臨終(看取り)|親が息を引き取る瞬間はごくわずかでしかない

親の死に目

危篤の知らせを受けて病院に駆けつけると・・・・

すでに意識はないかもしれません。

ご家族が息を引き取る瞬間は、
一切気を遣わず、看取りに集中しましょう。

最期の別れをするための時間の共有は
もう限られているのです。

これから旅立つお父さんお母さんに、
ただ寄り添っていてあげる

それで十分な看取りといえるのではないでしょうか?

この世から旅立つ親の横に一緒にいてあげることが
なによりの看取りだと
私は考えています。



悲しい現実ですが、お父さんお母さんの身体が暖かいのはごくわずかな時間だけ

相続対策専門士江本圭伸私の母の場合もそうでしたが、
自分自身 母との別れという現実をすぐには受け止められませんでした。

「今夜はご家族の誰か病院にいてもらえませんか?」
そんな看護師さんからの申し出に
「もぉ-いつもとそんなに変わらないにぃー?」
とそんな風に考えていました。
そして朝方、容態が急変しました。
「すぐにご家族を!」と看護師さんに言われ
病院に泊まった私は(一睡もできませんした)
医師から死亡の宣告を受けても
「違う違う!寝てるだけやん!」
とこじつけの理屈を自分に言っていました。

私はすぐにあわてて兄姉に連絡したのですが、
母は安らかな顔をしていました。
恥ずかしながら、ただあたふたと狼狽し動揺していました。

兄が来た瞬間に、母はカッと目を一瞬だけ開けました。(不思議です・・・・)
それだけが救いです。

私は、駆けつけた兄姉との別れをしているのを横で呆然と見ているだけでした。

「お母ちゃん!お母ちゃん!」と
何度も何度も話しかけて、手を握りました。
本当にまだ眠っているだけのようでした。



しかし、臨終を迎えた人の身体は1時間ごとに1度ずつ下がっていくそうです。

自宅や安置施設に運ばれた後では、遺体は冷たくなってしまい
生きていた時の暖かさは感じられなくなります。

ですので、別れの瞬間は貴重な時間です。
しっかりと故人とのお別れを惜しみましょう。
暖かい身体の間に
眠っているような状態で話かけられる時間は限られているのです。




人間の死というものをどう伝えるのか?

臨終の場に子供を立ち会わせるべきか否か?
については賛否両論です。

あなたはどうこのテーマについて考えますか?



子供 別れ

年端もいかない子供を臨終の場に立ち会わせることの是非

少し難しいテーマですね。

幼い子供は、大人が泣いているのを観て、つられて泣いているだけかもしれません。

しかし、
人間にはいつか死が訪れる
という現実をしっかり認識できる貴重な機会かもわかりません。




「遠く離れていて臨終の場に立ち会えなかった・・・」
「親の死に目に立ち会えなかった・・・」
という罪悪感に苦しまないで

病院などから遠く離れていた場所にいて、死に目に会えなかった。

急に容体が急変して臨終の場に立ち会えなかった。

もし、そんなことになってしまったとしても自分を責めないでください。

また、家族の誰かが臨終の場に立ち会えなかったとしても
「どうして急いで来なかったの!」
と責めるべきではないと思います。

看取りとは、
ただ臨終の場に立ち会うこと
ではないと思うのです。

医師から余命宣告を受けた段階から
看取りは始まっているとも思います。

ですから、
「その時」が訪れるまで
看病やお見舞い、思い出旅行など
故人との過ごした時間の共有の全てが看取りではないでしょうか?

息を引き取った後においても
ご遺体を対峙して静かに時間を過ごすことでも
十分 看取りに参加されていると思います。


臨終の瞬間は一瞬だから、それよりも大切なこと

「臨終の場に立ち会えなかった・・・」
「親の死に目に間に合わなかった・・・」

それをすごく後悔されている方も多いのです。

また、
「あんな親不孝者はいない!」
「仕事と親とどっちが大切なんだ!」

と、臨終に立ち会えなかった家族を他の家族がずっと責め続けていることもあります。

しかし、
それはきっとやむを得ない理由があるからなのです。
人にはそれぞれ事情があります。
親の死に目に会いたくない子供などいません。

だから、そのことを責めないでください。

そんな後悔をしないために、ご両親や身内がご存命のうちにできるだけのことをしてあげる。

時間の許す限りお見舞いに行く
遠方ならばメッセージを送る、手紙を送る

ほんの少しでも寄り添う努力をしていれば、
それだけでも旅立っていってしまったお父さんお母さんは
そのことを十分 感謝されているのではないでしょうか?



後悔しない親の看取り

親の看取り


私も父と母を見送ってから数年になります。

「果たして、それが100点満点だったのか?

それは今もわかりません。

泣き虫の私はいつも、ふと思い出しては涙ぐんでしまいます。

まだ、あの病院にいるような気がして・・・
実家に帰れば「お帰り!」と声が聞こえるような気がして・・・

父も母も亡くなってから、もうだいぶ経つのに未だこんな錯覚があります。

どこで看取りをするのか?
どこまで延命治療をするのか?

それは私にどうのこうのアドバイスなどできません。

ただ、やっぱり最後は子供達 そしてご本人の考え方(死生観)によるものだと思います。

でも、やっぱり家族に看取られるのが理想だとは考えますが、
なかなかこれが現実的には難しいです。

一度、この動画をご覧になってみて
親の看取りを考えてみてはいただけないでしょうか?

私自身は大阪で生まれ、大阪で育ちました。

少々ワケありの両親でしたから、それほど親戚つきあいはありませんでした。
ですので、親戚のお葬式に出ることはあっても、そこに至る経緯などはわからず
ただ参列していただけのように思います。
正直、涙はあまりでませんでした。

しかし、いざ自分の身内に死が現実になった時には、
その現実をなかなか受け入れることはできませんでした。

そんなこと、テレビドラマの世界しか経験したことがなかったからかもわかりません。



夫や妻の看取り

夫・妻の看取り


長年 一緒に暮らしていれば愛だの?恋だの?という感覚はもはやないかもわかりません。

しかし、『親の看取り』以上に辛いのはこの配偶者(妻・夫)の看取りかもわかりませんね。

いずれ、私もその経験をさせるのか?経験するのか?はわかりませんが
その時にはどんなことをしてあげられるのでしょうか?
どんなことをして欲しいのでしょうか?

泣く江本

この動画を観るといつも涙がこぼれます。
母がもう危ないと言われてから数日間、仕事を抜け出しては何度も何度も病院に行きました。
意識のない母に
「おかあちゃん!僕やでぇ!伸ちゃんやでぇ!
 伸ちゃんが来たんやでぇ!」
(お願いやから返事してぇなぁ・・・)
と大きな声で母の手を握り語りかけたものです。
すると、意識の無いはずのおかあちゃんがニコッとかすかに微笑んだのは私の錯覚だったかもしれませんね。

僕が看取りをされて見送れるなら
「めちゃくちゃ悲しんで欲しい!」
「いっぱい泣いて欲しい!」

そして、しばらく時間が経ったなら
「私のバカでおっちょこちょいなことを思い出して笑ってほしいものです!」

あなたならどんな看取りをして欲しいですか?

あなたのご両親はどんな看取りをして欲しいと考えているのでしょうか?