離婚した子供に沿ず臆される遺産

離婚した前妻との子供に遺産相続させない方法を教えてください

前妻

私たち夫婦はお互い再婚同士です。
私(妻)は45歳で専業主婦です。
夫は52歳でサラリーマンです。
私(妻)にも別れた前夫との間に子供が1人
夫にも別れた前妻との間に子供が2人います。
両方とも子供は前夫・前妻が引き取っています。
そして私たち夫婦の間にも子供が2人います。
前妻との子に遺産が渡らないようにするには、
遺言状があれば大丈夫と相続に詳しい聞きました。
そんな遺産と呼べるほどの多額の財産はありませんが、
ある程度の預貯金と数年前に購入したマイホームがあります。
主人が会社の定期健診で小さなガンが見つかりました。
それほど大きなものではなく、手術も比較的簡単でした。
しかし、私には少し不安が芽生えました。
もし突然主人が亡くなれば、家と預貯金のどちらも遺産となり、
名義変更や(口座凍結後の)預金の引き出し(口座の解約?)には
前妻との子の同意が必要と教えていただきました。

前妻との子供とは一切交流は無く
(少なくとも私は会ったことがありません。主人はどうかは知りません)
私はどこに住んでいるのか?連絡先も知りません。(知りたくもありません)
そのため、前妻の子供に相続手続き(預金解約・家の名義変更)のために
ハンコをもらう必要の無いようにするには公正証書遺言がいいとききました。

そこで少し教えていただけますか?
Q1:遺言状で相続人を指定(前妻の子供を排除)しておけば、
   家の名義変更や銀行口座解約の際、前妻の子の同意は一切いらなく
   勝手に進められるのでしょうか?
   また前妻の子には全く相続権がなくなるのでしょうか?
Q2:遺産相続で前妻の子供に相続権がある(同意・印鑑証明が必要な)ものは
   何かありますか?
Q3:生命保険は受取人は私だけなのですが、これにも前妻の子供に
   なにか印鑑や同意書などの手続きは必要ですか?
Q4:私自身名義の銀行預貯金があります。
   私にも前夫との子供がいますから私自身も同じように
   公正証書遺言を作っていた方がいいですか?

たくさんの質問ばかりでもうしわけありませんが教えてください。
よろしくお願いいたします。

遺言書

離婚した子供に相続させない遺言書を書いても最低限保証された遺留分というものがある

「前妻の子供には1円も遺産相続させない!」と遺言書を書いても
残念ながら今の法律では最低限遺産相続できる権利(遺留分)と言うものが保証されています。
この場合、法定相続割合の半分です。
ただ、この遺留分を請求するかどうか?は相続人の自由です。

子供が相続人である場合の遺留分は法定相続分の半分になります。
遺言書で子供の誰かには『1円も遺産相続させない』と書いていても、
1円も相続させないと遺言書で書かれた子供でもこの遺留分に相当する分の遺産は相続できる権利があるのです。
ですから法律的には完璧である公正証書遺言を書いておいたとしても、
もしその前妻の子供が遺留分の請求をすれば、他の相続人は、この遺留分を遺産の一部から渡さなければいけないのです。

ただし、この遺留分を請求するかどうかは本人の自由です。
ただ、この遺留分減殺請求権を行使されるかもしれない?しないかもしれない?
そんな宙ぶらりんの状態はいつまでも続きません。
この遺留分を請求できる期間は、
自分の遺留分が侵害されていることを知ってから1年間
または相続が開始してから10年間です。

ですから、夫が亡くなったことを伝えて(お葬式には出てくれるのでは?)から1年間
または連絡しなくても亡くなってから10年間経てば前妻の子供は遺留分減殺請求はできません。

死亡生命保険金は、税法上は相続税法上は相続財産となりますが、民法上は相続財産ではありません。
相続財産ではないのですから、遺産分割の対象などにはなりません。
ただし、保険金も相続財産に著しく差があり(1円も相続させない)
相手方が家庭裁判所に遺産分割の調停を申し立てた場合は
相続財産の分割に考慮されるばあいがあります。
例えば、相続財産が1000万円しかないのに死亡生命保険が1億円もあり著しく差がある場合には
相続財産を法定相続通りに分けると、かえって不公平になると家庭裁判所に判断されて
相続割合を変えるように指示されることもあります。
(保険金は分配する必要はありません。)

回答1:公正証書遺言にするのは賢明です。

なぜなら、公正証書遺言を作成し遺言執行人まで指定しておけば
公正証書遺言だけで粛々と手続きはできます。
自筆証書遺言であればその遺言書が有効であるとするために家庭裁判所で検認を受ける必要があります。
検認は基本相続人全員に通知が届き自筆遺言書を開封する場に出席要請されます。
たとえ遺言書で相続人を指定しても、指令されなかった相続人の相続権はなくなりませんしもちろん遺留分も保証されています。

回答2:遺言に書かれていない財産が後で発見された場合には、
その相続財産を分割するために相続人全員の同意が必要。

その場合は前夫との子供も含めた相続員全員の戸籍謄本や印鑑証明、および遺産分割協議書に自署の署名が必要です。

回答3:生命保険の手続きについては妻だけでできると思います。

もちろん生命保険の受取人を現妻にしておかなければいけません。

回答4:夫婦互いに公正証書遺言書を作っておくことは賛成です。

夫に公正証書遺言書を書いてもらうことを促すために、妻自身も公正証書遺言を書くという提案は良いと思います。
ただ、公正証書遺言書ならば公証人がアドバイスしてくれると思いますが
夫は夫の遺言書、妻は妻だけの遺言書を作らないといけません。
夫婦で1通の遺言書は無効です。
ですから、公正証書遺言あれば
前妻の子供を探して亡くなった旨の連絡しなくてもとりあえずは相続手続きはできます。
ただし遺留分減殺請求権の時効までに請求されたら払う心づもりという考え方もできますね。
※あまりお勧めはしませんが・・・

とにかく公正証書を作っておけば、
小さい頃に離婚で別れてしまった子供が父親のことさえ覚えてない前妻の子に
突然『あなたのお父さんが亡くなったからこの書類にサインして』
なんて言うのは残された奥様にとっては辛いことです。
前妻には伝えても、わざわざ子供本人に知らせずに済む方法として良い方法です。
なぜなら、父親は再婚相手の夫とずっと信じてきている子供もいるからなのです。
もちろん子供の年齢にもよりますけどね。
※思春期の子供って多感なものですからね

笑顔の江本

そこまでしっかりと考えれている奥様ですから、きっと相続トラブルは避けることができると思います。
頑張ってくださいね!

とここまで教科書的な回答になります。
ではより実践的な方法もお話していきます。

相続税がかからない範囲の相続で離婚した子供に相続させたくない場合

離婚した前妻の子供たちとの交流は今でも続いていますか?
多くの離婚された夫婦はその後の交流が途絶えていることも少なくありません。
ひょっとしたら前妻とのこともたちが
「結婚しているのか?」
「子供(あなたにとっては孫)はいるのか?」
それどころか「住所や連絡先すら知らない?」
ということもあるでしょう。
もちろんあなた自身のこれからの老後や介護を離婚した前妻の子供たちが献身的にしてくれるとは思えません。
やはり、現在の妻や現妻との子供(あるいは連れ子)のほうが介護など親の面倒をみてくれていると思います。
そんな状況で「交流の途絶えている前妻との子供」と「今も一緒に暮らしている現妻やその子供たち」とでは思い入れが違っても仕方ありません。
ところが法律上ではどの子供も同じ相続権利なんです。

相続税がドカンとかかるほどの遺産があるのならばよほど慎重にことを運ばなければいけません。
相続人以外に税務署が関係してくるのですからね。
しかし、相続税がかからない程度の遺産(ほとんどの方がそうだと思います)であれば相続税と無関係で、あとは「相続人同士でいかに遺産をどう分けるか?」だけが問題となります。
つまり相続税の基礎控除内(3000万円×「法定相続人数×600万円」)の相続の場合です。
相続税がかかるような財産ならある程度はあきらめましょう。
相続税申告は相続人全員が協力して行わなわなければいけません。
そこではやはり相続人全員に遺産の開示もしないと相続税の申告もできません。
まあ、公正証書遺言があって「全財産を後妻とその子供たち相続させる」と書いておけば可能ですがそれでも遺留分という問題が出てきます。
※遺留分・・・最低限保証された相続できる権利

あまり公にずばずば言えることでもないのでヒントだけです。

ヒント1.できるだけ相続手続きがいらないようにする。

相続手続きの必要書類にはすべての相続人の実印や印鑑証明書および自署が必要になります。
ですから相続手続きがないようにすると離婚した子供にはわかりにくくなります。
自筆遺言は家庭裁判所の検認が必要になります。検認は全相続人に通知がいきます。
この意味わかりますか?

ヒント2.たとえ子供でも親の遺産内容を調べるのはかなり大変

実は私も「離婚した前妻との子供に相続させたくない」というご相談の方の不動産を売却してお金に換えておくお手伝いをよくさせていただいています。
なぜなら不動産は隠しようがない遺産の典型例です。
相続登記で名義を換えるにも前妻との子供の印鑑が必要です。
※遺言書がない場合
ただ。お金お場合には・・・・

私は「離婚した子供には相続させたくない」というご相談を受けたときに「では今のお家は売却しておきましょう」と答えるとみなさん怪訝(けげん)な顔をされます。
それは今の家など不動産を売却して換金化しておくことである意味 離婚した子供には相続をさせない一番の方法かもしれません。
不動産は隠しようがありません。現金はあなたの死後 銀行名さらに支店名までわからないとたとえ子供であっても調べることはできません、
もちろん税務署ならば調べることができますが・・・
なにも遺産隠しをお勧めしているわけではありませんがこの意味 おわかりになりますよね?

今の子供たちからすればいくら離婚したとはいえ自分の親の介護もせずに相続では同じで!とは少し虫が良すぎと感じても仕方ありません。

参考:円満な実家売却は相続専門不動産会社のやり方を参考にすればよい

夫の死を前妻の子供に伝えるべきか否か?お葬式には呼ぶべきか?

もはや交流も一切ない?連絡先や住所すら知らない?
そんな状態の前妻の子供たちに
夫の死を伝えるべきか?
お葬式に呼ぶか?
意外と難しい問題です。

ただ遺留分減殺請求するには期間が限定されています。
自分の遺留分が侵害されたことを知った時から1年間
相続開始後10年
で遺留分は請求できなくなります。

そのことを考慮して前妻の子供たちに夫の死を伝えるか?お葬式に呼ぶか?を考えてもいいかもしれませんね。

笑顔の江本

この他にもお伝えしたいこともあるのですがここでは控えます。
まるで遺産隠しを正々堂々と進めているようになりますから・・・・

詳しくはこちらも参考にしてみて下さい。
離婚や再婚・子供がいない夫婦・事実婚(内縁関係)の方の相続はもめやすいから気をつけて