体業者もよく知らないこともありますのでご自身で調べておく必要もあります。
解体を考えている空き家の地方自治体の補助金・助成金は必ず確認しておきましょう。

ただ、募集件数や募集条件も制限されていますので、今回解体工事を考えている空き家が該当するかどうか?も調べる必要もあります。
すでに受付を終了している場合もありますが次回の申請受付時期の確認など常に最新状況は把握しておきましょう。
ただ、一番の方法は直接役所に出向いて相談してみることをお勧めします。
空き家解体の補助金・助成金はさまざまな形があります。
また、今は整備中で後日に実施されることも多いからです。

各自治体も空き家解体に関し補助金・助成金の制度もあります。
すでに受付終了の場合もありますが常にチェックしておいてください。
なお解体施工前に申請手続きが必要なのでご注意ください。

北海道地方の空き家解体などに関する補助金・助成金

北海道の空き家解体などに関する補助助成金

東北地方(青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県)の空き家解体に関する補助金・助成金

宮城県の空き家解体などに関する補助助成金

関東地方(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)の空き家解体に関する補助金・助成金

埼玉県の空き家解体などに関する補助助成金
千葉県の空き家解体などに関する補助助成金
東京都の空き家解体などに関する補助助成金
神奈川県の空き家解体などに関する補助助成金

中部地方(新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県)の空き家解体に関する補助金・助成金

長野県の空き家解体などに関する補助助成金
岐阜県の空き家解体などに関する補助助成金
静岡県の空き家解体などに関する補助助成金
愛知県の空き家解体などに関する補助助成金

近畿地方(三重県、滋賀県、奈良県、和歌山県、京都府、大阪府、兵庫県)の空き家解体に関する補助金・助成金

大阪府の空き家解体などに関する補助助成金
兵庫県の空き家解体などに関する補助助成金

中国地方(岡山県、広島県、鳥取県、島根県、山口県)の空き家解体に関する補助金・助成金

福岡県の空き家解体などに関する補助助成金
熊本県の空き家解体などに関する補助助成金

解体費用がない時に使える!空き家解体ローン取り扱い金融機関

解体ローン
空き家の解体ローンを取り扱う金融機関は地銀・信用金庫・信用組合が多いです。
これらの金融機関には融資できる営業エリアに制限もあります。
物件のある地域の金融機関を探してみてください。

北海道地方の空き家解体ローン商品取り扱い金融機関
関東地方の空き家解体ローン商品取り扱い金融機関
中部地方の空き家解体ローン商品取り扱い金融機関
東海地方の空き家解体ローン商品取り扱い金融機関
中国地方の空き家解体ローン商品取り扱い金融機関

解体ローンを申し込むには空き家の解体費用の見積もりが必要です。
とりあえず見積だけでもとられておいてはいかがでしょうか?

空き家の解体工事は「どこに依頼すればいいのかわからない」「適正な価格帯がわからない」など不安がいっぱいですがいつかはやらなければいけない時期が来ます。とりあえず見積金額だけでも把握しておくことをお勧めします。

■解体無料見積もりガイド
解体工事を600社以上から安く無料で3社見積り比較
・【全国対応】
・お問い合わせ業界No.1
・年間4,800件
・サイト利用者3万人突破!!


■解体工事のナコウド|解体工事優良業者紹介サービス
・【全国対応】
・なるべく費用を安く済ませたい方へ
・評判の良い、安心できる業者に工事の依頼をしたい方へ
・解体工事の費用や相場について知りたい方へ
・相談は無料、見積もり取得後も無償でサポート。

解体して建物が無くなると固定資産税が大幅にアップします

固定資産税

ご近所に大迷惑を与えてしまうかもしれない倒壊寸前の空家が放置され続けている原因に
固定資産税大幅アップの問題があります。
いくら古くても建物さえ建っていれば、住宅用地として固定資産税などは軽減措置を受けることができるからです。

固定資産税などの税額を計算する基となる課税標準額が200㎡までは1/3~1/6に軽減されます。
そのために誰も住まなくなった空家でも放置されているんですね。
でも、現実にはそのおかげでご近所の人が大迷惑をこうむっているんです。

ですから空き家の解体工事を考えるのと同時に、次の利用方法や対策を考えなければいけません。
空き家解体工と同時に売却処分する。
コインパーキングなど収益を確保する(固定資産税の分だけでも)

空き家解体後の更地をコインパーキング用地として貸し出すことも?

その固定資産税アップの対策として、
コインパーキングとして貸し出す
こともエリアによっては可能です。

不動産屋の私が主戦場としている大阪では、普通の住宅街でもコインパーキングがたくさん出来てきています。
コインパーキングは、今はもう普通の立地条件でも成立することが可能なんですね。(驚)

私も今は通勤用の車は今まで月極めの駐車場を利用していました。
しかし、計算するとコインパーキングの夜間料金を利用したほうが得なんで、月極め駐車場を解約して毎晩コインパーキングを利用しています。
狭いコインパーキングなんで少し駐車しにくいのですが、毎月の出費を安く抑えることができるのですから仕方ありません。

意外と狭い土地でもコインパーキングが可能なこともあります。
こんな風にうまくコインパーキング用地として利用することができれば、
なんとか固定資産税アップ分も賄うことができるかもしれません。

空家の解体を考えている方であれば、一度コインパーキング業者に問い合わせてみてはいかがでしょうか?
もちろん私もたくさんのコインパーキング業者も取引があるのでよかったら相談してみてくださいね。

空き家の解体をせずに売却のご相談もたくさん受けています

空き家の解体の大変さを知るにつけ。空き家の解体工事を中書される方も少なくありません。
相続専門不動産会社の私たちは片付けも解体もせずそのままの状態での売却の相談もお受けしています。

解体取り壊し費用をケチってご近所に迷惑をかけてしまうかもしれない恐怖のオンボロな空家の放置

空家って不用心です。
ちょっと目を離した隙に、誰かが勝手にゴミを捨てていったりもします。(不法投棄)
誰も住んでいないことを利用して不審者の侵入もあります。
空家への放火事件も後を絶ちません。
もし、そこで犯罪があったなら・・・?
もし、そこに放火でもされて火事になってしまったら・・・?
ご近所さんに大迷惑をかけてしまいます。

でもご近所さんはそれに文句を言えないという矛盾もあります。(怖)(失火法)
だからといってそのまま空き家を放置しておくのも人として良心を疑います。

失火法

もし、その空き家が火事になって周囲の家まで焼いてしまっても
重過失が無い限り、損害賠償を免れるという法律。
これって近所の人からすれば恐怖しかありません。
そんなご近所に多大な恐怖を与えている空家を解体するのにはいくらかかるのでしょうか?

空き家を解体取り壊しせずに相続放棄しても管理者責任は免れない

民法に次の規定があります。

【民法940条】
相続の放棄をした者は、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産の管理を継続しなければならない。

つまり、たとえ相続放棄をしても、次の相続人がきちんと決まるまでは
たとえ相続放棄したとしても当初の相続人であった者が責任を持ってキチンと管理をしていかないといけない!ということです。
相続放棄をしたのならその次の相続人が決まるまで
その次の人が相続放棄したのならばその次の相続人が決まるまで
つまり最後に相続放棄した人が次の相続人が決まるまでは管理者としての責任があるということなんですね。

ただ空き家の建物を解体する前に大仕事があります。
それは実家の片付けです。
これが意外と大きな問題になります。




参考:大阪で相続した実家が空き家なら【1年間無料】で管理します!
参考:空き家相続の問題点を相続専門不動産屋がズバリまとめてみた

空き家の解体工事は「どこに依頼すればいいのかわからない」「適正な価格帯がわからない」など不安がいっぱいですがいつかはやらなければいけない時期が来ます。とりあえず見積金額だけでも把握しておくことをお勧めします。

■解体無料見積もりガイド
解体工事を600社以上から安く無料で3社見積り比較
・【全国対応】
・お問い合わせ業界No.1
・年間4,800件
・サイト利用者3万人突破!!


■解体工事のナコウド|解体工事優良業者紹介サービス
・【全国対応】
・なるべく費用を安く済ませたい方へ
・評判の良い、安心できる業者に工事の依頼をしたい方へ
・解体工事の費用や相場について知りたい方へ
・相談は無料、見積もり取得後も無償でサポート。