実家片付けブログ
実家の片付け
それは親が亡くなって残された子供たちにとっては辛く大変な作業です。
ひとつひとつに残っている親との思い出の品々
それを処分することはまるで親がこの世に存在したことをまるで否定すっような罪悪感に襲われます
実家の片付けに協力してくれない兄弟姉妹
実家の片付けは子供の誰かひとりだけでできるものではありません。
他の兄弟姉妹たちの協力は必須です。
しかし、遠く離れて暮らす兄弟姉妹たちにとってはなかなか実家に出向くのも大変です。
まして一日二日でさっさと終わらせることなんてできないのです。
遅々そして進まない実家の片付けにきっと音を上げることでしょう。

そんな実家の片付寝に心が折れそうなあなたに読んで欲しい実家の片付けブログの記事をまとめてみました。これを読んでさあもう一度実家の片付けにチャレンジする勇気を持ちましょう!
実家の片付けに苦しんでいるのはあなただけじゃないのですから!

/p>

10秒でわかるこの記事の内容と目次

実家の片付けブログ①
実家の片付けはこんなに大変!途中で挫折しないビフォーアフター動画付

この実家の片付けブログでアクセスの一番多い記事です。
これを読めばきっともう一度「実家を片付けてみよう!」という勇気が出てくると思います。

“]

実家の片付けブログ②
亡くなった親の写真の処分方法 | 写真供養のお焚き上げ神社

亡くなった親の写真の処分
これって結構頭の痛い荷物ですよね。
ごみ処分するのにも抵抗がありますし、燃やすにも燃やせません。
そんな亡くなった親の写真をどう処分するか?
ということを書きました。

実家の片付けブログ③
実家が汚いから片付け・掃除しようとすると怒る親に困っています

親が生きているうちに実家の片付けを済ませておくことはすごく賢明な選択です。
親が将来子供に迷惑をかけないようにする【生前整理】というものがよく雑誌やニュース番組でも取り上げられています。
しかし、現実は?というと実家の片付けに抵抗する親が少なくないのです。

「実家を片付けようとすると怒りだす親」
それはあなたの親だけではないのです。

実家の片付けブログ④
遺品の形見分けマナー|いつ?誰に?どんな風に?時計・服・指輪

親が亡くなった後の形見分けをどうしますか?
親の形見分けにもマナーもあります。
また形見としての
・時計
・服
。指輪
などなにを?どんな風に?形見分けすればいいのか?
みなさんなやまれるところです。

実家の片付けブログ⑤
空き家の実家の仏壇・位牌をどうする?処分の仕方と費用の目安

実家の片付けで頭が痛いのが
・仏壇
・位牌
などですよね。
実家の大きな仏壇や位牌
ただでさえ狭い子供たちの住まいにはもはや置くスペースなどはありません。

「お兄ちゃんが長男なんだからこの仏壇と位牌はちゃんと引き継いでよね!」
と言われても長男はすごく困ってしまいます。

実家の片付けブログ⑥
親から形見でもらった物を捨てる!売る!は親不孝なことですか?

意外なものが売れる?
今はメルカリなんかでガラクタの中古品でも簡単に売ってお金に換えることができる時代です。
しかし、いくらお金になるからといって親の形見まで売ることには少々抵抗があるかもしれません。
でも物は考えよいうです。
子供が貰っても邪魔になるだけのもの?
もしも売ってお金に換えてそれで兄弟姉妹や孫たちなどで亡き親を偲ぶ食事会の費用の足しにでもなればきっと天国のお父さんやお母さんも喜んでいると思うのですがいかがえすか?

実家の片付けブログ⑦
親の遺品整理はいつ誰がやる?捨てるに捨てられない親の荷物の処分

実家の片付けは捨てることから始まります。
どうしても捨てられない?
そんな気持ちになる子供さんならいつまでたっても実家の片付けは終わりません。
いつも私がお伝えしているのは
「それ、形見じゃなくてゴミです
 少なくともあなたのこどもにとっては」
と捨てる決断の後押しをしています。

実家の片付けブログ⑧
相続した実家の解体費用を安くしたいなら片付けは遺族でやるべき」

考えるだけで郵つになるのが実家の片付けです。
その動機付けの意味でもこんな記事を書きました。
「実家の建物解体工事は実家の片付けを済ませておかないと割高になります」
ということを「知っておいて欲しのです。

実家の片付けブログ⑨
【実録】気がつくと実家(親の家)は悲惨なゴミ屋敷状態だった

私も仕事柄たくさんの高齢者さんのお家を観てきました。
そこはもう「ゴミ屋敷?」ともいえるお家がたくさんありました。
「実家がゴミ屋敷でご近所さんにも恥ずかしい?」
そんな気持ちになる子供さんも多いですが、いまは「実家がゴミ屋敷化している」ことは珍しくありません。

実家の片付けブログ⑩
親の家の片付けで衣類洋服は二束三文?買取り業者へ期待してはいけない!

今は買取業者さんもたくさんあってなんでもお金に換えることができる時代です。
しかしながらみなさん大きな期待をされてしまっています。
私も仕事柄買取業者さんをご紹介することもありますが、えてしてその買取金額に驚かれる方も少なくありません。
でも買取業者さんも商売なんです。
需要がないものには値段があまりつきません。
特に昔購入した高価な着物は思ったほど値段がつかないものです。
でも、ゴミとして処分するよりははるかにマシ?
そんな割り切りも必要ですよ。

実家の片付けブログ⑪
布団は粗大ゴミ第1位|意外と困る遺品整理での布団の処分方法

今はなかなか物を捨てることが難し時代になりました。
実家の片付けで処分に困るもの第1位は「布団」というアンケート結果もあります。
実家を片付けていると「親が使っていた布団」だけでなくおそらくこの数十年間で使ったことなんて1回か2回しかないような「来客用の布団:が何組も出てきて困っているのではありませんか?

実家の片付けブログ⑫
亡くなった親の遺品整理の基本は「保存」「処分」「寄付」の3つに分類する

とにかくなにから手をつけたらいのかわからない?
のが実家の片付けです。
亡くなった親の家の遺品整理は「保存するもの」「処分するもの」「寄付するもの」にまず分類することからはじめるとよいでしょう。

実家のかt付けブログ⑬
実家の片付けは親をその気にさせてからにしない二度としなくなる

親がまだ生きている間の行う実家の片付け
これはもう親の抵抗は覚悟しなければいけません。
下手に強行すれば親子喧嘩にもなってしまいます。
うまく親をその気にさせてから実家の片付けは行いましょう。


■関東(東京・埼玉・千葉)の方に
 イチオシ遺品整理業者のご紹介

ゴミ屋敷の実家の片付けで遺品整理業者の選び方にも違いがあります。今回ご紹介する「不用品片付けセンターAチーム」さんに適しているお客様は「遺品の仕分けよりとにかく大量の不用品の回収を!」という方に向いているかもしれません。今ならWEBからの申し込みで作業費20%割引のキャンペーン中です。「不用品回収Aチーム」さんは相見積もり大歓迎を宣言されています。もちろん見積もりは無料ですからお気軽に相談だけでもされてはいかがですか?